autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 “スバリスト視点”で見る「スバル 新型インプレッサスポーツハイブリッド」徹底解説 2ページ目

新型車解説 2015/6/19 11:00

“スバリスト視点”で見る「スバル 新型インプレッサスポーツハイブリッド」徹底解説(2/4)

“スバリスト視点”で見る「スバル 新型インプレッサスポーツハイブリッド」徹底解説

これは、まさしくXVハイブリッドの「インプレッサスポーツ版」

クルマの概要は、インプレッサスポーツの2リッターモデルをベースにハイブリッドシステムを組み合わせたもの。細部はかなり異なりますが、XVハイブリッドのインプレッサスポーツ版と考えて間違いではありません。

XVハイブリッドと同じく、駆動モーターはトランスミッション内部に格納。高電圧バッテリー、インバーターやDCコンバーターなどの高電圧部品は荷室床下に搭載されます。

スバル インプレッサスポーツ ハイブリッド

クルマの基本特徴としては、

・リニアで余裕感ある加速と低燃費の両立

・シンメトリカルAWDの特性を活かす重量バランスの良さがもたらす痛快な走り

・ガソリン車と同等の荷室の広さ

・EyeSightなどの先進技術との協調制御による高い受動安全性

が挙げられ、そのポイントして、

・進化したハイブリッドシステム

・「Fun to Drive」のための入魂開発された専用の足まわりチューニング

・静粛性に優れた快適な室内

・スポーティで上質な内外装

・EyeSight(Ver.2)

に注目です。

ハイブリッド化といえど「Fun to Drive」を追求

スバル インプレッサスポーツ ハイブリッド

普通はハイブリッド化に伴う重量増対策として足回りに変更がなされますが、スバルの場合は重量増対策ではなく、あくまで「Fun to Driveのために専用の足回りを開発」しています。

といっても、WRXのような硬派なスポーツ性能ではなく、あくまでも自然な運転感覚がもたらすFun to Drive性を追求しています。そんなイメージを膨らませながら、クルマの細部をみていきましょう。

スバル インプレッサスポーツ ハイブリッド
スバル インプレッサスポーツ ハイブリッドスバル インプレッサスポーツ ハイブリッド

全長は4,420mm、ホイールベースは2,645mmでガソリン車のインプレッサスポーツと同じ。

全幅は+15mmの1,755mm、全高は+25mmの1,490mm、最低地上高は-15mmの130mm。全高は高くなったものの、重心高については、バッテリーなどの重いパーツを荷室床下にまとめたことで、ガソリン車より10mm低下。これは運動性能の向上に寄与します。

さらに、タイヤサイズは205/50R17から215/50R17へタイヤ幅を拡大したことに注目。カタログ記載数値向上系の低燃費徹底追及型のエコカーでは、タイヤを細くすることはあっても太くするようなことはまずしません。

これもFun to Driveのための変更です。

スバル インプレッサスポーツ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル インプレッサスポーツ の関連記事

スバル インプレッサスポーツの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル インプレッサスポーツ の関連記事をもっと見る

スバル インプレッサスポーツ の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22