MOTAトップ 記事・レポート 新車情報 新型車解説 Honda eはまさかの後輪駆動! こりゃ近未来のコンパクトスポーツだ

新型車解説 2019/7/5 15:45

Honda eはまさかの後輪駆動! こりゃ近未来のコンパクトスポーツだ

関連: ホンダ Text: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら

ホンダらしさ全開のEV

2019年3月に開催されたジュネーブモータショーで市販版が発表された「Honda e」が、いよいよ欧州にて予約がスタートした。それと同時にスペックなど細かい情報が明らかになったので紹介しよう。

ホンダeはシティコミューターとして開発され、並ハズレた走行性能を実現したという。応答性の高いダイナミクスと効率性、さらには優れたパフォーマンスにより、今までの電気自動車とはひと味違うホンダらしい楽しさを追求している。

加速性も取り回しも文句なし!

心臓部には33.5kWhのバッテリーが搭載され、最大出力は150ps、最大トルク300N・mを発揮する。気になる航続距離は約200kmである。駆動輪は後輪で、愛らしい見た目とは裏腹に、スポーティなキャラクターとなっている。走行モードを任意で選択でき、スポーツモードを選択すれば、より鋭い加速レスポンスを体験できる。さらに、嬉しいのは後輪駆動としたことで前輪の切れ角が向上し、最小回転半径は約4.3mと、狭い道でも取り回しバツグンの回頭性なのである。

ワンペダル走行も可能

日産 ノートe-POWERやBMW iシリーズなどでも採用されているワンペダル・ドライブをHonda eにも搭載。そもそもこれは、アクセルペダルから足を話すと自動的に回生ブレーキが作動し、減速するというもの。これにより、運転効率の向上とエキサイティングな走行体験を可能にする。

デロリアン並の未来感!

サイドミラーの代わりに左右のフロントフェンダーにカメラが設置される「デジタルアウターミラー」を採用。それにより車内両サイドには2つのモニターが置かれる。そのほか4つのモニターがあり、それぞれナビやメーターなど必要な情報を常に映し出されるという。

気になるホンダe、現時点では日本での発売時期などは未定だが、非常に楽しみな一台だ。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

ホンダ の関連編集記事

ホンダの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR