似て非なる2台「ジムニー」と「ハスラー」購入時に迷う人も!? 納期待ちと聞きむしろ決意を固める人も

画像ギャラリーはこちら
スズキの軽四輪駆動車「ジムニー」は、悪路走破性が高くタフな構造を有することから、道の狭い山間部での業務などに欠かせない実用モデルだ。2018年のフルモデルチェンジで、機能性を重視したシンプルなデザインに生まれ変わったことで、従来型よりも遥かに多くの注文を集めた。デビューから3年が経過したが、いまだ納期1年待ち以上だという。

そんなジムニーのデザインとも共通性を持つスズキの軽「ハスラー」。購入の際、2台を比較する人などいないだろうと思ったら、それが違うという。

目次[開く][閉じる]
  1. ちょっとレトロなヨンクテイストで大ヒットした「スズキ ハスラー」
  2. 機能性を重視したシンプルデザインがどこか懐かしい「スズキ ジムニー」
  3. 今どき珍しい、ジムニーのヨンクっぽい乗り味! あまりにも違い過ぎる2台だからこそ迷う人も

ちょっとレトロなヨンクテイストで大ヒットした「スズキ ハスラー」

スズキの軽「ハスラー」は、2013年の東京モーターショーに初めて参考出品。大反響ののちに市販化されたモデルだ。

スクエアなフォルムに丸いヘッドライト、最低地上高もアップさせたことで、80年代以前の“四輪駆動車”を想わせるレトロなテイストが特徴である。

量販ハイトワゴン「ワゴンR」の基本コンポーネントを用いることでコスト高を最小限に留めたこともあり、販売も大成功。スズキの軽販売の一翼を担うまでに発展を遂げている。

現行型ハスラーは2020年にデビューした2代目。初代のレトロテイストを継承したキープコンセプトながら、初代の“ヨンク”っぽさをさらに加速させ、四輪駆動車が持つ機能性や力強さを強調したデザインとした。昨今のアウトドアブームも追い風となり、新型ハスラーも安定した売れ行きを維持している。

スズキ/ハスラー
スズキ ハスラーカタログを見る
新車価格:
128万円182.4万円
中古価格:
38万円250万円

機能性を重視したシンプルデザインがどこか懐かしい「スズキ ジムニー」

前述の通り、2018年に登場した現行型ジムニーは、四輪駆動車の機能性を重視したシンプルなデザインが与えられた。スクエアなフォルムに丸いヘッドライトの組み合わせは、ハスラーとも共通項を感じさせるものだ。

もちろん、ワゴンR同様のFFレイアウトを持つハスラーとは違い、ジムニーは悪路走破性の高いハシゴ型フレームと縦置きエンジンという、昨今では「トヨタ ランドクルーザー」など本格的四輪駆動車にしか採用されていない特殊なレイアウトを持っている。

見た目こそ似たテイストのハスラーと乗り比べれば、その差は一目瞭然。特殊なレイアウトがもたらす高い床や硬めの乗り心地、ゴツいタイヤからのロードノイズ、クイックではないハンドル、あまり広くない室内…何から何まで、ジムニー独特の乗り味であることがわかる。

今どき珍しい、ジムニーのヨンクっぽい乗り味! あまりにも違い過ぎる2台だからこそ迷う人も

さて、外観上は共通するデザインテイストを持つスズキ ハスラーとジムニーだが、当たり前ながら乗った印象は全く異なる。

クセなく誰にでも乗りやすいハスラーに対し、ジムニーはかなり個性が強い。誤解を恐れず言うとすれば「ちょっと荒々しい」印象すら受ける。

これでも従来型よりは随分洗練されたのだが、初めて乗る人はちょっと驚くだろう。ただしその乗り味が、ジムニーの「昔ながらのヨンクっぽい見た目」とマッチしているから、不思議と違和感はないのだった。

意外といるハスラーとジムニーの購入を迷う層! 納期の長さにむしろ決意を固めるケースも

ここまで別の乗り物となると、2台を迷う人はいなそうだが、意外なことにそうではない。

『ハスラーとジムニー、どっちにしようか迷う層は一定数いる』のだという。

首都圏のとあるスズキアリーナ店営業スタッフは『とりあえずハスラーとジムニーの見積りを同時に取られる方は案外多いです』と話す。

もちろん、具体的な検討に入ればどちらか一方に絞られるのがほとんどだというが、最後まで迷うケースもあるという。レアケースではあるが、あまりにも違い過ぎる2台をそれぞれ気に入ったため、迷ってしまったのだ。

そしてジムニーの商談では『納期が1年以上になるかもしれない』と聞きあきらめるケースも多いいっぽうで、決断の背中押しにもなるというから、何が幸いするかわからないものだ。

ハスラーの場合さほど納期もかからないことから、2台の見積もりを取った多くの人も結局ハスラーで決まる、とは前出の営業スタッフの話。

販売店で得られる情報は思いのほか多い! まずは見積もりを取ってみることをオススメする!

納期もかかるというし、迷っている状態で見積もりをもらうのはちょっとためらうところだ。しかし実際に「とりあえず」ジムニーとハスラーで見積もりを取る人は案外多い。

タイミング次第では、納期の早いクルマやキャンセル待ちの情報も得られることもある。まずは気軽に販売店へ問い合わせてみることを強くお勧めする。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:島村 栄二・森山 良雄・茂呂 幸正・SUZUKI]

スズキ/ジムニー
スズキ ジムニーカタログを見る
新車価格:
148.5万円190.3万円
中古価格:
18万円390万円

MOTAおすすめコンテンツ

雨の時期も安心感をもって走れるオールシーズンタイヤ「セルシアス」その実力をテストしてみた[雨の日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ねぶた温泉 海游 能登の庄

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

スズキ ジムニーの最新自動車ニュース/記事

スズキのカタログ情報 スズキ ジムニーのカタログ情報 スズキの中古車検索 スズキ ジムニーの中古車検索 スズキの記事一覧 スズキ ジムニーの記事一覧 スズキのニュース一覧 スズキ ジムニーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる