ダイハツ 新型タント試乗|走り&先進安全装備はクラストップレベル! N-BOXから首位奪還なるか?(2/2)

画像ギャラリーはこちら

軽初の先進安全装備も! 自動駐車機能だって搭載するほど本気

さらに今、軽自動車でも見逃せなくなってきたのが安全系の装備。

タントではもちろん、最新世代のものが数多く搭載された。予防安全機能については従来7機能に加えて新たに3機能、運転支援機能についてはスマートアシストプラス全5機能で合計15機能が搭載された。

音声ガイダンスでメカオンチでも楽々操作

なかでも軽自動車初搭載のモノを2つ、紹介しておきたいと思う。

まず駐車支援技術「スマートパノラマパーキングアシスト」。テストをさせていただいたが、どちらもかなりシンプルな操作感が魅力。使い方を音声と画面で教えてくれるのもイイ。慣れればかなり使える技術だ。

つぎにハイビーム/ロービームを対向車の接近などに合わせて自動的に切り替えてくれる「アダプティブドライビングビーム」。欧州系高級車に搭載されている技術でもある。コーナリングランプも制御されるので、自動的に照射範囲が広がっていて、後方も見えやすくなっているのだとか。

いやはや、軽自動車、やっぱりスゴイ。輸入プレミアムだって、なかなかここまで備えられていないもの。

シニアの意見をそのまま反映! みんなにやさしい1台に

さらに今回、その凄さを実感したのが、シニア世代向けの介護までもを見越した装備のオプションが、本当に豊富に用意されていることだ。

実際に施設などに開発車両を持ち込み、グリップの持ちやすさや握りやすさ、体重移動のしやすさなどを徹底的にテストした福祉装備たちの数の多さ、きめの細やかさは多分、世界トップレベルだと感じた。

これこそ、プラットフォーム刷新のタイミングだからこそ、直接フレームに付けられるものを設計したり、またお得な価格設定ができたり、と、DNGAの恩恵を受けているのも素晴らしいと感じた次第だ。

これマジで軽? ってほどの走りに驚愕

さて一般公道の走りだが、これらもプラットフォームの良さが際立つものであった。

特に試乗シーンとなった千葉県では大型トラックの通行が多いため、轍など路面の荒れが頻発するのだが、それらへの収束が見事なのだ。

前輪は前輪で、後輪は後輪で、それぞれギャップをしっかりと吸収していなすので、車内がボワンボワンと揺り返さない。フレームがしっかりしたおかげで、サスペンションが自分の役割を正しく全うしているのだ。

さらにその印象はタントカスタムのほうが一歩上を行くフィーリングを得たのだが、実はサスペンションこそ同じだけれど、タントカスタムには低フリクション仕様のいいアブソーバーが入っているのだという。ちなみにタントは14インチ、タントカスタムは15インチが装着されるが、タイヤサイズ以上のこのアブソーバーが良いお仕事をしてくれるので、サイズアップに対する乗り心地への心配は御無用だ。

今や若い子育て世代だけではなく、シニアのダウンサイザーにも訴求する新型タント。誰もに優しいクルマを作れば平均点のクルマが出来がちなところだが、新型タントは平均点はおろか総合得点の高さで顧客の心を掴むはずだ。

[筆者:今井 優杏/撮影:小林 岳夫]

ダイハツ 新型タント 主要スペック
グレード名
X
カスタムRS
価格[消費税込]
1,463,400円
1,749,600円
全長
3,395mm
全幅
1,475mm
全高
1,755mm
ホイールベース
2,460mm
駆動方式
FF(前2輪駆動)
車両重量
900kg
920kg
乗車定員
4名
エンジン種類
水冷直列3気筒
12バルブDOHC横置
水冷直列3気筒
12バルブDOHC
インタークーラーターボ
横置
総排気量
658cc
エンジン最高出力
38kW(52PS)/6,900rpm
47kW(64PS)/6,400rpm
エンジン最大トルク
60Nm(6.1kg・m)/3,600rpm
100Nm(10.2kg・m)/3,600rpm
トランスミッション
CVT
使用燃料
無鉛レギュラーガソリン
JC08モード燃費
27.2km/L
25.2km/L
WLTCモード燃費
21.2km/L
20.0km/L
WLTC
市街地モード燃費
18.4km/L
17.5km/L
WLTC
郊外モード燃費
22.8km/L
21.4km/L
WLTC
高速モード燃費
21.6km/L
20.4km/L
前へ 1 2

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
今井 優杏
筆者今井 優杏

自動車ジャーナリストとして、新車や乗用車に関する記事を自動車専門誌、WEBメディア、一般ファッション誌などに寄稿しながら、サーキットやイベント会場ではモータースポーツMCとしてマイクを握り、自動車/ モータースポーツの楽しさ・素晴らしさを伝える活動を精力的に行う。近年、大型自動二輪免許を取得後、自動二輪雑誌に寄稿するなど活動の場を自動二輪にも拡げている。AJAJ・日本自動車ジャーナリスト協会会員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ABBA RESORTS IZU - 坐漁荘
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

ダイハツ タントの最新自動車ニュース/記事

ダイハツのカタログ情報 ダイハツ タントのカタログ情報 ダイハツの中古車検索 ダイハツ タントの中古車検索 ダイハツの記事一覧 ダイハツ タントの記事一覧 ダイハツのニュース一覧 ダイハツ タントのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる