autoc-one.jp 記事・レポート お役立ち 教えてMJブロンディ エンジンオイルに添加剤を入れると、本当はよくないってホント!?

自動車用語 2012/3/7 10:00

エンジンオイルに添加剤を入れると、本当はよくないってホント!?

エンジンオイルに添加剤を入れると、本当はよくないってホント!?

市販の添加剤を使うのはクルマにとって良い?悪い?

添加剤で有名な「マイクロロン」

いつも楽しく拝見しています。

先日、ある自動車関係の本を読んだのですが、その中でATフルード、エンジオイルに市販の添加剤を入れるのは絶対やめて欲しい、というメーカーエンジニアの談話が載っていました。

添加剤は副作用のある薬のようなもので、最適化された純正仕様のバランスを崩して故障につながる可能性がある、効果がないからではなく明らかにマイナスなので入れないで欲しいという内容でした。

清水さんは以前マイクロロンを愛用されていると書かれていましたが、上記の意見についてどう思われますか?(きいち)

其の疑問、MJブロンディがお答えいたします!

私は、そういう談話に対しては、愛すべき律義さを感じて、軽い苦笑のようなものを浮かべずにはいられません。

エンジニアの人々は、常に現実と対面しデータと格闘する、科学者のような思考回路を持っています。

そして彼らは、市販の添加剤をいちいち実験していません。それらは、メーカーとは無関係に勝手に開発され発売されているのですから、当然ですね。実験していないものを使うことは、彼らにすれば「すべて危険」「すべてマイナス」なのです。

クルマを開発しているのは彼らです。つまり「生みの親」であり、そのクルマのことは、彼らが一番よく知っています。親である自分が知らない薬を、大事な子供に飲ませるなど、彼らにすれば「怖くてできっこないでしょう!」ということなのです。

しかし、世の中には彼らが知らない有効な薬もあります。漢方薬を処方したことのない西洋医のようなものですね。もちろん、中にはかえって毒になってしまう薬もあるでしょう。クルマの親である彼らは、どれがどうだかわからないので、「とにかく全部やめてくれ!」「純正品だけを使ってくれ!それが最善だ!」と言っているのです。

日産 GT-R 2011年モデルと水野和敏氏

たとえば日産 GT-R。このクルマは、小さなものも含めて一切の改造を認めない、というスタンスを取ってきました。

開発者の水野氏は、

「せっかくの性能を落とすようなことは、オーナーにとってもマイナスでしょう?」

という意味のコメントをしていました。つまり、すべて親の言うとおりにしろ、それがベストなのだから、それ以外は認めない、ということです。これでは、クルマ好きの心は捉えられません。なにしろ、自立を拒絶されているのですから、水野氏の狂信的信者以外は、オーナーになれません。

開発者は、クルマの生みの親です。しかし、親の言うことをすべて聞いていたら、クルマ好きは窒息してしまう、と私は考えています。

自動車評論家MJブロンディこと清水草一氏に聞きたいことを受付中!

自動車評論家、清水草一(MJブロンディ)が、みんなの疑問に面白く答えてくれる自動車用語解説。みなさんのクルマに関する疑問についてアンケートを実施しておりますので、皆さんドシドシご応募下さい!

https://service.autoc-one.jp/mypage/article/message_detail?no=112

マイページにログイン」→「マイページトップ」→「マイページの最新情報」にある【アンケート】から投稿頂くことができます。

筆者: 清水 草一
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!