autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォルクスワーゲン ポロ ブルーGT(Polo BlueGT)試乗レポート/今井優杏 2ページ目

試乗レポート 2013/9/10 12:44

フォルクスワーゲン ポロ ブルーGT(Polo BlueGT)試乗レポート/今井優杏(2/2)

関連: フォルクスワーゲン ポロ Text: 今井 優杏 Photo: 島村栄二
フォルクスワーゲン ポロ ブルーGT(Polo BlueGT)試乗レポート/今井優杏

軽量化しても静粛性は確保。走りも楽しめるターボの演出も好印象。

これまでも気筒休止は8気筒とか12気筒のエンジンでは採用されてきたけれども、4気筒ではきわめて稀。ヨーロッパ車としては初めての採用になる。

これはエンジンの回転数が1,400rpm~4,000rpm、そしてトルクが25~100Nmの間で作動し、2番と3番シリンダーの運転を休止する。

……ってことは巡航時、たったの2気筒で走っていることになる!

こんなんもはやバイクやないか!と思って色々心配になるが(騒音とか振動とかね)、どうやら停止されるのは燃焼だけだから、ぶっちゃけ、運転していたら気筒休止にはほぼ絶対に気付かないこと請け合い。

この1,400rpm~4,000rpm & 25~100Nmという環境はべつにとても特別なものではなく、普通に走行をしていればいとも簡単に突入する領域だ。

プレス発表によれば『EUのドライビングサイクルのほぼ70%をカバーする運転領域にあたります』ということで、平均車速の遅い日本の都市部ではさすがにそこまでのパーセンテージではないだろうが、ちょっと郊外に出ればかなりそれに近い領域でクルマが勝手に気筒休止をしてくれるということになる。

ちなみに試乗ステージは富士スピードウェイの場内道路(レーシングコースではなく、その周囲を取り囲む道路)だったのだが、そんなにひたすら長い直線を走ったりしなくても、平坦な道を走ればすぐに気筒休止状態に入っていた。

これなら日本の市街地でも活発に働いてくれそうでとても嬉しい。

さらに、ポロ ブルーGT はACT以外にも技術や設計の見直しなどで、涙ぐましいほどの軽量化・効率化を実現しているが、乗っていて感心したのは軽量化してもきちんと静粛性が保たれているところや、走りの面でのワクワクさせるようなターボの演出もきっちり盛り込まれていることだ。

環境に特化すれば、どうしたってその辺の着地点がドライバビリティを犠牲にすることが多いなか、ちゃんと走りとエコが高い次元で両立されているあたり、どんなにブルーという名を背負ってもフォルクスワーゲンはフォルクスワーゲンらしさを貫いている。

その辺、「フォルクスワーゲンの技術者はホンマにヲタやねんなぁ」と思わざるを得ず、毎回クルマの向こうにエンジニアのしたり顔が見えるようで面白い。

さらなるオススメポイントはこの美しい内装!

エクステリアもCd値にも貢献するエアロパーツや17インチアルミホイールなどGTの名にふさわしいスタイリングでもあるのだが、ブルーを効果的に使った内装は輸入車らしいシャレオツムード溢れている。

車両本体価格は¥2,630,000、なんともお買い得感あふれるプライスタグが付いた。ライバルはズバリ、フィットやヴィッツなどの国産コンパクト。

その辺を見渡しても、ポロ ブルーGTが強い商品力を持っていることは間違いない。

筆者: 今井 優杏

フォルクスワーゲン ポロ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン ポロ の関連記事

フォルクスワーゲン ポロの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ポロ の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン ポロ の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円