【ダイハツ タントグレード比較】価格差30万円の違いは空調機能にあり! 近所中心に使うならベースグレードでも十分

  • 筆者: MOTA編集部 木村 剛大
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
今や日本の軽自動車は新車市場において約4割を占めるほど大きなマーケットとなっている。中でもホンダ N-BOXに代表されるスーパーハイトワゴンが人気を博しているが、実はこの市場を開拓したのはダイハツ タントであった。そこで、今回はタントのベースグレードと最上級モデルの違いをご紹介! 価格差は約30万円あるのだが、主に内装に違いがあるという。
目次[開く][閉じる]
  1. タントは“軽自動車の当たり前”を作った偉大なクルマ
  2. 【外装比較】違うのはフロントグリルの色だけ! ホイールなどは全車共通
  3. 【快適装備比較】最上級グレードは後席パワースライドドアが標準装備。ベースグレードは必要最低限の装備のみ
  4. 【先進装備比較】最大の違いはアダプティブクルーズコントロールにあり! 街中重視ならベースグレードで十分

タントは“軽自動車の当たり前”を作った偉大なクルマ

ダイハツ タントの初代モデルは2003年にデビュー。当時の軽自動車市場はスズキ ワゴンRやダイハツ ムーヴといったハイトワゴンモデルが人気を博しており、タントのような背の高いモデルはほとんど存在しなかった。というのもダイハツ ハイゼットやスズキ エブリイといった軽バンモデルはあったが、タントの様な乗用車モデルは皆無であったのだ。

そんな折に室内も広いとあって初代タントは絶大な支持を集めたのだ。要するに初代タントなくしてはN-BOXやスペーシアといった、今売れ筋のモデルは誕生しなかったかもしれないほど偉大なモデルである。

現行タントは2019年にデビューした4代目モデルはプラットフォームから一新した新世代のタントとしてデビュー。

現行型のタントでは、TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)のダイハツ版にあたるDNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)を初採用し、これまでのネガであった走行性能を大幅に向上させた。2015年に登場した現行プリウスから始まったTNGAも、プラットフォームからトヨタのクルマ造りを全面的に変えたが、現行タントのDNGAも同様に、今後のダイハツのクルマ造りを変えるほど非常に力の入ったモデルなのである。

【外装比較】違うのはフロントグリルの色だけ! ホイールなどは全車共通

タントの歴史はこの辺にして、今回の本題である現行タントのベースグレード「L(134万2000円)」と最上級モデル「Xターボ(164万4500円)」の違いを見ていこう。タントには最も安いLスマートアシスト非装着グレードも存在するが、ここでは先進安全装備スマートアシスト装着モデルに絞って見ていく。

まずエクステリア(外観)の違いはフロントグリルの色にある。ベースグレードであるLはボディ同色なのに対して、それ以上のグレードであるXはブラック塗装となる。ヘッドライトに関しては全グレードでLEDライトを装備しているので、大きな違いは先のフロントグリル程度である。

【快適装備比較】最上級グレードは後席パワースライドドアが標準装備。ベースグレードは必要最低限の装備のみ

続いて内装と快適装備を見ていこう。タントなどリアがスライドドアのモデルで是非欲しい機能がパワースライドドアだ。じつはベースグレードのLには左右どちらも設定がないのだった。最上級グレードのXターボは左側が標準、右側に関しては別途5万5000円のメーカーオプションとなる。パワースライドドアが欲しいならばベースグレードはオプション設定すらないため、注意が必要だ。

そして空調機能にも違いがあり、ベースグレードのエアコンはマニュアル式であるが、X以上を選べばオートエアコンとなる点も見逃せない。さらに言えば冬場に嬉しい後席の足元を暖めてくれるヒーターダクトもベースグレードに設定がないという点も注意が必要である。ちなみに夏場、日差しの強い日に嬉しい後席用のサンシェードは全車標準装備である。

ナビなどのオーディオは全車オプションとなっているため違いはないが、X以上を選ぶと運転席にUSBポートがひとつ用意されているのは嬉しいポイントだ。

【先進装備比較】最大の違いはアダプティブクルーズコントロールにあり! 街中重視ならベースグレードで十分

最後に先進安全装備を見ていこう。冒頭にも述べた通り、Lスマートアシスト非装着車を選ばない限り、スマートアシストなる先進装備は全車標準装備となっている。衝突被害軽減ブレーキはもちろん、車線逸脱警報や駐車時に嬉しいコーナーセンサーまでもが全車に搭載されているのは嬉しいポイントである。

ベースグレードと最上級モデルの最大の違いはアダプティブクルーズコントロールにあり、最上級モデルには標準装備となっている。ホンダ N-BOXは全車標準となっている機能であるが、タントに関してはターボモデルのみ搭載となっており、長距離移動が多いユーザーは自ずとターボモデルを選ぶ必要があるのだ。

必要十分なベースグレード! 長距離移動が多いなら最上級グレードを

今回は現行タントのベースモデルと最上級モデルの違いを見てきたが、市街地中心に使うユーザーであれば大きな差がないという結果であった。もちろん後席の快適性をアップしたいならばX以上をお勧めするが、ベースグレードのLも選択肢として大いにアリである。

いまタントの購入を検討している方は、この記事を参考にディーラーでチェックして欲しい。

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

ダイハツ/タント
ダイハツ タントカタログを見る
新車価格:
124.3万円200.2万円
中古価格:
6万円1,121.7万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者MOTA編集部 木村 剛大
監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 奥湯河原 結唯 -YUI-

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

ダイハツ タントの最新自動車ニュース/記事

ダイハツのカタログ情報 ダイハツ タントのカタログ情報 ダイハツの中古車検索 ダイハツ タントの中古車検索 ダイハツの記事一覧 ダイハツ タントの記事一覧 ダイハツのニュース一覧 ダイハツ タントのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる