autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スバル インプレッサ WRX STI 試乗レポート 4ページ目

試乗レポート 2010/7/15 18:05

スバル インプレッサ WRX STI 試乗レポート(4/4)

スバル インプレッサ WRX STI 試乗レポート

海外ユーザーが求めたスバルの「ハンドリング」

インプレッサWRX STI 4ドアインプレッサWRX STI 4ドア

エンジンなど動力駆動系はこれまでのモデルを踏襲しているので変わりはない。

しかし、大きく変わったのはその乗り味だ。 30%以上のサスペンション・ロール剛性のアップ。ピロボールブッシュの採用、特にリヤ周りで顕著なブッシュ類の強化。どれをとっても乗り心地が良いはずはない。

開発陣も、STIなのだからはっきりと走りに振ったという。それは海外のスバリストの間から新型インプレッサSTI(現行)に対して、乗り心地に振りすぎた「ハンドリングの甘さ」を訴える声があったからだという。

つまり、海外のユーザーがスバルに期待するのは乗り心地よりもズバリ、ハンドリングなのである。

二頭を追うものは一頭も得ず。初心に戻って、STIモデルの本質を見直したのではないだろうか。よりコンフォートに振れるAラインの存在が決断を確実なものにしたのではないかと思う。

だから「乗り心地は悪い」となるはずなのだが、実際には全く悪くない。むしろ、前モデルよりも良いくらいなのだ。

インプレッサWRX STI A-Line 5ドアインプレッサWRX STI A-Line 5ドア

これは、ショックアブソーバーのバンプ側を弱くした効果だろう。しかも、リバンプ側を強めているから上下動が極めて小さい。大きな突起を乗り越えるときの突き上げ感は確かに大きくなっているようなのだが、速度が上がれば上がるほどにボディがフラットに保たれる。

その点、Aラインは速度に関わらずフラットな乗り心地だ。また、6速MTモデルとまったく同じタイヤを採用しているのに、Aラインの方がロードノイズは小さい。

そして、最後は注目のコーナリング。とにかくロール感が小さくなった。ショックアブソーバーの伸び側減衰が上げられたことで、イン側のリフトが遅くなり結果ロールを感じさせ難くなった。

もちろんロール剛性が上がっていることも大きい。それとピロボールブッシュによるフロントタイヤの応答が速くしっかりとしている。これに負けないよう、リヤのブッシュ類のアップも行われている。

リヤに関しては、これまでのように横力によってリヤタイヤにトーイン変化を付けて安定させてしまうと、トーイン変化が発生するまでのわずかな時間に遅れを感じるわけで、逆にブッシュを固めることによってより早くタイヤに力を発生させることができたのだという。

まさにその通りで、速いステアリングの操作に対して前後のタイヤがデジタルにグリップを立ち上げるのが感じられる。

インプレッサWRX STI。頑固に走りにこだわるスバルの姿を、もっとも具現したモデルとなっていた。

筆者: 松田 秀士

スバル インプレッサSTI 関連ページ

スバル インプレッサハッチバックSTI 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル インプレッサSTI の関連記事

スバル インプレッサSTIの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル インプレッサSTI の関連記事をもっと見る

スバル インプレッサSTI の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28