アウディ 新型A7 Sportback&新型A8 試乗| アウディらしい軽快な走りに、EV時代への序章を感じさせる麗しのスポーツバックとフラグシップセダン(2/2)

画像ギャラリーはこちら

新型A7 Sportbackに足りなかった質感の高さを備えた新型A8

新型A7 Sportbackの後に乗ったせいもあるけれど、新型A8はアウディのフラグシップセダンを名乗るに相応しいでき映えだった。アーキテクチャー的には新型A7 Sportbackとまったく同じ。ダイナミックオールホイールステアリングを駆使して5170mmの巨体をスムーズに走らせ、4リッターV8(460ps/660Nm)、3リッターV6(340ps/500Nm)ともにマイルドハイブリッドシステム(MHEV)を搭載している。

インテリアの設えも、新型A7 Sportbackと共通である。いやむしろこれは、新型A8のシステムが新型A7 Sportbackに投下されたというべきか。

では新型A8がどこでヒエラルキー差を見せつけているのかといえば、それは新型A7 Sportbackで僅かに不足と感じた質感においてだ。

アルミニウムを基軸にスチール、マグネシウム、そしてカーボンで作り上げられたセダンボディは剛性感が高く、その乗り味には落ち着きがある。その重量は2040kgまで抑えられており、ねじり剛性に関しては先代比で24%も向上しているのだという。

ドイツ三強らしいハンドリング性能

エアサスの制御も見事だ。フワフワとしたバウンスを残すことでエアサス付きのプレミアム性をアピールするのではなく、あくまで最適な乗り心地とスタビリティを両立するための最適な手段としてこれを選んでいる。「あ、エアサスなのか。どうりで乗り心地がよいわけだ」という具合である。

基本的に精緻なハンドリングはメルセデス・ベンツよりも若々しい反応の速さがあり、クワトロ4WDの接地感はBMWよりも腰の据わった直進安定性を言葉少なに保証している。

ドイツ三強は、お互いにライバルを横目で見ながらも他を真似ない姿勢が共感できる。つまりオーソドックス派ならメルセデス・ベンツ Sクラス、軽快さを大事にするならBMW 7シリーズ。そしてその中間を行くのがアウディだと思う。

新型A8は若さがあるのに攻めが足りない!?保守的な印象を与えたポイントは?

ただし新型A8には(新型A7 Sportbackもだが)、かつてアウディが持っていた冷酷なまでの機械っぷりがなくなった。矢のような直進性や、大地に張り付くような駆動感だ。あの融通の利かない冷徹さが薄らいだのは少し寂しくもあり、同時に彼らが次のフェイズへ移行しようとしているのではないかと思えた。

また若さがあるのに、ルックスも少し保守的に過ぎると感じた。せっかく若さがあるのだから、新型A7 Sportbackのトランク版(ややこしい!)でよいのではないか。

特に上級パワーユニットである4リッターV8 TFSIの穏やかな出力特性は、こうした印象に拍車を掛けた。どこからでも豊潤なトルクと4WDのダッシュ力が快適な出足を実現し、そのままアクセルを踏み倒せばハイパーセダンの超高速巡航を可能にする。

しかしこれまで感じていたTFSIユニットの、そしてアウディ製V8ユニットのキレと凶暴性のあるブースト感やメリハリが薄い。これだと、もうジェイソン・ステイサムは乗ってくれないのではないだろうか?

冗談はともかく、このまったりとしたフィーリングがMHEVによって初速を補われたことによるものなのか、トルコンATである8速ティプトロニックのテイストによるものなのか、年々厳しさを増すエミッションコントロールによるものなのかはわからない。たぶん、全ての要素が入り交じっての結果だろう。もちろん3リッターV6との出力差は大きいのだが、これなら速度域が低い日本では、無理してV8ユニットを手に入れる必要はないのではないか?

新型A7 Sportbackと同じく、ダイナミックオールホイールステアリングを備えた新型A8の身のこなしは驚くほどに華麗だ。後部座席に乗っていても後輪操舵がアタマを揺さぶることなど皆無であり、シートをリクライニングさせてくつろげば、やや足下に狭さを感じつつもショーファードリブン度は抜群に高い。

新型A7 Sportbackと同じく、新型A8もかつてのアウディ味を脱却

量産車世界初と言われるレーザースキャナーをフロントに一基備え、合計23個に及ぶレーダーやカメラが導入されたACCのハンドルアシスト操作も、以前に増してその作動が滑らかになった。ちなみに2019年からは、このレーザースキャナーが路面状況をスキャンしてロールやピッチをコントロールする「AIアクティブサスペンション」が導入される。これは側面衝突が避けられない状況では車体を持ち上げ、一番強固なサイドシルを盾にして乗員を保護するのだという。

つまりADAS(自動運転)の時代が来れば新型A8は、ドライバーを雇わずしてパーソナルショーファーを可能とするわけだ。そしてアウディはこれを見越しているのではないかと思う。もし近未来にボクが新型A8を手に入れるだけの余裕があったなら、迷わずロングホイルベースを選ぶだろう。

テイストの統一という点では、新型A8も新型A7 Sportbackと同じくかつてのアウディ味を脱却している。そして思うのは、これが来るEV時代への序章であり過渡的状況なのだろう、ということである。

[Text:山田 弘樹/Photo:小林 岳夫]

主要スペック

主要スペック
車種A7 SportbackA8
全長×全幅×全高4970×1910×1415mm5170×1945×1470mm
ホイールベース2925mm3000mm
車両重量1900kg2040kg
乗車定員5人
エンジン種類V型6気筒 DOHC インタークーラー付ターボ
排気量2994cc
エンジン最高出力250kW(340ps)/5200-6400rpm250kW(340ps)/5000-6400rpm
エンジン最大トルク500N・m(51.0kgm)/1370-4500rpm
駆動方式quattro(4WD)
トランスミッション電子制御7速Sトロニックトランスミッション電子制御8速ATトランスミッション
JC08モード燃費12.3km/L10.5km/L
価格(消費税込)1161万円1140万円
アウディ/A7スポーツバック
アウディ A7スポーツバックカタログを見る
新車価格:
819万円1,090万円
中古価格:
139万円908.2万円
アウディ/A8
アウディ A8カタログを見る
新車価格:
1,172万円1,809万円
中古価格:
36.2万円1,437.4万円
前へ 1 2
この記事の画像ギャラリーはこちら
山田 弘樹
筆者山田 弘樹

自動車雑誌編集者としてキャリアをスタート。輸入車雑誌 副編集長、アルファ・ロメオ専門誌編集長等を経て、フリーランスのモータージャーナリストに。レース参戦なども積極的に行い、走りに対する評価に定評がある。AJAJ会員。カーオブザイヤー選考委員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 尾上温泉 旅館 紅鮎
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

アウディ A7スポーツバックの最新自動車ニュース/記事

アウディのカタログ情報 アウディ A7スポーツバックのカタログ情報 アウディの中古車検索 アウディ A7スポーツバックの中古車検索 アウディの記事一覧 アウディ A7スポーツバックの記事一覧 アウディのニュース一覧 アウディ A7スポーツバックのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる