autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スバル インプレッサ シリーズ[2015年マイナーチェンジモデル] 試乗レポート/渡辺陽一郎 3ページ目

試乗レポート 2015/4/3 17:20

スバル インプレッサ シリーズ[2015年マイナーチェンジモデル] 試乗レポート/渡辺陽一郎(3/5)

スバル インプレッサ シリーズ[2015年マイナーチェンジモデル] 試乗レポート/渡辺陽一郎

「Active Style(アクティブ スタイル)」という名の特別仕様車

スバル インプレッサスポーツ 2.0i アイサイト アクティブ スタイル[特別仕様車] 試乗レポート/渡辺陽一郎

新型インプレッサスポーツは、特別仕様車の「インプレッサスポーツ 2.0iアイサイト アクティブ スタイル」を試乗した。最低地上高は145mmでベース車と同じだが、ルーフレールが装着されて、XVのようなアクティブな雰囲気を併せ持つ。サイドシルスポイラー、ルーフエンドスポイラーも備わり、外観はかなり賑やかだ。

2.0iアイサイト アクティブ スタイルが装着するタイヤは、17インチ(205/50R17)の「ダンロップ SPスポーツ2050」。指定空気圧は前輪が230kPa、後輪が220kPaで、XVよりも若干低い。

シリーズ随一!「インプレッサスポーツ」17インチモデルはバランスの良さが好ましい

スバル インプレッサスポーツ 2.0i アイサイト アクティブ スタイル[特別仕様車] 試乗レポート/渡辺陽一郎

新型インプレッサシリーズの中で、走りのバランスが最も良いのはこの仕様だ。17インチタイヤを装着しながら、乗り心地は適度にしなやか。タイヤが路面の上を細かく跳ねる動きを抑え込み、バタバタした粗さをかなり払拭させた。足まわりを柔らかくするのではなく、タイヤが路上をなぞるように正確に転がることで、快適な乗り心地を得ている。

走行安定性も優れ、後輪の接地性が高いために常に安心できる。後輪の安定性を優先させるセッティングは従来と同じだが、変更後は操舵に対する正確性が高まり、車両との一体感を得やすくなった。

[16インチを履かせた「インプレッサ G4 2.0i」の走りとは・・・次ページへ続く]

スバル インプレッサスポーツ 2.0i アイサイト アクティブ スタイル[特別仕様車] 試乗レポート/渡辺陽一郎スバル インプレッサスポーツ 2.0i アイサイト アクティブ スタイル[特別仕様車] 試乗レポート/渡辺陽一郎スバル インプレッサスポーツ 2.0i アイサイト アクティブ スタイル[特別仕様車] 試乗レポート/渡辺陽一郎スバル インプレッサスポーツ 2.0i アイサイト アクティブ スタイル[特別仕様車] 試乗レポート/渡辺陽一郎スバル インプレッサスポーツ 2.0i アイサイト アクティブ スタイル[特別仕様車] 試乗レポート/渡辺陽一郎

SUBARU IMPREZA SPORT 2.0i EyeSight Active Style[4WD] 主要諸元

スバル インプレッサスポーツ 2.0i アイサイト アクティブ スタイル[特別仕様車] 試乗レポート/渡辺陽一郎

全長x全幅x全高:4420x1740x1510mm/ホイールベース:2645mm/車両重量:1420kg/乗車定員:5名/駆動方式:四輪駆動(アクティブトルクスプリットAWD・電子制御AWD)/エンジン種類:FB20型 水平対向4気筒 DOHC 16V デュアルAVCS ガソリンエンジン/総排気量:1995cc/最高出力:150ps(110kW)/6200rpm/最大トルク:20.0kgf・m(196N・m)/4200rpm/トランスミッション:マニュアルモード付 リニアトロニック(CVT)/燃料消費率:16.2km/L[JC08モード燃費]/タイヤサイズ:205/50R17/メーカー希望小売価格:2,548,800円[消費税込]

[次ページへ続く]

スバル インプレッサスポーツ 関連ページ

スバル インプレッサG4 関連ページ

スバル インプレッサXV 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル インプレッサスポーツ の関連記事

スバル インプレッサスポーツの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル インプレッサスポーツ の関連記事をもっと見る

スバル インプレッサスポーツ の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/23~2017/9/23