元整備士イチオシ! パパ・ママ友に200万円台で“ドヤれる外車”【ダディ×マミー】

画像ギャラリーはこちら
今回ばかりは最初に、筆者の本音をお伝えします。予算200万円台で購入できるいわゆる初期型Q5は、故障しやすい車種の筆頭と言ってもいいかもしれません。

ですが、なぜわざわざ皆さんにご紹介するのか? という点に注目して読み進めていただければ幸いです。

目次[開く][閉じる]
  1. 最後発のプレミアム ミッドサイズSUV Q5
  2. アウディ Q5の3つのドヤポイント
  3. アウディ Q5を買うなら注意してほしいポイント

最後発のプレミアム ミッドサイズSUV Q5

ミッドサイズSUVであるアウディ Q5は、エンジンを縦置に置くFF(前輪駆動)用プラットフォームを使用(MLBプラットフォーム)し、2008年にデビューしました。

今回ご紹介する初代Q5の日本導入モデルは、2.0リッター直列4気筒ターボのTFSIと、3.2リッターV型6気筒FSI(後に3.0リッターTFSIに変更)。

また2013年には、2.0リッターTFSIに出力40kW(54ps)・210Nmを発生する電気モーター組み合わせた、Q5 hybrid quattroも導入されました。

アウディ Q5の3つのドヤポイント

ドヤポイント その1:誰が見ても分かる“アウディ顔”

メルセデス・ベンツのスリーポインテッドスターやBMWのキドニーグリルのように、そのブランドを象徴するアイコンは非常に大切です。

そういった観点で言えば、シングルフレームの大型グリルを持った押し出し感の強い顔つきはインパクト抜群。

またドイツ車らしいギュッと塊感のあるフォルムも美しく、所有欲を十分に満たしてくれることでしょう。

お仕事を頑張るパパさんにおすすめ!

「車は見た目じゃなく中身だ!」というご意見はさて置き、その車の印象や見た目は非常に大切な要素です。

家の駐車場はもちろん、ショッピングセンターに駐車しているとき、だれが見てもアウディと分かることに一定の価値があります。

“ザ・アウディ”と分かる存在感は、お仕事を頑張って買ったという満足感を得ることができますよ。

ドヤポイント その2:スタイリッシュで日本にちょうどいいサイズ感

アウディ Q5のサイズは、全長4630mm×全幅1900mm×全高1650mm。全幅が1700mmを超える、いわゆる「3ナンバー=大きい車」というのは過去の話。

国内外問わず、近年発売されるミッドクラスSUVでは、1800mmまでは標準的な横幅です。そして全長は4.7mを切っているため、意外と取り回しはしやすく、ショッピングセンターやコンビニの駐車場でもそれほど苦労することはありません。

▼現行Q5の乗り心地・使い勝手をチェック!

カッコいい車が好きなパパさんにおすすめ!

SUVの魅力のひとつに、「堂々した存在感」があります。

とは言え、兄貴分のQ7(全長5m超え!)では大きすぎますし、弟分のQ3は可愛すぎ…。そう、Q5は適度な存在感と利便性を兼ね備えたちょうどいいサイズです。

また全高は1650mmと、同クラスのライバルと比べてやや低く、スタイリッシュでカッコいいプロポーションに仕上がっています。

ドヤポイント その3:後席のシートアレンジが多彩

せっかくSUVを買うのであれば、日々の買い物だけでなく、キャンプをはじめとしたレジャーでの使い勝手は樹脂したいところ。

その点、輸入車に珍しくQ5のリアシートは、前後100mmスライドと30°のリクライニングもできます。

さらに背もたれは40:20:40の3分割可倒式なので、状況に応じたアレンジも可能。シートバックも片手操作で簡単に倒すことができ、とにかくかゆいところに手が届く日本車のような気の利いた仕上がりになっています。

▼Q5とレクサスNX どちらがおすすめ?

家事も遊びも全力投球なママさんにおすすめ!

用途に合わせて複数車を持てれば最高ですが、私たちのような一般庶民にはなかなか難しいところです。

しかしオフロードからオンロード、買い物からレジャーまで、まさしくクロスオーバーに活躍するQ5なら、様々な用途に1台で答えてくれます。

アウディ Q5を買うなら注意してほしいポイント

冒頭でもお話ししましたが、Q5に限らず筆者が実際に整備の現場で感じていた印象は「2015年くらいまでのアウディはよく壊れるな…」というものでした。

もちろん工業製品である以上個体差はありますし、7速のSトロニックはかなり癖が強く、乗り方を間違えるとその癖が悪化し修理が必要になるケースがあるなど、あまり良い印象はありません。

ですが本当にこのスタイリングと乗り味、そして雰囲気は、そんなリスクを負ってでも手に入れたいQ5ならではの大きな魅力なのです。

もし、それでもアウディ Q5をお得に、そして安心して乗りたいという方は、できるだけ高年式の個体を探しましょう。

250万円の予算でも十分2017年式を狙えますし、もう少し余裕があるなら、2017年式以降の現行型だって狙えます。

▼中古車を買うときに見るべき・注意すべきポイントとは

群雄割拠のミッドサイズSUV! あなたならどれを選ぶ?

激戦区と言われるミッドサイズSUVは、今回ご紹介したQ5のほか、前回のBMW X3やメルセデス・ベンツ GLK、国産車では話題の新型ハリアー(まさに今日!?)やRAV4 PHVがサイズ的には同カテゴリに属します。

まさに群雄割拠、映画で言えばエース級のヒーローがわんさか登場する“アベンジャーズ”のような様相です。

どの車種もメーカーが力を注いで開発したモデルであるため、甲乙つけがたいというのが正直なところ。

なのでデザインや乗り味、さらにその車種が持つ歴史的背景などを吟味して、自分の感性にピンとくる1台を探してみてはいかがでしょうか。

[筆者:増田 真吾]

毎週水曜日はダディ×マミー!

当企画では、「〜万円以下でパパ・ママ友にドヤれる外車」をテーマに、選定した外車(中古車/MOTA調べ)の魅力を「ドヤポイント」と称して、サクッと紹介していきます。

次の更新は6月24日(水)。次回もお楽しみにー!

手短にドヤ車をチェック! ダディ×マミーまとめ

最新記事TOP3

寝ながらマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。

鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝ながらマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし!

簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる2社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

アウディ/Q5
アウディ Q5カタログを見る
新車価格:
649万円776万円
中古価格:
88万円660.5万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
増田 真吾
筆者増田 真吾

和太鼓とROCKを愛する自動車ライター。国産車ディーラー、車検工場でおよそ15年自動車整備士として勤務したのち、大手中古車販売店の本部業務を経験。その後、急転直下で独立しフリーの自動車ライターに転身。国家資格整備士と自動車検査員資格を保有し、レースから整備、車検、中古車、そしてメカニカルな分野まで幅広い知見を持つ。昔の彼女が付けた肩書は「熱血太鼓車バカ」。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 松濤館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

アウディ Q5の最新自動車ニュース/記事

アウディのカタログ情報 アウディ Q5のカタログ情報 アウディの中古車検索 アウディ Q5の中古車検索 アウディの記事一覧 アウディ Q5の記事一覧 アウディのニュース一覧 アウディ Q5のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる