autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート トヨタ プリウス 2012年モデル 試乗レポート/飯田裕子 -マイナーチェンジモデル-

試乗レポート 2012/1/20 20:17

トヨタ プリウス 2012年モデル 試乗レポート/飯田裕子 -マイナーチェンジモデル-(1/3)

関連: トヨタ プリウス Text: 飯田 裕子 Photo: オートックワン編集部
トヨタ プリウス 2012年モデル 試乗レポート/飯田裕子 -マイナーチェンジモデル-

マイナーチェンジで大幅に弱点を克服したプリウス

トヨタ プリウス(マイナーチェンジ)

2009年に3代目が登場して以来、初めてのマイナーチェンジを行ったプリウス。

内外装の変更ではプリウスが持つ個性や先進性をより強調するとともに、質感の向上も目指したのだとか。このほか、静粛性の向上やボディ剛性の強化、乗り心地や操縦安定性についても見直されている。

近年、マイナーチェンジを新車発売以来2年後に行うのは珍しいことではないが、今回はAQUAも登場しているし、今後街中に出没するであろうプリウスPHV(プラグインハイブリッド)とは基本的なデザインは同じとしながらも、見た目の差別化を明確にする目的もあるようだ。

内外装の見直しで魅力もさらにアップ!

トヨタ プリウス(マイナーチェンジ)トヨタ プリウス(マイナーチェンジ)

まず外装ではフロントバンパーやフロントグリル、アンダーグリル、タテ型のリアコンビネーションランプ、15インチホイールキャップなどのデザイン変更が行われた。

特にフロントグリルのブラック色の面積が広がったことで、顔つきのメリハリが強まり精悍さが増している。同時にフォグランプ採用モデルについては、フロントグリル内へと配置が換わったことで、点灯させずともマイナーチェンジ後の顔つきのアクセントにもなる。加えて“夜の顔”も新しい。

ベースグレードの「L」を除く「S」/「G」シリーズ系ではディスチャージヘッドランプを新設定し、クリアランスランプもLEDに変更されている。ボディカラーも入れ替わりがあり、ボルドー、パープル、グリーン系の3色に新色が加わっている。白・黒・グレーが街中に多いプリウス。エコカーと言えども、もう少し個性やオシャレを楽しんでもよいのではないかと思うと、新色の3色は女性から見れば落ち着いた中にも華やかさやエレガントさを持つ新色がどれも魅力的に見える。

内装では質感の向上ぶりが印象的だ。が、現行モデルを知る方にとっては先ずスタートボタンを押した際に液晶に映し出されるプリウスの表示の変更に気付くのではないか。マイナーチェンジ後のモデルでは液晶も高精彩なものが採用されリアルなプリウスのクルマも表示される点も目に留まるだろう。

運転席周辺ではシフトノブ周辺やステアリングホイール上のスイッチ類が置かれたベースの樹脂類に上品なツヤ感を持つシルバー塗装を採用。視覚的にも触感でも質感向上に一役かっている。

トヨタ プリウス(マイナーチェンジ)トヨタ プリウス(マイナーチェンジ)トヨタ プリウス(マイナーチェンジ)トヨタ プリウス(マイナーチェンジ)トヨタ プリウス(マイナーチェンジ)

トヨタ プリウス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ プリウス の関連記事

トヨタ プリウスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ プリウス の関連記事をもっと見る

トヨタ プリウス の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/23~2017/7/23