新型ヴェゼルを速攻イメチェン!? ホンダアクセスはなぜ攻めたデザインにしたのか!?

  • 筆者: MOTA編集部 木村 剛大
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
2021年2月18日、新型ヴェゼルの姿がお披露目された。初代モデルよりもスッキリとした顔立ちとなり、かなり高級路線へシフトした印象だ。

ところがホンダの純正パーツを手がけるホンダアクセスからは、ヴェゼルのコンセプトを真っ向から否定する真逆デザインのフロントグリルが発表され話題を呼んでいる。

一体どうしてイメージと真逆のパーツを生み出したのか!? そんな素朴な疑問をホンダアクセスにぶつけてみた。

新デザインは賛否両論! ボディ同色のグリルは斬新すぎた!?

新型ヴェゼルは2021年4月に発売予定と発表されたが、それを待たずして2021年2月18日に内外装デザインがお披露目された。SNS界隈では「超カッコいい」という肯定的な意見もある一方で「マツダっぽくなった」あるいは「グリルレスで迫力がダウンした」といった否定的なコメントも多数散見された。

>>やっぱり似ている! 歴代フィットとヴェゼルを写真でイッキ見

ヴェゼルとフィットは血縁関係! 新型になってもそれは同じ

そもそもヴェゼルは初代モデルから基本コンポーンネンツをコンパクトカーのフィットと共有しており、この2台のデザインは似通った部分があった。新型ヴェゼルも同様で昨年2020年にデビューした現行フィットが採用しているクリーンなイメージを踏襲している。

もっといえばフィットはスッキリフェイスとしており、新型ヴェゼルもまた同じデザインアイデンティティを採用しているのだ。他社のクルマと見比べてみると少々大人しく、斬新な顔つきに見えるかもしれないが。

>>ライバルはみんな派手顔! ヴェゼルの対抗馬を写真で確認

フロントグリルが果たす重要な役割とは!?

グリルとはフロントグリルを指し、一般的なクルマでいうところのメーカーエンブレムが装着されてる部分のことである。

通常フロントグリルはダクトを持っており、ボンネット内に走行風など外気を送り込む機能を持っている。熱されたエンジンルームを冷却するなど重要な役割を果たしているのだ。ちなみにフィットから採用しているスッキリフェイスとは、ダクトを持たないツルンとしたデザインを指している。

フロントグリルあってこそクルマ! ホンダアクセスの心意気がスゴい

細かい説明はさておき、新型ヴェゼルはスッキリフェイスを採用している。昨今のクルマはメッキ加飾を多用したド派手な顔が人気を集めているが、ホンダはそこに一石を投じたというイメージだ。

たしかに新型ヴェゼルはカッコよくなった。だが、その一方でグリルこそクルマの象徴と考える人も多い。

そこでホンダの純正パーツを手掛けているホンダアクセスは、新型ヴェゼルのコンセプトを覆しかねないフロントグリルを開発したのだ。

ホンダアクセスの担当者になぜ真逆のデザインにしたのか? とか尋ねてみると「やっぱりクルマはメッキ加飾のフロントグリルがあってこそ!」というクルマ好きが唸る回答が返ってきた。

>>コレはぜひ付けたい! ホンダアクセスの新型ヴェゼルがカッコよすぎる

2色に塗り分けたのは納得の理由だった

どうですかこのパーツ装着車の顔! 素直にカッコよく、そしてノーマルもこの顔でいいのでは? という完成度なのだ。よーくホンダアクセスのパーツを見てみるとフロントグリルにクロームメッキとシルバー加飾の2色を使用していることに気が付く。

この理由を先述の担当者に尋ねると「クロームメッキ一色にするとイカつい印象になってしまう。さらに言えばシルバー加飾を合わせて使うことでフロントグリルそのものに奥行き感が出て、全体のデザインと統一感を強められる効果がある」という。その話を聞いて改めてパーツ装着車を見てみると、確かに奥行き感がある。加えて、元々ヘッドライトが奥まった位置に設置されているために、実際のサイズ以上に大きく見えるのだ。

かなり長く書いてしまったが、結論としてはノーマルもいいが、パーツ装着車もかなり魅力的であるということ。発売前のためユーザーの反応ははっきりしないが、人気パーツとなることは予想できる。それだけに今から2021年4月に予定している新型ヴェゼルの発売が待ち遠しい!

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

ホンダ/ヴェゼル
ホンダ ヴェゼルカタログを見る
新車価格:
211.3万円361.8万円
中古価格:
108万円2,448万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者MOTA編集部 木村 剛大
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... arcanaIzu
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

ホンダ ヴェゼルの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ ヴェゼルのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ ヴェゼルの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ ヴェゼルの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ ヴェゼルのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる