ホンダ オデッセイがまさかの年内廃止へ! サイズ拡大が予想される後継モデルよりも、日本にジャストサイズな現行型こそ“買い”だ

画像ギャラリーはこちら
2021年6月、ホンダから衝撃のニュースが発信された。25年以上の歴史を有する老舗ミニバンブランド「オデッセイ」を2021年中に廃止するというのだ。少し間を置いて、別のモデルが後継車になるとも噂されている。

しかし現行型オデッセイは2021年11月に大規模なマイナーチェンジを実施したばかり。それもかなり渾身の作で、いまだに推奨出来るモデルである。

>>これが日本のオデッセイ! 日本の道にジャストサイズな「ホンダ オデッセイ」を写真で見る[画像45枚]

目次[開く][閉じる]
  1. 当初は北米をターゲットに生まれたものの、2代目以降は「日本のオデッセイ」として開発された
  2. デビュー7年目で異例のマイナーチェンジ! 2020年11月に一新したばかりの現行型オデッセイ
  3. 中国市場の旺盛な需要が支える現行オデッセイ、次期型は中国をターゲットにボディがグンと大型化される可能性も!?

当初は北米をターゲットに生まれたものの、2代目以降は「日本のオデッセイ」として開発された

ホンダ オデッセイは、1994年に初代が誕生した。当初、ミニバン人気の高かった北米市場をターゲットに開発されたモデルだ。しかし米国ではボディサイズが随分と小さかったようで、2代目以降は日本向けと北米向けでは大きさの異なる全く別の「オデッセイ」が販売されるようになった。

以来、国内仕様のオデッセイは、一貫して低い全高が特徴。日本の走行環境にマッチした程よいサイズ感の中に十分な室内空間を有したジャストサイズのミニバンとして、長く人気を博してきた。

現行型オデッセイは、2013年にフルモデルチェンジした5代目で、日本向けオデッセイとしては初となる後席両側スライドドアを採用。全高はややアップさせたが、同時に床面も低くしたことで、低い車高のまま広い室内空間を確保している点が新しい。

デビュー7年目で異例のマイナーチェンジ! 2020年11月に一新したばかりの現行型オデッセイ

そんな5代目オデッセイは、なんとデビューから7年が経過した2020年11月、大規模なマイナーチェンジを実施した。ボディ前後のデザインを大幅に変更し、押し出しの強さや高級感を強調。軽快でスポーティな印象の強かったマイナーチェンジ前からは、大きく印象を変えることに成功した。

内装も、大型スクリーンのセンターモニターを中心とした新デザインとするなど、こちらもリニューアルを実施。低床設計による操縦安定性や、2モーター式ハイブリッド「e:HEV」の静かな走りはそのままに、もはや別のクルマとして生まれ変わったのだった。

中国市場の旺盛な需要が支える現行オデッセイ、次期型は中国をターゲットにボディがグンと大型化される可能性も!?

初代オデッセイの発端は、アメリカ市場の旺盛な需要を見込んだものだったが、近年は急成長した中国市場が支えている。5代目モデルは中国のホンダ現地法人でも生産され、好評を博している。

実は2020年のマイナーチェンジで導入された新技術「ジェスチャーコントロール・パワースライドドア」は、先行して中国向けオデッセイで先行搭載されているものだった。デビュー7年にして大規模なマイナーチェンジを実施できたのも、中国での需要が理由の一つであるのは間違いない。

そして今回のホンダの発表で突然明らかになった、現行オデッセイの廃止の知らせ。日本で製造を担当してきたホンダ狭山工場が廃止されることに伴う施策というから、なんとも複雑な思いだ。マイナーチェンジ後わずか1年で消滅するのは実にもったいない。

まだ見ぬオデッセイ後継モデルは中国市場をメインターゲットにしサイズを拡大か

しかしそのいっぽうで、新型のオデッセイ、あるいは別の後継モデルの開発が進められているという噂もある。ただ、それも手放しで喜べないと感じるのは筆者だけだろうか。

なぜなら、現在の状況を考えると次期型オデッセイ(もしくは後継モデル)は、中国市場を重視する可能性が高いからだ。デザインなど表面的なことばかりではなく、広大な中国の道路にマッチしたボディサイズへと拡大されることも見込まれる。

2代目オデッセイの頃とは異なり、月販1000台クラスの現状では、日本向けオデッセイが登場する見込みはかなり薄い。ならば、マイナーチェンジ間もない現行型を手に入れたほうが、日本の道で使うには満足度が高いのではないだろうか。現段階では明言出来ないものの、そんな気がしてならないのだ。

日本にジャストサイズなオデッセイは、現行型の5代目オデッセイが最後になる!?

おそらく今後、次期型(6代目オデッセイもしくは別の後継モデル)の噂も具体的に聞こえてくるだろう。もし“サイズ拡大”の予感が的中しそうだと感じたら、その時にはジャストサイズの現行型を改めて検討して欲しい。

現行型オデッセイは、マイナーチェンジからわずか1年で消えてしまうにはもったいない、完成度の高いモデルなのだから。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:和田 清志・森山 良雄・Honda]

ホンダ/オデッセイ
ホンダ オデッセイカタログを見る
新車価格:
349.5万円458万円
中古価格:
16.5万円508万円

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 四季彩一力

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

ホンダ オデッセイの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ オデッセイのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ オデッセイの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ オデッセイの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ オデッセイのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる