autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム 2016年 10大ニュース -自動車業界を振り返る-

自動車評論家コラム 2016/12/31 13:10

2016年 10大ニュース -自動車業界を振り返る-(1/2)

2016年 10大ニュース -自動車業界を振り返る-

2016年の10大ニュース

1年の締めはやはり10大ニュースとしておきたい。振り返ることで改めて行く年を分析し、来る年の対応を立てられる思う。

以下、オートックワン編集部がピックアップしたニュースです。では10位から。

>>2016年 10大ニュースを写真でチェック(画像20枚)

10位 フォード日本完全撤退

フォード

フォードジャパンにとっても寝耳に水だったそうな。客観的に見ると全くヤル気を感じなかった日本戦略の完全なミス。

ルノーのように特徴的な車種を持ってくれば良かったのに、日本車の同じようなモデルしかラインナップしない。

「ダメなクルマの売り方の見本」です。破綻していない自動車メーカーの撤退は初めてのこと。

9位 新型タンクをラブホとして活用する事をトヨタが推奨

トヨタ タンク攻めのPR

このトヨタ タンクの広告には驚かされた!

けれど不快な感じを与えるでもなく、皆さん「ニヤリ」とするのみ。出生率低下に歯止めを掛けてくれるか?

イマドキ尖った広告を作れる企業は強いと思う。

8位 NSXはあれで大丈夫なのか

ホンダ NSX

一番驚いたのが価格。デビュー前まで1600~1800万円になるとウワサされており「高いね!」。されど実際は2380万円!

フル装備にしたら3000万円になってしまう。それでも3年分の受注を受けているそうな。

人気が無くても、評価されなくても、計画台数が売れれば問題ないのかもしれません。

7位 ルマン、残り3分でトヨタリタイヤ

ル・マン24h 残り3分で停車

私は100%勝ったと思い、優勝した原稿を書いてました。すると突如「スローダウン!」という情報。

レースに「れば」「たら」はないと言われるが、まさかこんなタイミングでトラブル出るとは予想もしておらず。

ル・マンと言えば、今シーズンを持ってアウディが撤退するのもニュースでした。2017年はトヨタWR参戦を楽しみたい。

6位 インプレッサが日本カー・オブ・ザ・イヤー

日本カー・オブ・ザ・イヤーに輝いた スバル インプレッサ

スバルがCOTYを受賞するのは4代目レガシィ以来13年振り。

思い起こせば4代目レガシィも新世代プラットフォームを採用したモデルだった。良いモノ作ればCOTYを獲れる、というのがスバルの技術力の高さなんだろう。

ちなみに13年前もプリウスとの激しい戦いでした。

>>2016年 10大ニュースを写真でチェック(画像20枚)

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!