ホンダ 新型ヴェゼルはガチで買い! その理由はもっと使いやすくなった車内とコネクテッド機能にあり(2/2)

画像ギャラリーはこちら

新型ヴェゼルの内装はとにかくイイ! しかもスマホがキーになる機能も

インテリアに目を向けると、新型ヴェゼルらしさはさらに実感しやすい。

SUVにして乗用車感覚の乗降姿勢でスムーズに運転席に着座すれば、横一直線基調のインパネ、横方向へと乗員を包み込むようなデザイン。そして心地よいシートの座り心地もあって、すっきりとした全方向の視界、運転のしやすさを実感できる。しかし安心感の満ちた快適感極まる居心地が得られるではないか。

前後席の頭上のほとんどの面積がガラス張りになるパノラマルーフ装着車であれば、オープンカー的な室内の明るさ、解放感さえ味わえる。前席に至っては、正面を見ていても、空が見える爽快な視界が確保されているのだからゴキゲンである。

>>雰囲気が全然違う! ベースグレードと上級モデルのシートを写真で比較

コネクテッド機能が超豊富! ポイントはスマホキーと車内Wi-Fi

しかも、インパネセンターにある9インチ大型ホンダコネクトデイスプレー(メーカーオプション/ETC機器とセットで22万円/税込み)は、新世代コネクテッド技術が盛り込まれている。画面内のアプリをタブレットのように並べ替えることが可能だ。

その機能の充実ぶりも見事で、スマホがクルマのキーになるホンダ・デジタルキー、オンラインによる自動地図更新サービス(月/550円。通信料はホンダ持ち)などが用意される。

スマホに電波があることが前提だが、スマホでエアコンやドアのアンロックの遠隔操作などが行えるリモート操作、さらにはスマホやタブレットなどのデバイスを車内で快適に使用できる車内Wi-Fiは嬉しい装備だ。

ボタンひとつでオペレーターが対応してくれる緊急サポートセンター機能、ホンダ・アプリセンター、ホンダALSOK駆けつけサービスなどが利用できるのだ。

まさに時代の先端を行くコネクテッドカーと呼べる、常時”つながる”ヴェゼルに進化したというわけだ。

>>車内Wi-Fi!? しかもモニターで通信容量を増やせる超便利機能も

>>新型ヴェゼルはコネクテッド機能でできるコトとは!? 詳細と盲点はコチラ

積載性とシートアレンジの手軽さが凄まじかった! 後席の快適性も大幅向上

後席に乗り移れば、新型ヴェゼルの広さ、快適性に感動である。

身長172cmの筆者がドライビングポジションを決めた背後に着座すれば、さすがに先代より全高を低めたため、やや空間が狭まっているものの(実測比較で-20mm程度/パノラマルーフ装着車は同等)、膝周り空間はなんと先代+35mmもの290mm!! ちなみにワンサイズ大きなSUVのCR-Vは280mmである。

AWDの後輪駆動用のプロペラシャフトが通っているにもかかわらず、ホンダ得意の魔法のパッケージング!? でほぼフラットなフロアもあって、足元は広々もいいところなのである。

後席エアコン吹き出し口の用意もあり、1年中、快適なドライブが後席でも堪能できるに違いない。

>>後席にも吹き出し口が! 新型ヴェゼルの後席快適装備をイッキ見

開口部はわずかに高くなるも、積載性は大幅アップ

続いてラゲッジルームのチェックである。こうしたクロスオーバーSUVはアウトドア、キャンプ、SURF & SNOWスポーツなどでも大活躍してくれるオールラウンダーゆえ、その使い勝手の良し悪しはユーザーの満足度に大きく影響する。

結論から言えば、使いやすさは大幅に向上した。

先代ユーザーにしてみれば、ラゲッジの開口部地上高が筆者の実測で先代の約650mmから約690mmに高まっている点を残念がる人もいるはず。

だが、よーく見れば先代にあった開口部の約50mmの段差がなくなり、重い荷物の出し入れや大型犬などの乗降がより快適に行える、いわゆる掃き出しフロアになっているのである。

>>広い、広すぎる! 新型ヴェゼルのラゲッジルームとシートアレンジがコレ

数値よりも実際の積載性を重視! 車中泊も超余裕の広さ

また、センタータンクレイアウトを生かした自在のシートアレンジは健在で、後席にはチップアップ&ダイブダウン機能を採用。

ダイブダウンアレンジを施すと、身長172cmのボクが真っすぐに横になれるほど。車中泊も可能なフラットスペースが出現するのだからすごい。

容量の数値より実際の積載性を重視しているのも特筆すべき点で、スーツケースやゴルフバッグ、自転車の積載性もしっかりと考えられている。

付け加えれば、従来のハンズフリーパワーテールゲート機能に、新たに予約クローズ機能を追加。クルマから離れると、自動的にテールゲートが閉まる芸当も見せてくれるのだから便利である。

>>こんなに載せられるの!? 新型ヴェゼルのラゲッジに荷物を載せてみた

新型ヴェゼルも売れること間違いなし! 乗り心地と静粛性がさらに改善

まだ、試乗はできていない段階だが、公開された資料によれば、走行性能も飛躍的に向上していると推測できる。

ボディ周りやフロアはもちろん、ステアリング系の高剛性化、フロントサスペンションのフリクションを低減している。しかもバネレート低減、リヤサスペンションのダンパーストロークアップ、コンプライアンスブッシュの改良などによって、ダイナミクス性能の向上に成功している。

しかも先代ノーマルグレードの数少ないウィークポイント(欧州仕様の足回りを奢ったRSを除く)でもあった乗り心地の硬さが、大きく改善されていると期待できるのだ。

さらにノイズと振動の低減を追求したというNV性能の向上にも注目だ。

EVモードからエンジン始動時の音圧変化の低減、エンジンルームと室内の間にあるダッシュロアーパネルの肉厚アップ、ボディのスプレーフォームによる充填剤の進化。防音材の最適配置、さらには路面の切り替わりによる低周波ロードノイズの低減策など、徹底した静粛性向上に力が注がれている。

乗り心地の向上とともに、このクラスのクロスオーバーSUVをリードする快適性が確保されていると考えていいだろう。

11コの充実先進装備! 進化が嬉しい点と要改善ポイントとは!?

最後に先進運転支援システム=ホンダセンシング(11種類)の進化についても説明したい。

新型ヴェゼルには、最新鋭の広角カメラと高速画像処理チップを新採用。検知機能が向上し、アダプティブクルーズコントロール(以下ACC)の作動性能もレベルアップしているはずだ。

唯一のネガはパーキングブレーキの操作。作動させるには操作は必要

ただし、新型ヴェゼルに期待していた、ある機能については、良否が分かれた。

まずはACCの渋滞時停止保持機能にも不可欠な電子パーキングブレーキについて。現状、ホンダの電子パーキングブレーキは、発進時は自動で解除されるものの、電子パーキングブレーキをかける際はスイッチを操作(押す、引くの2種類があるからやっかい)しなければならなかった。

が、他車ではシフターをPレンジに入れることで、自動で電子パーキングブレーキがかかるのが一般的である。

新型ヴェゼルではその面倒が改善されたかと期待していたものの、そのままであった(停車時、Pレンジに入れればクルマは動かないので、あえて作動させなくてもよい、という理由のようだ……)。

エンジンオフでも設定をキープ! オートブレーキホールドの使い勝手がさらに向上

一方、信号待ちやスーパーマーケットなどの駐車場ゲートで超便利かつ快適に使える、ブレーキペダルから足を放しても停止保持されるオートブレーキホールド機能についてだ。例えば最先端機能満載のホンダeでも、エンジン(ホンダeの場合は電源オフ)を切るとリセットされ、次に走り出す際は、オートブレーキホールドのスイッチを再度、ONにセットする面倒があったのだ。

だが、新型ヴェゼルでは、オートブレーキホールド機能がエンジンオフ以降も引き継がれるようになっていたのである。個人的にオートブレーキホールド機能の有難みを毎日のように強く実感している身としては、細かすぎる改良点とはいえ、ホンダ初の快挙!? と歓迎したいところである。

ネガはほぼなし! 新型ヴェゼルもバカ売れ必至

フルスペックが公開された新型ヴェゼルだが、こうして試乗前の紹介記事を書いているだけで、走りを含めた期待は一段と大きく膨らむ。

さて、新型ヴェゼルはどんな走りを見せて、我々を驚かしてくれるのだろうか。そして空前のSUVブームの中、国産SUV販売台数NO.1の座に返り咲くことができるのか。試乗できる日を心待ちにしたい。

【筆者:青山 尚暉/撮影:茂呂 幸正】

新型ヴェゼル注目のコネクテッド機能、内外装解説の動画はコチラ

ホンダ/ヴェゼル
ホンダ ヴェゼルカタログを見る
新車価格:
227.9万円329.9万円
中古価格:
102.5万円355.3万円
前へ 1 2
この記事の画像ギャラリーはこちら
青山 尚暉
筆者青山 尚暉

学生時代はプロミュージシャン、その後自動車専門誌2誌の編集を経てフリーのモータージャーナリストに。現在は自動車業界だけでなく、愛犬のラブラドールとジャックラッセルとともに、愛犬との快適で安全なクルマ旅を提案するドッグライフプロデューサーとしても活動中。また、クルマのパッケージを寸法で比較するため、独自の計測ツールを開発。1台につき25項目以上を詳密計測。実用性の目安として、記事中で展開している。現在、自動車用純正ペット用アクセサリーの企画、開発も行う。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 創業大正十五年 蓼科 親湯温泉
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

ホンダ ヴェゼルの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ ヴェゼルのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ ヴェゼルの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ ヴェゼルの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ ヴェゼルのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる