悪役の車に見えないほど美しいC-X75も登場! 007「スペクター」に登場するクルマたち

画像ギャラリーはこちら
ダニエル・クレイグ主演の007シリーズに登場するクルマたちを愛でるこの記事も、いよいよラスト。現段階では最新作となる、2015年に公開された「007 スペクター」に登場する車種を振り返ります。もちろん今回もストーリーの紹介はほとんどせずに、登場したクルマを中心にご紹介します!

>>ジャガー史上最高傑作のスーパーカーC-X75をチェック

目次[開く][閉じる]
  1. 今回のボンドカーはDB10
  2. 圧巻のカーチェイス! お相手はジャガーC-X75
  3. THE・悪役車に大変身! トヨタ ハイラックス

今回のボンドカーはDB10

今作はメキシコシティで行われている「死者の日」という祝祭のシーンからスタートします。向かいの建物の屋上からターゲットを狙撃するボンドでしたが、銃弾は爆薬入りのスーツケースに当たり大爆発。建物は崩壊し、路上駐車していたクルマは埃まみれになってしまいます。

ここで注目したいのが、6代目フォルクスワーゲン ジェッタの奥に停車している車両。そう、マイナー車界では語り継がれるメキシコ現地生産車の日産 ツルなのです。

ツルは日本では1990年に登場した7世代目のB13系サニーがベースとなっており、2017年までメキシコで生産、販売が続けられたロングセラー車。このクルマが登場するだけで、「ああ、メキシコなんだな」と思ってしまいますね。

DB10は元々007のためではなかった!?

その後、今作のボンドカーであるアストンマーティン DB10が登場。しかし、本来は007のためではなく009用に用意されたものでした(結局007が無断で持ち出すのですが)。

このDB10、少し詳しい人ならご存知だとは思いますが、アストンマーティンのラインナップには存在しない、この作品のために作られたスペシャライズドカーなのです。

シャシーこそV8ヴァンテージのものを流用していますが、ホイールベースも延長され、内外装はV8ヴァンテージの面影はゼロ。公表されているスペックはV8 4.7リッターエンジンを搭載し、0-100km/h加速が3.2秒ということくらいでした。

圧巻のカーチェイス! お相手はジャガーC-X75

そんなDB10と劇中でカーチェイスを演じるのは、ジャガーC-X75です。

こちらは2010年に発表されたハイブリッドハイパーカーで、ターボとスーパーチャージャーによって502HPを発生する1.6リッターエンジンと300kWを発生するモーターを組み合わせ、システム出力は850HPを誇ります。

しかし、残念ながら市販化されることは叶わず、数台のプロトタイプが生産されるに留まっていました。

この作品でしか見ることができない市販されなかった2台のカーチェイスシーンは迫力満点。一方、そのカーチェイス中に屋根を吹き飛ばされるアルファロメオ159や、DB10に後ろから猛プッシュ(物理)されるフィアット500など、FCAグループ車が不遇の扱いを受けていました(涙)

半世紀前以上前のクルマも登場

物語の中盤では、北アフリカの砂漠の真ん中に位置する敵組織の秘密基地に向かうボンドたちに対し、敵組織が迎えのクルマを寄越すのですが、その車両はなんと1948年式のロールスロイス シルヴァーレイス(年式は劇中でボンドが口にするのですが、一説には違う年式という話もあります)。

レンジローバーのことを「砂漠のロールスロイス」と評することはありますが、実際のロールスロイスが砂漠を走るというシーンはなかなか圧巻です。しかも現行モデルではなく半世紀以上前のクラシックモデルなのですから、よりインパクトは大と言えるでしょう。

THE・悪役車に大変身! トヨタ ハイラックス

その後ロンドンに戻ったボンドですが、ジャガーXJで移動中に敵からの襲撃に遭います。

その方法は走行中のジャガーの横っ腹にクルマで突っ込むという荒っぽいものなのですが、その突っ込む車両が先代のトヨタ ハイラックス。ホイールまで黒く塗装された、いかにも悪役のクルマといった見た目が印象的です。

そして一気に物語は進んでラストシーン(ストーリーには触れない方針なので)では、前作スカイフォールで蜂の巣からの大爆発で木っ端微塵になってしまったDB5が完璧な姿で再登場します。

「無傷なのはステアリングだけ」と言われるまでに破壊された同車でしたが、MI6の技術によって修復されたようです。

前作でDB5が破壊されたのもある意味、職務中の事故でしたからMI6が修復してくれたということなのでしょうか? いずれにしてもうらやましい環境というしかありません(笑)

ということで、ダニエル・クレイグ主演の007作品に登場する車両を振り返ってきましたが、今年11月に公開される最新作「ノー・タイム・トゥ・ダイ」ではどんなクルマが登場するのか今から楽しみですね!

[筆者:小鮒 康一]

自宅に居ながら気軽に愛車の査定をしてみませんか?

クルマがいくらで売れるのか知りたくありませんか?

でもディーラーや買取店にいくのはちょっと面倒。

かといって買取店の方に自宅へ来てもらって査定してもらうのも気が引けますよね。

MOTA車買取なら、PC・スマホで愛車の情報を入力するだけ!

外出せずとも自宅に居ながら概算の見積り額を出すことが可能です!

MOTA車買取はこちら

「お店に行かずに簡単に買取申込をしたい」

「今すぐに売りたいわけではないけど、自分のクルマの価格が知りたい」

そんな人はお気軽にMOTA車買取をクリック! 最短45秒でエントリーが完了します!

MOTA車買取はこちら

アルファ ロメオ/アルファ159
アルファ ロメオ アルファ159カタログを見る
新車価格:
421.1万円591.9万円
中古価格:
43万円163.8万円
フィアット/500(チンクエチェント)
フィアット 500(チンクエチェント)カタログを見る
新車価格:
187.4万円279万円
中古価格:
38万円285万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
小鮒 康一
筆者小鮒 康一

1979年5月22日生まれ、群馬県出身。某大手自動車関連企業を退社後に急転直下でフリーランスライターへ。国産旧車に造詣が深いが、実は現行車に関してもアンテナを張り続けている。また、過去に中古車販売店に勤務していた経験を活かし、中古車系の媒体でも活動中。最近では「モテない自動車マニア」の称号も獲得。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 海石榴 つばき
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる