【予算300万円の最新コンパクトSUV選び】ホンダ 新型ヴェゼルと日産 キックスをガチ比較! シートアレンジの手軽さや燃費を考えるとヴェゼルが買いだった(1/2)

画像ギャラリーはこちら
今の世界的SUVブームの立役者であるホンダ ヴェゼルの新型モデルがデビューした。3月にスタートした先行予約ではすでに2万台近くの受注を獲得するなど、売れに売れている。今回はガチライバルとなる日産 キックスと徹底比較を敢行。車両価格はもちろんガソリン代などのランニングコスト、そして使い勝手と全方向で比べてみよう! 結論からいうとファミリー層は絶対に新型ヴェゼルがおすすめです!
目次[開く][閉じる]
  1. 電動車対決! ヴェゼルは2モーターハイブリッド、キックスは新感覚のe-POWER
  2. 人気グレードがどちらも300万円以内!
  3. USBポートの数と後席の広さはヴェゼル! オシャレな色使いはキックス
  4. 先進装備にわずかな違いアリ! ヴェゼルで気をつけたいのは作動条件
  5. ヴェゼルで選びたいのはコネクテッドナビ! キックスは防水機能付きラゲッジシート
  6. ヴェゼルの税金は免税! ガソリン代もわずかにヴェゼルの勝ち

電動車対決! ヴェゼルは2モーターハイブリッド、キックスは新感覚のe-POWER

予算300万円で、今から買って10年先も乗れる最新のコンパクトSUVが欲しい! デザインやインテリアに一目惚れするようなSUVに乗りたい! そう思っているパパ・ママはいませんか?

この記事では、2021年4月23日に発売されたばかりのホンダ 新型ヴェゼルと、全てモーター走行の新感覚SUV、日産 キックスのイチオシグレード同士を徹底比較! 購入後のランニングコストまで大予想します。

人気グレードがどちらも300万円以内!

新型ヴェゼルのおすすめは全部載せのe:HEV Z

ガラっと変わったイケメンデザインを、ほぼ先代同様のコンパクトサイズで実現している新型ヴェゼル。トップグレードの「e:HEV PLaY」とほとんど同等の充実装備がお得に手に入る、「e:HEV Z」289万8500円がイチオシグレード。

まず外観では18インチアルミホイール、LEDのフロント&テールライト、シャープシルバー塗装のバンパーガーニッシュなどで、スタイリッシュになっています。

キックスの買いグレードはオシャレなインテリアが特徴のXツートーンエディション

一方でキックスは、発電専用の小型エンジンで発電した電気によって、いつでもモーターで走行するという新感覚が人気。イチオシグレードは「X ツートーンインテリアエディション」286万9900円。

外観は17インチアルミホイール、LEDのフロント&テールライトに加え、シルバールーフレールがアクセントになっています。

>>【写真で比較】新型ヴェゼルとキックスの外観を写真で隅々チェック

USBポートの数と後席の広さはヴェゼル! オシャレな色使いはキックス

新型ヴェゼルは後席の広さとエアコンの機能がピカイチ

インテリアを比較すると、新型ヴェゼルは後席の広さが際立ちます。

シートアレンジも6:4分割で座面のチルトアップと背面のダイブダウンができ、いろいろな使い方ができます。あちこちにデザイナーの遊び心が感じられる空間。

フルオートエアコンは左右独立温度コントロール式で、風が直接当たらない「そよ風アウトレット」もついています。

USBジャックは前席と後席に2個ずつ。便利なのは、足の動作で開閉できる「ハンズフリーアクセスパワーテールゲート(予約クローズ機能付)が標準装備となることですね。

>>世界初のエアコン機能に、広すぎる後席! 新型ヴェゼルの完璧すぎる車内を写真で確認

 

キックスはオレンジとブラックの2トーンインテリアがイケてる

 

そしてキックスは、乗り込んだ瞬間に誰もが驚く、ゴージャスなツートーンインテリアがオシャレで上質な空間。

後席は必要十分といったスペースで、6:4分割の可倒式アレンジができます。USBジャックは前席と後席で各1個ずつです。

どちらも、運転席&助手席のシートヒーターと、ステアリングヒーターが標準装備。マルチンフォメーションディスプレイや、Honda CONNECT、Nissan CONNECTといったコネクテッド機能が搭載されています。

>>明るい車内に注目! キックスの鮮やかなオレンジ車内を写真でチェック

>>スマホが鍵に!? 新型ヴェゼルの便利すぎるコネクテッド機能がコレだ

ホンダ/ヴェゼル
ホンダ ヴェゼルカタログを見る
新車価格:
227.9万円329.9万円
中古価格:
108.2万円339万円
1 2 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
まるも 亜希子
筆者まるも 亜希子

大学卒業後、編集プロダクション株式会社エディトリアル・クリッパーに就職、自動車雑誌「ティーポ(Tipo )」の編集者として6年間勤務。2003年にフリーランスとして独立。現在は雑誌やウェブサイトの自動車関連記事に出演・寄稿している。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、日本自動車ジャーナリスト協会会員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 今宵天空に遊ぶ しょうげつ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

ホンダ ヴェゼルの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ ヴェゼルのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ ヴェゼルの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ ヴェゼルの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ ヴェゼルのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる