ホンダ グレイス試乗レポート|”穴場な1台”マイチェンでスポーティという華をプラス

ホンダ グレイス試乗レポート|”穴場な1台”マイチェンでスポーティという華をプラス
ホンダグレイスHYBRID EX ホンダグレイスHYBRID EX 多彩な装備を搭載した最上級モデル ホンダグレイスHYBRID EX ホンダグレイスHYBRID EXと山本シンヤさん 画像ギャラリーはこちら

ホンダ グレイスがビッグマイナーチェンジ。いま、セダン市場に活路はあるのか。

「セダンの役目は終わった」と言う人もいるが、子育てを終えたシニア層が再びセダンに戻るケースも多いと聞く。しかし、いざ探してみるとビジネスライクなモデルばかりで、「魅力的か?」、「積極的に選びたいか?」と聞かれると「ウーン」と言わざるを得ないのも事実である。そんな中、孤軍奮闘しているのが2014年に登場したホンダ・グレイスだ。

グレイスはフィット譲りのセンタータンクレイアウトを活かし、取り回しのいいコンパクトボディながらアッパーミドルセダン顔負けの室内スペースを両立させた日本向けホンダ車唯一となる5ナンバーサイズセダンである。

2009年に販売を終了したフィット・アリアの後継車であると同時に、発売当初はハイブリッド専用車だったことから、2014年に販売を終了したインサイトのポジションも担っていた(後にガソリン車も追加)。

一般的に「フィットにトランクを追加したモデル」と言われる事が多いが、ベースはアジア・オセアニア向けに販売されるグローバルコンパクトセダンである4代目「シティ」。ちなみにフィットとは内外装のデザインだけでなくパッケージングの考え方も異なる。

そんなグレイスが初のビックマイナーチェンジを実施。その内容は同じくビックマイナーチェンジされたフィット同様に通常のマイナーチェンジを大きく越えるレベル。今回は最上級グレードである「ハイブリッドEX」の試乗を行なった。

>>ホンダ グレイス ハイブリッドEX マイナーチェンジの詳細を画像でチェックする

スポーティなデザインに変わったホンダ グレイス。ナビのスマホ対応も追加。

モーターで静かな走りだし

従来モデルはホンダ車ながら珍しく(!?)、スポーティさを表に出さないモデルだったが、新型は新デザインの前後バンパーやフロントグリル、LEDヘッドライトなどにより最新のホンダ顔にアップデート、スポーティさをプラスしている。

インテリアは元々質感にこだわっていたが、シート表皮の一新やLED照明の採用に加え、防音材/静振材、遮音機能付フロントウィンドウガラス(ハイブリッドEX)の採用による静粛性アップもポイント。

また、ホンダインターナビは新たに「Apple CarPlay」、「Android Auto」にも対応するなど利便性も引き上げられている。

ホンダグレイスHYBRID EX  インテリアホンダグレイスHYBRID EX  メーターホンダグレイスHYBRID EX  インパネ周辺ホンダグレイスHYBRID EX リアシート長尺物の積載に便利なトランクスルー機構

クラス最高の安全性能?安全装備がホンダセンシングに変更

安全支援システムは従来のCTBA(赤外線レーダー式)からホンダセンシング(ミリ波レーダー+単眼カメラ併用式)に変更。コンパクトクラス最強のスペックに加えて、レジェンドに続き2車種目の「ホンダセンシング+オートハイビーム」の組みあわせも注目だ。

パワートレインは、各パワートレインの特性に合わせてきめ細やかなチューニングが実施されているが、その中でも1.5L-NA+7速DCT内蔵1モーターの「スポーツハイブリッドi-DCD」は燃費性能アップで34.8km/Lを達成しているが、実は世界でも数少ないNAエンジン+DCTの組み合わせにより小気味いいスポーティなフィーリングが特徴のユニットなのを再確認。

従来はこのシステム投入当初と比べるとよくなっていたが、DCTとモーターの連携があまり上手ではなく、低速時のギクシャク感や車速コントロールの難しさ、アクセルを踏んだ際のレスポンスの悪さなどが気になったが、新型はその辺りが上手に改善されている。

渋滞時など「発進→停止」が続くようなシーンでは若干ギクシャク感は残るが、それ以外ではATのようなスムーズで滑らかなフィーリングを実現。また、ギア比の見直しにより加速のメリハリも増している。

素性の良さが光る“穴場”な一台。ホンダ グレイス、一度ご賞味あれ。

LEDヘッドライト+LEDフォグライト
ホンダグレイスHYBRID EXと山本シンヤさん

フットワークは元々ハッチバックボディのフィットより剛性に有利なセダンボディとフィットよりも低めのシートポジションなど、見た目に似合わず(!?)走りの素性は良かったが、新型はボディ剛性アップとサスペンションのリセッティングの相乗効果により4輪をより上手に使えるようになり、ハイブリッドながらガソリン車のフィットRSに近いステアリングのキビキビ感やコーナリング時の安定感、そして直進性をバランスよく両立。

しかし、快適性に関しては、足の動きはスムーズだがグレイスのキャラクターを考えるとタウンスピードでの乗り心地は若干硬めに感じた。個人的には、これが「グレイスRS」なら気にならないレベルだと思うが……。

これまでフィットと比べると実力がありながらも存在感が薄かったグレイスだが、今回のビックマイナーチェンジでトータル性能をアップさせただけでなく、スポーティと言う“華”がプラス。5ナンバーサイズのスポーティで上質なセダン、実は探してみると意外と見つからない“穴場”の一台。

ホンダ グレイス ハイブリッドEX 主要諸元

ホンダ グレイス ハイブリッドEX 主要諸元
新車価格2,353,320円
JC08モード燃費32.4km/L
駆動方式2WD
乗車定員5名
全長4,450mm
全幅(車幅)1,695mm
全高(車高)1,475mm
車両重量1,190kg
ホイールベース2,600mm
エンジン種類水冷直列4気筒横置
排気量1,496cc
エンジン最高出力81kW(110PS)/6,000rpm
エンジン最大トルク134N・m(13.7kgf・m)/5,000rpm
トランスミッション7速オートマチック+パドルシフト
モーター最高出力22kW(29.5PS)/1,313-2,000rpm
モーター最大トルク160N・m(16.3kgf・m)/0-1,313rpm

>>ホンダ グレイス ハイブリッドEX マイナーチェンジの詳細を画像でチェックする

この記事の画像ギャラリーはこちら
山本 シンヤ
筆者山本 シンヤ

自動車メーカー商品企画、チューニングメーカー開発を経て、自動車雑誌の世界に転職。2013年に独立し。「造り手」と「使い手」の両方の気持ちを“解りやすく上手”に伝えることをモットーに「自動車研究家」を名乗って活動をしている。西部警察は子供時代にリアルでTV放送を見て以来大ファンに。現在も暇があれば再放送を入念にチェックしており、当時の番組事情の分析も行なう。プラモデルやミニカー、資料の収集はもちろん、すでにコンプリートBOXも入手済み。現在は木暮課長が着るような派手な裏地のスーツとベストの購入を検討中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

ホンダ グレイスの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ グレイスのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ グレイスの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ グレイスの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ グレイスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる