【試乗】アウディ 新型 A8 ・A8L[2014年モデル] 試乗レポート/大谷達也(1/4)

【試乗】アウディ 新型 A8 ・A8L[2014年モデル] 試乗レポート/大谷達也
新型 Audi A8 L 4.0 TFSI quattro(左)/新型 Audi A8 3.0 TFSI quattro(右) 新型 アウディ A8 3.0 TFSI クワトロ[ボディカラー:フロレットシルバーメタリック/インテリアカラー:ベルベットベージュ] 新型 アウディ A8 3.0 TFSI クワトロ[ボディカラー:フロレットシルバーメタリック/インテリアカラー:ベルベットベージュ] 新型 アウディ A8 3.0 TFSI クワトロ[ボディカラー:フロレットシルバーメタリック/インテリアカラー:ベルベットベージュ] 画像ギャラリーはこちら

ビッグマイナーチェンジでさらに個性を際立たせた新型A8

新型 アウディ A8 3.0 TFSI クワトロ[ボディカラー:フロレットシルバーメタリック/インテリアカラー:ベルベットベージュ]新型 アウディ A8 L 4.0 TFSI クワトロ[ボディカラー:ハバナブラックメタリック/インテリアカラー:マーブルグレー]

アウディのフラッグシップサルーン“A8”がビッグマイナーチェンジされたので、早速試乗してきました。

A8のライバルといえばメルセデス・ベンツSクラスやBMW7シリーズなど。つまり価格は1000万円コースがスタート地点で、上級モデルになればすぐに2000万円の大台が見えてくる世界です。それだけに、このクラスにもなるともはや単なる移動の道具ではなく、乗る人の社会的なステータスやセンス、世界観まで表しているような気がします。その意味では“高級車の世界共通言語”になっているSクラスは非常に安心感のある選択肢。「私はセレブリティです」ということをクルマ自身が語ってくれるから、乗り手があれこれ心配する必要がないともいえます。

でも、裏を返せば、クルマを見る世間の目が固まっているだけに、自分がこれまでどんなことをしてきた人で、どういうことが好みかを主張するのに、Sクラスは少し難しいクルマといえるかもしれません。つまり、自分の個性を強く主張したい方には、もうちょっと別の選択肢があるかもしれないということ。アウディA8は、そんなふうに考える人にこそお勧めの高級セダンかもしれません。

力強さの裏にある気品と知性

新型 アウディ A8 3.0 TFSI クワトロ[ボディカラー:フロレットシルバーメタリック/インテリアカラー:ベルベットベージュ]新型 アウディ A8 3.0 TFSI クワトロ[ボディカラー:フロレットシルバーメタリック/インテリアカラー:ベルベットベージュ]

まずはデザインが魅力的ですよね。直線基調でシンプルなアウディのデザインは、男性的な力強さがあるいっぽうで、気品や知性も感じられます。ファッションにたとえるなら、プレスがビシッと利いた仕立てのいいビジネススーツのよう。メルセデスにも最近は美しいデザインが増えていますが、アウディに比較するとやや女性的で、優雅な飾りのついたイブニングドレスのように見えます。アウディとはテイストがかなり違っていますね。

マイナーチェンジされたA8では、このシャープさ、折り目正しさにさらに磨きがかかって、1台のクルマとしてのデザインがより完成の域に近づいたような気がします。

中でも最大のポイントとなっているのが、「Audi マトリックスLEDヘッドライト」(3.0リッターモデルにはオプション)という、まったく新しい方式を採用したヘッドライトです。

[次ページへ続く]

1 2 3 4 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
大谷 達也
筆者大谷 達也

1961年、神奈川県生まれ。エンジニア職を経験後、1990年二玄社に就職し、CG編集部に配属となる。以来、20年間にわたり同誌の新車情報、モータースポーツに関する記事を企画・編集・執筆。2010年3月フリーランスとなる。現在もCGの編集・執筆業務に携わる傍ら、ENGINE、GENROQ、東京中日スポーツ新聞、レーシングオンなどにも寄稿。日本モータースポーツ記者会会員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 三平荘
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

アウディ A8の最新自動車ニュース/記事

アウディのカタログ情報 アウディ A8のカタログ情報 アウディの中古車検索 アウディ A8の中古車検索 アウディの記事一覧 アウディ A8の記事一覧 アウディのニュース一覧 アウディ A8のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる