autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォルクスワーゲン クロストゥーラン 試乗レポート/渡辺陽一郎

試乗レポート 2012/12/7 21:14

フォルクスワーゲン クロストゥーラン 試乗レポート/渡辺陽一郎(1/3)

フォルクスワーゲン クロストゥーラン 試乗レポート/渡辺陽一郎

クロスポロ、パサートオールトラックに続くVWのクロスオーバーモデル「クロストゥーラン」

フォルクスワーゲン クロストゥーラン

「SUVとは、クロスオーバーとは、一体何なのだ?」

最近の新型車を見ると、疑問を感じることが増えた。今回試乗したVW(フォルクスワーゲン)のクロストゥーランも同様だ。基本的な話をすれば、SUVとは「悪路を走破できる性能を備えたクルマ」と考えて良い。

4WD(4輪駆動)システムによって駆動力の伝達効率を高め、最低地上高(路面とボディの最も低い部分との間隔)を十分に確保して、デコボコを乗り越えやすくする。日本車であればランドクルーザー、パジェロ、ジムニーなどが典型だ。4WDには駆動力を高める副変速機が備わり、シャシーやサスペンションも悪路の走破に対応している。

ところがCX-5やアウトランダーになると、プラットフォームやサスペンションはセダンなどと共通。それでも4WDなら悪路向けと理解できるが、前輪駆動の2WDも用意され、何のためのクルマなのかが曖昧になってくる。

クロストゥーランも前輪駆動の2WDのみで、4WDは設定されない。外観は悪路を走れそうなクルマなのに実は2WD。不意の降雪に見舞われた時、登坂路でズルズルとスリップする心配はないのか。その脇を軽自動車の4WDがトコトコと登っていく・・・。

外見が冴えないのに頭脳が明晰な刑事コロンボはカッコイイが(例え話が古いか?)、簡単なミッションも遂行できない007では話にならない。

いろいろと疑問を持ってしまったが、本題のクロストゥーランの外観をチェックしてみよう。

FFなのに後輪の方がタイヤ幅が広い理由

フォルクスワーゲン クロストゥーランフォルクスワーゲン クロストゥーラン

クロストゥーラン、確かに見た目はSUV風だ。

ミニバンのゴルフトゥーランをベースに、ホイールハウスエクステンション(タイヤを収めるホイールハウスに装着された黒の樹脂部品)、同じく黒のボディサイドモール、サイドスカートなどを備えている。最低地上高は145mmと低く、ゴルフトゥーランとの違いも10mmに過ぎない。

だが、タイヤサイズが不可解。前輪が215/50R17、後輪が235/45R17だから、後輪の方が太い。前輪駆動の2WD車で後輪を太くするのは、いくら何でも理屈に合わないドレスアップではないのか?同じ仕様が本国でも売られ、理詰めでクルマを開発するVWらしくない。

そこで理由をフォルクスワーゲン・グループ・ジャパンに尋ねた。

「ゴルフトゥーラン、クロストゥーランともに、ドイツ本国では2列シート仕様が基本。4~5名で乗車して、荷物を満載することも多い。後輪側の荷重が増加するため、走行安定性の確保を目的に、クロストゥーランではリアタイヤを少し太くした。足まわりの設定も変えている」と言う。

さすがに見栄えだけで後輪を太くすることはないようだ。

フォルクスワーゲン クロストゥーランフォルクスワーゲン クロストゥーランフォルクスワーゲン クロストゥーランフォルクスワーゲン クロストゥーランフォルクスワーゲン クロストゥーラン

フォルクスワーゲン クロストゥーラン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン クロストゥーラン の関連記事

フォルクスワーゲン クロストゥーランの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン クロストゥーラン の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン クロストゥーラン の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    234.9万円345.9万円