大人気のコンパクトSUV「ヤリスクロス」、兄貴分「カローラクロス」登場でも影響はほぼなし!?【ディーラーの声を聞いてみた】

画像ギャラリーはこちら
トヨタがまた新たなコンパクトSUV「カローラクロス」を発表した。全長4490mm×全幅1820mm×全高1620mmと日本の街中でも扱いに困らないサイズで、まさに人気のど真ん中へハマりそうな1台だ。

コンパクトSUV人気のど真ん中といえば、デビュー1年後も注目度の高い「ヤリスクロス」だ。同じトヨタ内で競合しないのだろうか。発売開始後初となる週末の販売店へ赴き、現場の声を拾ってきた。

目次[開く][閉じる]
  1. 200万円台前半~中盤の価格帯が見事にバッティングするヤリスクロスとカローラクロス
  2. 「ヤリスクロスとカローラクロス、客層はかぶらない」と販売店の声
  3. 部品供給の遅れによる納期の延長が深刻な状況になっている

200万円台前半~中盤の価格帯が見事にバッティングするヤリスクロスとカローラクロス

ヤリスクロスの価格は179万8000円から281万5000円まで

2020年8月にデビューしたトヨタのコンパクトSUV「ヤリスクロス」が、相変わらずの人気を集めている。

全長4180mm×全幅1765mm×全高1590mmとコンパクトカー「ヤリス」並みのサイズ感ながら、十分な室内と荷室空間を持つ。179万8000円から281万5000円という手頃な価格と相まって、今なお納車待ちの状態にあるのだ。

販売ランキングでは、ヤリスシリーズの合算で第1位。2021年上半期(2021年1月~6月)で11万9112台を販売※というから、月平均2万台弱を売ったことになる。トヨタによると、そのうちヤリスクロスだけで約5万2590台を占めているとのこと。月平均でおよそ8800台だから、ヤリスクロス単体でもベスト5以内にランクインする実力なのだ。

※自販連(一般社団法人 日本自動車販売協会連合会)調べ

カローラクロスの価格は199万9000円から319万9000円まで

そんな中、ヤリスクロスよりひとまわりサイズアップした新型コンパクトSUV「カローラクロス」が2021年9月14日にデビューした。1.8リッターガソリン(FF)と、同ハイブリッド(FF及びE-Four・4WD)が設定され、価格は199万9000円から319万9000円まで。ヤリスクロスの価格帯とも微妙にバッティングしている。

こうなると今後、ヤリスクロスの売れ行きにお影響を及ぼす可能性もありそうだ。

そこでさっそくトヨタの販売店へ赴き、ユーザー層の違いなどについて現場の声を聞いてみた。

「ヤリスクロスとカローラクロス、客層はかぶらない」と販売店の声

訪れたのは首都圏郊外にあるトヨタネッツ店。トヨタ各店の中では比較的若いユーザー層が多いとされている。営業スタッフにカローラクロスについて尋ねてみた。

すると「ネットなどで事前に情報が出回っていたせいか、発売前から反響が多かったですね」と笑顔がこぼれる。早くも何件か契約を取り付けているようだ。

カローラクロスに対し問い合わせが多いのは「ヤリスクロスでは荷室が狭い、しかしRAV4(200万円台後半から300万円台)ではちょっと高いとおっしゃる、ファミリーの方が中心です」とのこと。

「指名買い客が中心」ヤリスクロスの強さの秘密が明らかに

ではヤリスクロスからカローラクロスへお客さんが流れているのかと聞くと「そんなことはないですね」と即答された。

訪れたお店が、ヤリスの前身の「ヴィッツ」を専売で扱ってきたネッツ店だからなのか、コンパクトカーから乗り換える年配層と、新車を初めて購入するような若い層に2分されていて、いずれもほぼ指名買いでヤリスクロスを求めるのだという。ヤリスクロスの強さの一端を改めて気付かされる。

1店だけの事例では断言はできないものの、似たような価格帯のカローラクロスとヤリスクロスでも、客層のすみ分けはしっかり実現出来ていそうなことが想像出来る。もし全国で同様の状況だとすれば、ライバルメーカーの担当者はますます苦しい立場に追い込まれるかもしれない。9月以降の2車の販売動向が今から注目される。

部品供給の遅れによる納期の延長が深刻な状況になっている

トヨタに限らず、いま新車を購入する上で最も気がかりなのは、納車の時期だ。

トヨタの公式Webサイトでは、各車種のページ毎に『工場出荷時期目処のご案内』が載っている。例えばヤリスクロスのページでは『ご注文にいただいてから、5ヶ月程度』『機能により納期が異なりますので、詳しくは販売店にお問い合わせください』とある(2021年9月17日現在)。

さらにカローラクロスのページでは期間の記載すらなく『詳しくは販売店にお問い合わせください』とあるのみ。東南アジアでの部品供給遅れや、ナビキットの部品不足が生産遅れにつながっていると、お詫びの文が載っている。

乗り換え検討中かつ車検の期限が半年を切ったユーザーは、一刻も早く商談を始めたほうが良い

前出の営業スタッフに納期の話題を振ると「お客様の下取り車、車検はいつですか?」と逆に質問が返ってきた。

「工場の生産調整などもありはっきりしたことが言えないんですが、今からオーダーしても納車は年明けになってしまいそうなんです」

「車検の期限があるとご迷惑をおかけする可能性もあるので」とのことだった。

これからカローラクロスの商談を考えているようなら、長期戦を覚悟したほうが良さそうだ。特に、半年以内に車検の期日が迫っているようケースなら、場合によっては「一度車検を通してから」なんてことにもなりかねない。一刻も早く、商談に動くことをおすすめする。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:TOYOTA]

トヨタ/ヤリスクロス
トヨタ ヤリスクロスカタログを見る
新車価格:
179.8万円281.5万円
中古価格:
186.7万円456万円
トヨタ/カローラクロス
トヨタ カローラクロスカタログを見る
新車価格:
199.9万円319.9万円
中古価格:
288万円373.9万円

MOTAおすすめコンテンツ

雨の時期も安心感をもって走れるオールシーズンタイヤ「セルシアス」その実力をテストしてみた[雨の日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 寛ぎの諏訪の湯宿 萃 sui-諏訪湖

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ ヤリスクロスの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ヤリスクロスのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ヤリスクロスの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ヤリスクロスの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ヤリスクロスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる