autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 【試乗】ジャガー Fタイプクーペ 海外試乗レポート/九島辰也

試乗レポート 2014/4/11 18:52

【試乗】ジャガー Fタイプクーペ 海外試乗レポート/九島辰也(1/2)

関連: ジャガー Fタイプ Text: 九島 辰也 Photo: ジャガー・ランドローバー・ジャパン
【試乗】ジャガー Fタイプクーペ 海外試乗レポート/九島辰也

Fタイプコンバーチブルの成功があってクーペが誕生した

「C—X16」。これがジャガー「Fタイプ」のコンセプトカーだった。最初に見たのは2011年のフランクフルトモーターショーだと思う。センセーショナルなスタイリングもそうだが、F1で使われる“KERS”のようなブースト機能があることでも話題となった。

そして生まれたのが昨秋の東京モーターショーでお披露目された「Fタイプクーペ」。まさにC−X16そのままのカタチで登場した。もちろん、その前にFタイプコンバーチブルがリリースされている。すでに一昨年から自動車メディアを賑わせていたモデルだ。

その人気は高く、ジャガーにとって重要な世界のマーケットで大きく販売に貢献した。そのため、昨年は「もっとも成長したプレミアムブランド」に選ばれた。前年対比42%増である。その意味ではFタイプコンバーチブルの成功があってクーペが誕生したとも言えなくない。

開発陣としては、かなりの自信作

それはともかく、ジャガーFタイプクーペを試乗する機会を得た。場所はスペインのバルセロナ郊外リィーダ。それとモーターランドという名前のサーキットだ。Fタイプコンバーチブルのときもサーキット走行が用意されていたが、今回のプログラムにもそれがあった。開発陣としては、かなりの自信作といったところだろうか。

ではその概要だが、ボディは当然コンバーチブル同様フルアルミ構造からなる。

2003年のX350「ジャガーXJ」から培ってきたノウハウの結晶だ。ただ、クーペはそこにさらに補強が加わった。フロントからリアにかけての左右二本の支柱を設けたり、リアにバルクヘッドを備え付けたりしている。結果、33000Nmのねじれ剛性を得た。

エンジンは3種類で、3リッターV6+スーパーチャージャーの340psを発揮するものと380ps版とがある。前者をFタイプクーペ、後者をFタイプSクーペと呼ぶ。

そしてその上に用意されたのがFタイプRクーペ。5リッターV8+スーパーチャージャーはなんと550psというシロモノ。FタイプコンバーチブルのV8が495psだということを考えると、その差は大きい。高まったボディ剛性を合わせ、走り出せば明らかに違いは見えることだろう。

ちなみに、550psという数字が気になってまわりを見回すと、ポルシェ911ターボが520ps、同ターボSが560psということがわかった。言わずもがなのベンチマーク的存在だ。ただ、値段はどちらも2000万円超え。そうなるとFタイプRクーペの1286万円はバーゲンプライスにも思えなくない。

では、前置きが長くなってしまったが早速試乗してみよう!

【次ページへ続く】

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

ジャガー Fタイプ の関連編集記事

ジャガー Fタイプの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ジャガー Fタイプ の関連編集記事をもっと見る

ジャガー Fタイプ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR