ベントレー ベンテイガ V8・コンチネンタル GT コンバーチブル 試乗|真夏の夜の夢 2019(4/4)

  • 筆者: 今井 優杏
  • カメラマン:小林 岳夫/取材協力:うかい鳥山
画像ギャラリーはこちら

やさしさに包まれたなら

そんな切なさ満開の我々の前に、ドドンと鎮座ましますのは復路に選んだコンチネンタル GT コンバーチブルだ。

絶句。絶句なんである。

美しすぎる。

昨年11月末に発表され、日本においても一番新しいベントレーとなるのがコレだ。第3世代に進化し、流麗なスタイリングで登場したエクステリアはもとより、内装には胸が震えた。

ベントレーは先進と伝統を組み合わせるのがとても巧い。オープンルーフのために他人目にも触れることが多いコンバーチブルだから、その作り込みにはさらに精緻を極めている。驚くべき完成度の高さだ。

12.3インチのデジタルインターフェースの採用により、内装にも先進感が与えられたのだが、なんとボタンひとつでくるりと回転し、ウッドパネルでディスプレイを隠す事も出来る。1台に使用される木材は10平方メートル以上なのだとか。希少なウッドも多用し、妥協なき世界観を作り上げている。

レザークラフトもまた、ベントレーらしい“手仕事”の丁寧さが散りばめられたものだ。シートだけでなく、ドアパネルの内側の色のあしらい方などは、モード的ですらある。

もちろん、ルーフを開けて乗り込んだ。走り出しは山道から。決してフラットと言えない路面で、やはり唸らせられるのは剛性の高さだ。心臓部は6.0リッターW12 TSIエンジン。最大出力635ps、最大トルク900Nm(!)、0-100km/h 加速は3.8秒と、レーシングカーと見まごうほどの数字が並ぶ。しかし、オープンカーなのだ。これほどのエンジンを抱いてなお、屋根を開けて走らせるなんて、どこかになにかしらの振動やガタつきが出てもいっこも不思議じゃない。

しかし、コンチネンタルGTコンバーチブルのエレガントなこと! 0km/hから走り出すときの淑やかな印象は、山道に走り出しても翻らない。

こちらにもベンテイガ V8と同じく、48Vのアンチロールコントロールが採用されている。各アクスルのアンチロールバーにある電子アクチュエーターを制御・調整してハンドリングと乗り心地を向上させる、というもので、コレも山道でのコーナリングに貢献していることに疑いようはない。さらにダンパーを調整する連続可変ダンピングコントロールも効果を現している。しかし、注目したいのはこのシステムがしっかり快適に動作する大元、堅牢なボディなのだ。今回、シャシーも最新式に変更され、20%の軽量化とともに5%の剛性アップも実現している…なんていうのを見なくとも、何回も言うけどオープンカーでこのカッチリさは、本当にマーベラス、としか言いようがない。なんでこんなクルマが作れるのかと英国・クルーに行って、マイスターの肩の一つでも叩きたくなるほどだ。

高速走行になると、さらにそのかっちりとしつつもしなやかな走りが際立つ。風の巻き込みもほぼ気にならない…のだが、もう巻き込むとか巻き込まないとかどうでも良くなってしまうほどに高揚感のあるハンドリングなのだ。しっとりと路面を捉えつつ、かつ再加速の際にはW12がワイルドに、アメとムチ的な二面性を常に見せ続けてくれることに、完全に魅了された。

ちなみにルーフは50km/h以下であれば19秒でクローズする。

閉めれば完全にクーペと変わらない、気密性の高い室内が現れるのだ。吐息さえ聞こえるほどの。

2台のキャラクターの違うベントレーに感じたのは、飽くなきラグジュアリーへの追求だ。選ばれたものにしか開かれていない扉だとしても、ここに向かって走りたくなるような魅力…いやもう魔力と言ってもいいのかもしれない。セレブを虜にするある一端を垣間見て、人生って果てしないなぁとコンバーチブルから流れる夜景を見つつ、T編集長とともに帰路についた我々であった。顧客平均の53歳までがんばったら、たどり着けるかな?

[筆者:今井 優杏/撮影:小林 岳夫/取材協力:うかい鳥山]

コンチネンタル GT コンバーチブル / ベントレー ベンテイガ V8 主要スペック比較表
車種名コンチネンタルGT
コンバーチブル
ベンテイガ
グレード名6.0 4WD ATV8 4WD AT
価格(消費税8%込み)28,317,600円20,044,800円
全長×全幅×全高4820mm×1945mm×1400mm5140mm×1998mm×1742mm
ホイールベース2745mm2995mm
駆動方式4WD4WD
車両重量2530kg2388kg
乗車定員4名5名
エンジン種類W型 12気筒 DOHCV型 8気筒 DOHC
総排気量5998cc3996cc
エンジン最高出力434kW(590PS)/6000rpm404kW(550PS)/6000rpm
エンジン最大トルク720Nm(73.5kg・m)/1700rpm770Nm(78.5kg・m)/1960rpm
トランスミッション8速AT8速AT
使用燃料ハイオクハイオク
タイヤサイズ前:265/40ZR21
後:305/35ZR21
285/45ZR21(標準仕様)
ベントレー/ベンテイガ
ベントレー ベンテイガカタログを見る
新車価格:
2,031.5万円2,837.6万円
中古価格:
1,963万円2,700万円
ベントレー/コンチネンタルGTコンバーチブル
ベントレー コンチネンタルGTコンバーチブルカタログを見る
新車価格:
2,413.9万円2,984.3万円
中古価格:
1,305万円3,719.7万円
ベントレー/コンチネンタルGT
ベントレー コンチネンタルGTカタログを見る
新車価格:
2,615.6万円2,615.6万円
中古価格:
299万円3,080万円
前へ 1 2 3 4
この記事の画像ギャラリーはこちら
今井 優杏
筆者今井 優杏

自動車ジャーナリストとして、新車や乗用車に関する記事を自動車専門誌、WEBメディア、一般ファッション誌などに寄稿しながら、サーキットやイベント会場ではモータースポーツMCとしてマイクを握り、自動車/ モータースポーツの楽しさ・素晴らしさを伝える活動を精力的に行う。近年、大型自動二輪免許を取得後、自動二輪雑誌に寄稿するなど活動の場を自動二輪にも拡げている。AJAJ・日本自動車ジャーナリスト協会会員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 箱根吟遊
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

ベントレー ベンテイガの最新自動車ニュース/記事

ベントレーのカタログ情報 ベントレー ベンテイガのカタログ情報 ベントレーの中古車検索 ベントレー ベンテイガの中古車検索 ベントレーの記事一覧 ベントレー ベンテイガの記事一覧 ベントレーのニュース一覧 ベントレー ベンテイガのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる