MOTAトップ 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 【試乗】アウディ 新型 A8 ・A8L[2014年モデル] 試乗レポート/大谷達也

試乗レポート 2014/4/1 09:32

【試乗】アウディ 新型 A8 ・A8L[2014年モデル] 試乗レポート/大谷達也(1/4)

関連: アウディ A8 , アウディ S8 Text: 大谷 達也 Photo: 和田清志
【試乗】アウディ 新型 A8 ・A8L[2014年モデル] 試乗レポート/大谷達也

ビッグマイナーチェンジでさらに個性を際立たせた新型A8

新型 アウディ A8 3.0 TFSI クワトロ[ボディカラー:フロレットシルバーメタリック/インテリアカラー:ベルベットベージュ]新型 アウディ A8 L 4.0 TFSI クワトロ[ボディカラー:ハバナブラックメタリック/インテリアカラー:マーブルグレー]

アウディのフラッグシップサルーン“A8”がビッグマイナーチェンジされたので、早速試乗してきました。

A8のライバルといえばメルセデス・ベンツSクラスやBMW7シリーズなど。つまり価格は1000万円コースがスタート地点で、上級モデルになればすぐに2000万円の大台が見えてくる世界です。それだけに、このクラスにもなるともはや単なる移動の道具ではなく、乗る人の社会的なステータスやセンス、世界観まで表しているような気がします。その意味では“高級車の世界共通言語”になっているSクラスは非常に安心感のある選択肢。「私はセレブリティです」ということをクルマ自身が語ってくれるから、乗り手があれこれ心配する必要がないともいえます。

でも、裏を返せば、クルマを見る世間の目が固まっているだけに、自分がこれまでどんなことをしてきた人で、どういうことが好みかを主張するのに、Sクラスは少し難しいクルマといえるかもしれません。つまり、自分の個性を強く主張したい方には、もうちょっと別の選択肢があるかもしれないということ。アウディA8は、そんなふうに考える人にこそお勧めの高級セダンかもしれません。

力強さの裏にある気品と知性

新型 アウディ A8 3.0 TFSI クワトロ[ボディカラー:フロレットシルバーメタリック/インテリアカラー:ベルベットベージュ]新型 アウディ A8 3.0 TFSI クワトロ[ボディカラー:フロレットシルバーメタリック/インテリアカラー:ベルベットベージュ]

まずはデザインが魅力的ですよね。直線基調でシンプルなアウディのデザインは、男性的な力強さがあるいっぽうで、気品や知性も感じられます。ファッションにたとえるなら、プレスがビシッと利いた仕立てのいいビジネススーツのよう。メルセデスにも最近は美しいデザインが増えていますが、アウディに比較するとやや女性的で、優雅な飾りのついたイブニングドレスのように見えます。アウディとはテイストがかなり違っていますね。

マイナーチェンジされたA8では、このシャープさ、折り目正しさにさらに磨きがかかって、1台のクルマとしてのデザインがより完成の域に近づいたような気がします。

中でも最大のポイントとなっているのが、「Audi マトリックスLEDヘッドライト」(3.0リッターモデルにはオプション)という、まったく新しい方式を採用したヘッドライトです。

[次ページへ続く]

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

アウディ A8 の関連編集記事

アウディ A8の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ A8 の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR