【試乗】ジャガー Fタイプクーペ 海外試乗レポート/九島辰也(1/2)

  • 筆者: 九島 辰也
  • カメラマン:ジャガー・ランドローバー・ジャパン
【試乗】ジャガー Fタイプクーペ 海外試乗レポート/九島辰也
画像ギャラリーはこちら

Fタイプコンバーチブルの成功があってクーペが誕生した

「C—X16」。これがジャガー「Fタイプ」のコンセプトカーだった。最初に見たのは2011年のフランクフルトモーターショーだと思う。センセーショナルなスタイリングもそうだが、F1で使われる“KERS”のようなブースト機能があることでも話題となった。

そして生まれたのが昨秋の東京モーターショーでお披露目された「Fタイプクーペ」。まさにC−X16そのままのカタチで登場した。もちろん、その前にFタイプコンバーチブルがリリースされている。すでに一昨年から自動車メディアを賑わせていたモデルだ。

その人気は高く、ジャガーにとって重要な世界のマーケットで大きく販売に貢献した。そのため、昨年は「もっとも成長したプレミアムブランド」に選ばれた。前年対比42%増である。その意味ではFタイプコンバーチブルの成功があってクーペが誕生したとも言えなくない。

開発陣としては、かなりの自信作

それはともかく、ジャガーFタイプクーペを試乗する機会を得た。場所はスペインのバルセロナ郊外リィーダ。それとモーターランドという名前のサーキットだ。Fタイプコンバーチブルのときもサーキット走行が用意されていたが、今回のプログラムにもそれがあった。開発陣としては、かなりの自信作といったところだろうか。

ではその概要だが、ボディは当然コンバーチブル同様フルアルミ構造からなる。

2003年のX350「ジャガーXJ」から培ってきたノウハウの結晶だ。ただ、クーペはそこにさらに補強が加わった。フロントからリアにかけての左右二本の支柱を設けたり、リアにバルクヘッドを備え付けたりしている。結果、33000Nmのねじれ剛性を得た。

エンジンは3種類で、3リッターV6+スーパーチャージャーの340psを発揮するものと380ps版とがある。前者をFタイプクーペ、後者をFタイプSクーペと呼ぶ。

そしてその上に用意されたのがFタイプRクーペ。5リッターV8+スーパーチャージャーはなんと550psというシロモノ。FタイプコンバーチブルのV8が495psだということを考えると、その差は大きい。高まったボディ剛性を合わせ、走り出せば明らかに違いは見えることだろう。

ちなみに、550psという数字が気になってまわりを見回すと、ポルシェ911ターボが520ps、同ターボSが560psということがわかった。言わずもがなのベンチマーク的存在だ。ただ、値段はどちらも2000万円超え。そうなるとFタイプRクーペの1286万円はバーゲンプライスにも思えなくない。

では、前置きが長くなってしまったが早速試乗してみよう!

【次ページへ続く】

1 2 次へ

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
九島 辰也
筆者九島 辰也

外資系広告会社から転身、自動車雑誌業界へ。「Car EX」副編集長、「アメリカンSUV」編集長などを経験しフリーランスへ。その後メンズ誌「LEON」副編集長なども経験。現在はモータージャーナリスト活動を中心に、ファッション、旅、サーフィンといった分野のコラムなどを執筆。また、クリエイティブプロデューサーとしても様々な商品にも関わっている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 数寄の宿 野鶴亭

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

ジャガー Fタイプの最新自動車ニュース/記事

ジャガーのカタログ情報 ジャガー Fタイプのカタログ情報 ジャガーの中古車検索 ジャガー Fタイプの中古車検索 ジャガーの記事一覧 ジャガー Fタイプの記事一覧 ジャガーのニュース一覧 ジャガー Fタイプのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる