autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 日産 新型 セレナ[2013年12月末マイナーチェンジモデル] 試乗レポート/渡辺陽一郎 2ページ目

試乗レポート 2014/2/25 11:12

日産 新型 セレナ[2013年12月末マイナーチェンジモデル] 試乗レポート/渡辺陽一郎(2/3)

関連: 日産 セレナ , スズキ ランディ Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 和田清志
日産 新型 セレナ[2013年12月末マイナーチェンジモデル] 試乗レポート/渡辺陽一郎

内外装から安全面まで・・・多岐に渡った「セレナ」マイナーチェンジの内容とは

日産 新型 セレナ ハイウェイスター G S-HYBRID アドバンスドセーフティ パッケージ[FF/ボディカラー:タイガーアイブラウンパールメタリック(特別色・新色)]日産 新型 セレナ ハイウェイスター G S-HYBRID アドバンスドセーフティ パッケージ[FF/ボディカラー:タイガーアイブラウンパールメタリック(特別色・新色)]

2013年12月のマイナーチェンジにおける日産 セレナの変更点は多岐にわたる。

最も分かりやすいのはフロントマスクだろう。ヘッドランプが上下に二分割され、中央のメッキグリルのデザインも変わった。軽く睨みを利かせた存在感の強い顔立ちになっている。LEDヘッドランプも20Sを除く全車に6万3000円でオプション設定。夜間ドライブ時の安心感を高めた。

さらに、人気の中心となるエアロ付きグレード「ハイウェイスター」シリーズでは、ボディサイドの下側に装着されたサイドシルプロテクターのデザインを変更。フロントバンパーとの一体感が増している。

マイナーチェンジで最も進化したのは安全装備

日産 新型 セレナ[2013年12月末マイナーチェンジモデル]セレナ ハイウェイスター G S-HYBRID アドバンスドセーフティ パッケージ[FF] 試乗レポート/渡辺陽一郎 試乗・走行イメージ2日産 新型 セレナ ハイウェイスター G S-HYBRID アドバンスドセーフティ パッケージ[FF/ボディカラー:タイガーアイブラウンパールメタリック(特別色・新色)]

実用面で大幅に進化したのは安全装備だ。ベーシックな「20S」以外のすべてのグレードに先進安全システム「エマージェンシーブレーキ」が標準装着された。センサーには1個のカメラを使って、時速10~80kmの範囲で作動する。カメラ方式だから、ミリ波レーダーや低速域に限定された赤外線レーザー方式と異なり、車両のほかに反射の少ない歩行者を見分けることも可能だ。

衝突の危険を検知すると、ディスプレイの表示とブザーでドライバーに警報を発する。衝突する可能性がさらに高まると緩いブレーキを作動。衝突不可避の時には、強い緊急ブレーキを働かせる。カメラ方式だから車線の検知も可能で、逸脱しそうな時はドライバーに注意を促す。

日産 新型 セレナ ハイウェイスター G S-HYBRID アドバンスドセーフティ パッケージ[FF]日産 新型 セレナ ハイウェイスター G S-HYBRID アドバンスドセーフティ パッケージ[FF]

そして8万6100円を加えて「アドバンスドセーフティパッケージ」装着車を選ぶと、アラウンドビューモニターとフロント&バックソナーも追加される。アラウンドビューモニターは車両の四隅にカメラを取り付け、その画像データを組み合わせることで、車両を上空から見た映像としてルームミラーやオプション装着されたカーナビの画面に表示する。移動物の検知機能も備わるから、後退している最中に歩行者が接近した時などは、ドライバーに警報を発して安全性も高まる。

フロント&バックソナーは、ゆっくりと前進や後退をしている時、障害物に接近すると危険を知らせる機能だ。障害物検知機能自体は目新しいものではないが、セレナでは接触の危険があると判断すると、エンジンの出力を落としたりブレーキも作動させる。アクセルとブレーキを踏み間違えて、壁や建物に向かって急発進する事故も防ぐ。

このほかアドバンスドセーフティパッケージ装着車では、ハンドルの操作からドライバーの疲労を検知して、注意を促すふらつき警報も採用した。

さらに選ぶ価値を高めたマイナーチェンジ

日産 新型 セレナ ハイウェイスター G S-HYBRID アドバンスドセーフティ パッケージ[FF]日産 新型 セレナ ハイウェイスター G S-HYBRID アドバンスドセーフティ パッケージ[FF]

快適装備では、「ハイウェイスター Sハイブリッド」「ハイウェイスター G Sハイブリッド」や「20G Sハイブリッド」のフロントドアに、スーパーUVカット断熱グリーンガラスを採用。20S以外のグレードでは、1列目に加えて2列目の背面にも折り畳み式のパーソナルテーブルを装着し、3列目の乗員も使いやすくした。また、冬場の凍結などを確認するのに便利な外気温度計なども加えている。

このように、今回の日産 セレナのマイナーチェンジで最も注目される変更点は安全装備の充実だが、外観の見栄えも良くなり、快適装備も充実させたことで、さらに選ぶ価値を高めた。

[次ページへ続く]

日産 新型 セレナ ハイウェイスター G S-HYBRID アドバンスドセーフティ パッケージ[FF]日産 新型 セレナ ハイウェイスター G S-HYBRID アドバンスドセーフティ パッケージ[FF]日産 新型 セレナ ハイウェイスター G S-HYBRID アドバンスドセーフティ パッケージ[FF]日産 新型 セレナ ハイウェイスター G S-HYBRID アドバンスドセーフティ パッケージ[FF]日産 新型 セレナ ハイウェイスター G S-HYBRID アドバンスドセーフティ パッケージ[FF]

日産 セレナ 関連ページ

スズキ ランディ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 セレナ の関連記事

日産 セレナの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 セレナ の関連記事をもっと見る

日産 セレナ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/23~2017/7/23