autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 どっちが買い!?徹底比較 スズキ 新型ラパン vs ダイハツ ミラココア どっちが買い!?徹底比較

どっちが買い!?徹底比較 2015/8/12 09:42

スズキ 新型ラパン vs ダイハツ ミラココア どっちが買い!?徹底比較(1/3)

スズキ 新型ラパン vs ダイハツ ミラココア どっちが買い!?徹底比較

軽自動車といえば、全高を1,600mm以上に設定した背の高い車種が売れ筋だ。

「ホンダ N-BOX」「ダイハツ タント」「スズキ ワゴンR」「ダイハツ ムーヴ」といった車種が定番で、最近はSUV風の「スズキ ハスラー」も人気を高めている。いずれもファミリーで使えるミニバンに似た機能を備えるが、軽自動車はほかのジャンルに比べるとユーザーの女性比率が高い。

初代アルトラパンダイハツ ミラココア

そこで若い女性をターゲットに開発されたのが「スズキ アルトラパン」と「ダイハツ ミラココア」だ。

外観は丸みのある形状で、いかにも女性向けという印象。全高は1,550mm以下だから(ミラココアのプラスXはルーフレールの装着で1,560mm)、立体駐車場も利用しやすい。

ラパン(アルトラパン)の初代モデルは2002年に登場して人気を高め、2008年に2代目へフルモデルチェンジされた。これも堅調に売れて、2015年6月には3代目に一新されている。

ライバル車のミラココアは2009年に登場した。外観や全高がアルトラパンに似ていて、後追いの商品というイメージはあるが、人気を相応に高めた。今回はこの2車を比べたい。

新型ラパン vs ミラココア/エクステリア比較

スズキ 新型アルトラパンダイハツ ミラココア

ラパンとミラココアの外観は良く似ている。両車とも水平基調のデザインだが、角に丸みを付けて柔和な雰囲気に仕上げた。ヘッドランプも丸型だ。

ちなみに初代アルトラパンが登場した2002年頃には「癒し系」という言葉が流行した。「癒し」が新語・流行語大賞にノミネートされたのが1999年だから、初代アルトラパンの企画にも影響を与えたのだろう。

長引く経済不況など、暗くなりがちな世相の中で、クルマに限らず今の「ゆるキャラ」的な商品が芽生えた。このような結果論的な見方もできるが、ラパンの外観には、背の高い軽自動車とは違う楽しさ、面白さがあり、その個性が注目された。

2代目も、ボディパネルの張りを強めながら初代モデルの基本デザインを踏襲している。

スズキ 新型アルトラパンスズキ 新型アルトラパン

しかし、3代目では雰囲気が変わった。フロントマスクは素朴な感じだがボディサイドは骨太だ。面白い造形に仕上げた

その理由のひとつは、ボディの下まわりやタイヤの収まるホイールハウスに装着されたブラックの樹脂パーツにある。マツダ CX-3のようなSUVも採用しており、ボディを強固にガードするイメージだ。

2つ目の理由は、初代や2代目に比べてボディに付けられた丸みのR(半径)を大きく取ったこと。これが丸さを大胆に見せている。

3つ目にはホイールベース(前輪と後輪の間隔)の拡大もある。先代型に比べると60mm長い2,460mmになり、4輪がボディの四隅に踏ん張る形状になった。

もっとも、ライバル車のミラココアのホイールベースは、さらに30mm長い2,490mm。設計の新しい現行ムーヴやタントは、衝突時の安全向上のために2,455mmに短縮されたが、ミラココアは設計が古く35mm長い。最近のデザイントレンドはホイールベースを伸ばす方向にあるため、ミラココアも登場後6年を経過しながら、あまり古さを感じさせない

ミラココアの特徴として、サイドウィンドウの窓枠をハッキリと見せるデザインも挙げられる。荷室の左右にクォーターウィンドウも備わり、ミラココアの外観を好むユーザーも少なくないだろう。

スズキ 新型アルトラパンスズキ 新型アルトラパンスズキ 新型アルトラパンスズキ 新型アルトラパンスズキ 新型アルトラパン
ダイハツ ミラココアダイハツ ミラココアダイハツ ミラココアダイハツ ミラココアダイハツ ミラココア

スズキ アルトラパン 関連ページ

ダイハツ ミラココア 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ アルトラパン の関連記事

スズキ アルトラパンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ アルトラパン の関連記事をもっと見る

スズキ アルトラパン の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25