autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 日産 スカイラインクロスオーバー 試乗レポート/松田秀士 2ページ目

試乗レポート 2009/8/6 14:00

日産 スカイラインクロスオーバー 試乗レポート/松田秀士(2/3)

日産 スカイラインクロスオーバー 試乗レポート/松田秀士

力強いパワー&トルクフィールと、心地よいエキゾーストサウンド

シフトスペアタイヤ

スカイラインクロスオーバーは、4つのタイヤをしっかりと地面に押し付けて走るSUVらしい感覚を狙って演出したそうで、それほど重くないのに実際にその感覚を味わうことができる。

エンジンは、スカイラインと共通の330psを発生する3.7LV6VVELエンジン。これに、7速ATが組み合わせられる。

アクセルワークに対するレスポンスもよく、パワー&トルクフィールもかなり力強い。

そして、フルスロットルにしたときのエキゾーストサウンドが心地よくキャビンに響き渡る。音質は、クーペやZなどのスポーティな音にややトーンを強めてマイルドにした感じ。

キャビンの静粛性は高い。ロードノイズはかなり抑えられているし、VVELの比較的大きなエンジンメカニカルノイズも心地よい音質に聞こえる。風切り音も小さく、突き上げ感のない乗り心地と共に、静粛性はかなりのレベルだ。

だから、全車標準装備となったBOSEサウンドシステムのパンチの効いた中低音がとても生き生きと耳に響く。ちょっとしたオーディオルームとしてパーソナルな空間を味わえるだろう。

走行走行

その突き上げ感のない乗り心地を演出するサスペンションは、FRモデルよりも4WDモデルの方がしっかりと硬く、ステアリングそのものも重い。

4WDモデルの方は、フロントサスペンションを固める方向のセッティングがなされている。

一般的な売れ筋はFRモデルと思われるが、こちらはステアリングのフィールも軽めでさらにフロントサスペンションが良く動くので、レーンチェンジをしたときなど軽快なフットワークだ。

しなやかな乗り心地を実現するために、上手にサスペンションを動かしている。

より走りを重視する欧州仕様にはリバウンドスプリングを採用しているそうだが、ゴージャス仕様のTypePには装備しても良かったのではないかと感じた。

ムラーノはティアナなどのFFモデルをベースとするが、こちらはスカイラインベースのFRモデル。その走りを明確に差別化し、FRのハンドリングの楽しさをきちんと演出しているところに拍手を送りたい。

日産 スカイラインクロスオーバー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 スカイラインクロスオーバー の関連記事

日産 スカイラインクロスオーバーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 スカイラインクロスオーバー の関連記事をもっと見る

日産 スカイラインクロスオーバー の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21