ホンダ新型「フリード」vsトヨタ「シエンタ」、先行受注スタートで驚きの差が明らかに!(1/2)

ホンダ新型「フリード」vsトヨタ「シエンタ」、先行受注スタートで驚きの差が明らかに!
新型ホンダ フリード 新型ホンダ フリード 新型ホンダ フリード 新型ホンダ フリード 新型ホンダ フリード 新型ホンダ フリード 新型ホンダ フリード 新型ホンダ フリード 新型ホンダ フリード 新型ホンダ フリード 画像ギャラリーはこちら

新型フリードとシエンタで驚きの差が!?

新型ホンダ フリード

9月16日に発売となるホンダ新型フリードの先行受注が始まっている。すでに契約した人も少なくないようだ。契約書を見せて貰ってビックリ!

新型フリード、驚くほど高価なのだった。

売れ筋になりそうな『ハイブリッドG ホンダセンシング・FF・7人乗り』で251万7600円!ガチンコのライバル関係となるシエンタの『ハイブリッドG・FF・7人乗り』は、自動ブレーキのオプションを付けて238万3855円。シエンタより新型フリードは13万円以上も高い。

ここまで読んで「装備差でしょう」と思うかもしれないが、新型フリードで優位なのはLEDのヘッドライトくらい。両側自動ドアも両車共に標準だ。

■>>ホンダ新型フリード 写真でチェック(画像32枚)

自動ブレーキ性能はホンダの勝ち!

トヨタ シエンタ新型ホンダ フリード

気になる自動ブレーキの性能だけれど、センサーは若干フリードの方が良いかもしれない。シエンタの自動ブレーキ、歩行者を認識出来ない。

フリードは先行車追随機能付きで、LEDヘッドライトとの合わせ技で13万円と考えたのか?

これまでのホンダの歴史を見ると、競合するトヨタ車より高い価格設定をしたモデルは苦戦している。

実際、新型フリードの価格を見た瞬間「高いな」と感じた。シエンタの人気が根強い上、このクラスのユーザーは自動ブレーキ付きなら何でもOKという傾向も。かなり厳しいかもしれない。

■>>ホンダ新型フリード 写真でチェック(画像32枚)

1 2 次へ

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

国沢 光宏
筆者国沢 光宏

1958年生まれ。ベストカーガイド編集部員を経て自動車評論家に。空気を全く読まず言いたいことを言い、書きたいことを書くので自動車メーカーから嫌われている。現在所有しているクルマは日産 リーフやトヨタ MIRAIなど多数。趣味はラリーに出場すること。人気のない(本人談)Webサイトを運営中。記事一覧を見る

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

ホンダ フリードの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ フリードのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ フリードの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ フリードの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ フリードのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる