autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム 完全自動運転の実現に黄色信号!どうなるグーグルカー?運転手の要らないクルマの未来はまだ先か

自動車評論家コラム 2015/12/29 12:56

完全自動運転の実現に黄色信号!どうなるグーグルカー?運転手の要らないクルマの未来はまだ先か

関連: トヨタ Text: 国沢 光宏
完全自動運転の実現に黄色信号!どうなるグーグルカー?運転手の要らないクルマの未来はまだ先か
ベンチャー企業、ロボットタクシー社のロボットタクシー

グーグルが公道で完全自動運転の実証実験を行っているカリフォルニア州は、免許を持っているドライバー無しの自動運転を認めない法案を提出した。

どうやら普通のクルマの完全自動運転は当面難しくなりそうな世界の流れになりつつある。我が国を見ると2020年までに完全自動運転を開始したいと言ってるが、クルマを解っていない人達が決めた夢物語だ。

一方で、自動運転が絶対必要な状況もある。過疎化や高齢化が進んだ地域だ。本格的な過疎地だと地元にタクシーすらなく、移動手段“ほぼ”無い。こちらは現在進行形のため「将来的に」などと言っていられない。明日にでも必要なのだった。

棚田

そんな実情を危惧したのだろう。『トヨタ・モビリティ基金』が助成金を出すことになった。

岡山県美作の上山地区で、プレスリリースによれば「千年以上の歴史がある8300枚の棚田の多くが1990年代に耕作放棄されたが、2007年より地域の産業再生、自然環境保全の観点から都市からの移住者と地域住民が行政と協力し、棚田の再生活動を始め、現在は地域に活力が戻りつつあるも、日本の中山間地域に共通する課題である過疎化、高齢化に直面し、農林業の衰退、地域住民の移動の不自由が進んでいる」。

まず上山地区をモデルケースとし、どんなモビリティ(移動手段)を構築できるか考えてみようということである。

助成額2億2千万円。逆に考えるなら、この程度の予算で移動手段を作れないと意味ない。当然の如く最有力候補は完全自動運転のクルマだ。幸い、高齢者は急いで移動するニーズは無く、速度を上げなくてもOK。

走る区域も限られているため、様々なモビリティが考えられる。トヨタ・モビリティ基金は超小型EVなどを候補としているようだ。

シエンタ福祉車両

確かにゴルフ場のカートや、自動車工場の構内では完全自動運転を導入済み。低い速度なら前方の障害物をレーザー(赤外線)やソナー(超音波)など短い距離を正確に測れるセンサーで探知可能。車速15km/hくらいまでに限ることで、万一衝突しても深刻な被害にならない。

2億2千万円の予算があったら、5台くらいの完全自動運転車を地域で稼働させられるだろう。

はたまたクルマ椅子ごと乗れるサイズの小型車を、現在トヨタが開発中の自動運転技術でコントロールするということも可能。

こういった短距離のモビリティで自宅から集会所や役場まで移動し、そこから有人のミニバンなど使い病院やショッピングセンターに移動すれば、大幅にコストダウン出来ることだろう。

果たしてどんなモビリティが出てくるか、大いに楽しみだ。

[Text:国沢光宏]

筆者: 国沢 光宏
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ の関連記事

トヨタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ の関連記事をもっと見る

トヨタ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/18~2017/11/18