autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム “何か似てる”化粧のウデを上げた類似モデル続出の上海ショー!

自動車評論家コラム 2015/4/21 12:29

“何か似てる”化粧のウデを上げた類似モデル続出の上海ショー!

“何か似てる”化粧のウデを上げた類似モデル続出の上海ショー!

お化粧のウデを上げた?

BYD 宋

中国のモーターショーと言えば日本車をそのままコピーしたパクリ車が名物となっていたものの、数年前から徐々に姿を消しつつある。

今や「そのまんま!」と思えるのはトヨタ「ハイエース」くらいになった。その代わり「このクルマ、なんかに似てるな」というモデルがドッサリ出てきた。

なかでも連発してるのが、トヨタ「カローラ」の部品をそのまま使える、というほどの“精度”でコピー車を作り、会社を大きくしたBYD。写真を見ていただければ解る通り『唐』(白いクルマ)も『宋』(ゴールドのクルマ)も見たことある感じ。唐なんか明らかにハリアーテイストだ。

かといって同じかとなれば、それでもない。微妙に雰囲気を変えているのだった。

人間で言えばお化粧を変えて方向性を少し変えているようなもの。おそらく骨格をコピーしたので、印象が似てきたんだと思う。悔しいことにドチラもカッコ悪くない。お化粧のウデを上げたということか?

日産「NV200」のソックリモデル

ただ日産「NV200」のソックリさんくらいのレベルになるとアウトだと思う。あまりに似ているし、そもそもNV200にしか見えないでしすから。インテリアなど全く同じ。

BYDは世界でも大手のバッテリーメーカー(潜水艦用の電池まで作っている)なんだから、そろそろ独自路線を歩むべきかと。

VWのプラットフォームをコピーしたか、そのまま使っていると考えられるモデルセダンジャンルはすでに先進国に負けないレベルのデザインが出てきた

最近の傾向としては、コピーのモトを日本車以外にも広げ始めたこと。

写真の黒いセダンは、どう見てもVWのプラットフォームをコピーしたか、そのまま使っていると考えていい。その他、フォードやフィアットそっくりのクルマも増えてきていた。このあたり、ムカシの日本と同じか?

ただ中国人のデザイン感覚は日本人より高いと考える。

歴史を見ても素晴らしい造形物をたくさん残してきた。実際「おおっ!」と感じさせるモデルも見かけるようになってきた。

特に中国市場で人気のセダンジャンルはすでに先進国に負けないレベルのデザインが出てきた。ナメてたらダメだと思う。

筆者: 国沢 光宏
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!