MOTAトップ 記事・レポート 新車情報 試乗レポート シトロエン 新型C3 海外試乗/C4カクタスを想わせる超個性派フォルムに大変身 2ページ目

試乗レポート 2016/11/4 10:41

シトロエン 新型C3 海外試乗/C4カクタスを想わせる超個性派フォルムに大変身(2/2)

関連: シトロエン C3 Text: 森口 将之 Photo: プジョーシトロエンジャポン
シトロエン 新型C3 海外試乗/C4カクタスを想わせる超個性派フォルムに大変身

見どころいっぱい! フランスらしいセンスあふれるインテリア

シトロエン新型C3海外試乗レポート/森口将之シトロエン新型C3海外試乗レポート/森口将之

インテリアもなかなか見どころが多い。ステアリングのスポークやエアコンのルーバーなど、各所にエアバンプ由来の長方形を取り入れていて、シートやドアトリムの造形はC4カクタスに似ている。ここでもマニフェストに沿ったデザインを取り入れているのだ。

その空間を引き立てるのが4タイプのカラーコーディネイト。赤いアクセントを入れたビビッドなスタイルから、キャメルのレザーを生かしたドレッシーな仕立てまで、選択の幅がとても広い。

>>シトロエン3代目 新型C3 フォトギャラリー

前席は現行型ほどフッカリはしていないけれど、1日100km以上を一気に走破しても疲れ知らずの優れモノであることは変わらない。全長4m以内をキープしつつホイールベースを伸ばしたおかげで、後席はこのクラスの欧州車としては余裕があり、身長170cmの僕なら楽に過ごせる。

その後ろにある荷室は300リットルと、相変わらず広いスペースを持つ。大胆な姿をしておいて、実用性にもしっかりこだわるあたり、さすがフレンチコンパクトだ。

シトロエン新型C3海外試乗レポート/森口将之シトロエン新型C3海外試乗レポート/森口将之シトロエン新型C3海外試乗レポート/森口将之シトロエン新型C3海外試乗レポート/森口将之シトロエン新型C3海外試乗レポート/森口将之

日本には1.2リッター直噴ガソリンターボ+6ATの組み合わせを導入か

シトロエン新型C3海外試乗レポート/森口将之シトロエン新型C3海外試乗レポート/森口将之

エンジンは1.2リッター3気筒ガソリンと1.6リッター4気筒ディーゼルがあり、今回乗ったのはガソリンだった。自然吸気82psに5速MTと、ターボ110psに6速ATの組み合わせをドライブした。日本へは来年、C4でもおなじみの後者が輸入されるのではないかと予想している。

そこでこちらに絞って報告していくと、ひとまわり大きく重いC4のボディを過不足なく走らせるほどなので、加速には不満なし。トルコンならではの滑らかな走行感がシトロエンのブランドイメージに似合っているし、アクセルを大きく踏み込んだ時の3気筒サウンドは、昔の2CVの空冷フラットツインの響きを思い出させる。

これまでの日本仕様C3は、トランスミッションが4速のATだったり、シングルクラッチ方式の5速2ペダルMTだったりして、トレンドに乗り切れていない部分があった。それを理由に泣く泣く購入対象から外した人がいるかもしれない。でも今度は大丈夫。日本ではデザインと同じぐらい、パワートレインのアップデートがトピックになりそうだ。

シトロエン新型C3海外試乗レポート/森口将之

ホイール/タイヤは自然吸気が16、ターボが17インチで、もちろん前者のほうがまろやかだが、ターボの17インチでもシトロエンであることを実感する優しさは伝わってくる。

身のこなしはクイックではないけれどナチュラルで、こちらもブランドイメージに合っている。

カメラやGPSを内蔵した愉しい仕掛け、コネクテッドカムにも注目

シトロエン新型C3海外試乗レポート/森口将之[コネクテッドカム 動作イメージ]
シトロエン新型C3海外試乗レポート/森口将之シトロエン新型C3海外試乗レポート/森口将之

そしてもうひとつ、新型で報告しておきたいのが、コネクテッドカムと呼ばれる装備。

ルームミラーにカメラやGPSが内蔵され、写真や動画が撮れるだけでなく、自動的にSNSにアップもしてくれる。もちろん非常時にはドライブレコーダーの役目も果たしてくれる。

僕も試したけれど、操作はルームミラーの下にあるスイッチを押すだけ。

美しい景色をリアルタイムで友だちに写真や動画を見てもらえる。このコネクテッドカムがそのまま日本仕様にも搭載されたら、オーナーはインターネット上で注目を集めること間違いなしだ。

シトロエン伝統の独創性は今も根付いている

シトロエン新型C3海外試乗レポート/森口将之

最新テクノロジーを安全性能や環境性能だけでなく、遊び心あふれるアイテムとして提供したところがフランス車らしいし、シトロエン伝統の独創性が手段を変えて受け継がれていると理解した。

しかも新型は、多くの日本のユーザーが満足できるパワートレインを手に入れた。それでこのカタチである。今年日本へ導入を始めたルノー トゥインゴに続く、注目のフレンチコンパクトになりそうだ。

[レポート:森口将之/Photo:プジョーシトロエンジャポン]

>>シトロエン3代目 新型C3 フォトギャラリー

CITROEN C3[FF/PureTech 110 S&S] 主要諸元(欧州値)

シトロエン新型C3海外試乗レポート/森口将之

全長x全幅x全高:3996x1829x1474mm/ホイールベース:2540mm/車両重量:1050kg/駆動方式:前輪駆動(FF)/エンジン種類:直列3気筒 PureTech ターボチャージャー付 ガソリン直噴エンジン/総排気量:1199cc/最高出力:81kW/5500rpm/最大トルク:205Nm/1500rpm/トランスミッション:5速マニュアルトランスミッション

シトロエン新型C3海外試乗レポート/森口将之シトロエン新型C3海外試乗レポート/森口将之シトロエン新型C3海外試乗レポート/森口将之シトロエン新型C3海外試乗レポート/森口将之シトロエン新型C3海外試乗レポート/森口将之
シトロエン新型C3海外試乗レポート/森口将之シトロエン新型C3海外試乗レポート/森口将之シトロエン新型C3海外試乗レポート/森口将之シトロエン新型C3海外試乗レポート/森口将之シトロエン新型C3海外試乗レポート/森口将之
筆者: 森口 将之

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

シトロエン C3 の関連編集記事

シトロエン C3の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

シトロエン C3 の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR