autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 輸入車コンパクトハッチバック 徹底比較 4ページ目

3台比較 2007/5/25 20:41

輸入車コンパクトハッチバック 徹底比較(4/4)

輸入車コンパクトハッチバック 徹底比較

現時点でのBセグでベストチョイス

走行走行

もともとマニアックなクルマであったプジョーが、理由はわからないが、日本市場において確固たるポジションを築いた。

207は、206の次期モデルとして正常進化の形であり、コンセプトは踏襲しているのだが、ボディサイズが大きくなり、明らかに上級移行した。時代の要請を受けてのことだろうが、今後のBセグのあり方を先んじて示唆したモデルなのだろう。

個性的なルックスであることはいうまでもなく、率直にいって、307よりも全体的に非常によいまとまりを見せる。それでいて、ファミリーユースにも十分に使えるクルマである。

この207もそうであったように、プジョー車のドライブフィールには独特の柔らかさがある。これはフランス車とドイツの大きな違いでもある。ペダル、ハンドル、シフト、乗り心地…など。このテイストが好みという人は、ドイツ車では納得できないはず。それでいて207は、ボディ剛性、足まわりのセッティングなども、欧州車に期待される面はしっかり備えている。現時点の世界のBセグにおけるベストチョイスに成長したように思えるのだ。

購入を躊躇させる部分が小さくなった

走行走行

初代のMINIは、40年以上にわたって、改良こそされたが、モデルチェンジされず生産され続けた。しかし現代のMINIは、わずか5年で次世代に移行したことになる。

このデザインが好きな、あるいはMINIというブランドが好きな人にとっては、従来のままでも、少々の不具合は目をつぶって購入できたかもしれない。しかし、今回のモデルチェンジにより、たとえばスペースユーティリティや、快適性、使い勝手など、クルマとしての普遍性を求めるユーザーにとって、購入を躊躇する部分が減ったと思える。

ただし、ドライブフィールには“過剰演出”と思える部分も見受けられる。そのあたりがもっと洗練されれば、さらにいいクルマになるはずだ。このクルマに、過度に居住性や実用性を求めるのは、違うのではないかと思うところだが、まだまだ洗練されるべき余地はある。

控えめながら日本車では満足出来ない人へ

走行走行

かつてゴルフ2-3あたりのゴルフが日本で受けたのは、日本車にはないオシャレな雰囲気と、持ち前の質実剛健さが受けてのことだったと思える。

しかし今や、フォルクスワーゲンはオーソドックスであることがウリとなり、ゴルフやパサートなどが、メッキのグリルなどを得てキャラを立たせているのに対し、ポロはフェイスリフトを行なったものの、「個性的」であることに期待すると、ポロはあまりその存在ではない。

ただし、クルマとしての完成度は文句なく高いし、日本車には飽き足らず、それでいて、あまり奇抜ではないクルマを好むという人に、ポロは最高の選択肢となるであろう。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

プジョー 207 の関連編集記事

プジョー 207の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

プジョー 207 の関連編集記事をもっと見る

プジョー 207 の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR