autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 日産 リーフ プロトタイプ 試乗レポート/岡本幸一郎 3ページ目

試乗レポート 2010/6/18 14:56

日産 リーフ プロトタイプ 試乗レポート/岡本幸一郎(3/4)

関連: 日産 Text: 岡本 幸一郎 Photo: オートックワン編集部
日産 リーフ プロトタイプ 試乗レポート/岡本幸一郎

試作車とは思えない完成度の高さ

日産 リーフ

リーフはノーズダイブも抑えられていて、急減速でも比較的フラットな姿勢を保ったまま強い制動Gを維持させることができる。

これについては、EVのメリットを活かしたパッケージングの巧みさも効いている。重いバッテリーをフロア下に配置しているので、走りに大きく影響する重量物がクルマの中心に近く、低い位置に搭載されているからだ。

Cセグメントの一般的なガソリンエンジン車は、フロントのオーバーハングにエンジンやミッションを横置きするため、かなりフロントヘビーになる。ところが、見た目は似たようなフォルムでも、中身の構造がまったく違う。

リーフは前後重量配分が50:50に近い理想的な状態になっているのだ。その好影響はハンドリングにも表れている。重心点がクルマの真ん中に近く、低い位置にあるためヨー慣性モーメントが小さく、とても軽快に向きを変える。

日産 リーフ

着座位置が高めということもあり、多少のロール感こそあるが、クルマの動きはまるでミッドシップスポーツカーのようだ。

また、車体剛性も極めて高い。キャビン下に、フレーム構造とした強固なバッテリーパックを搭載し、それを車体と剛結させたことで、同クラス車に比べて約4割もボディ剛性が高くされているため、走りに一体感が生まれている。

おかげで車両重量はそれなりに重いはずだが、そのハンデを感じさせず、走りがとても軽快に感じられる。

このように、「走る」「曲がる」「止まる」のすべてがとても洗練されていた。限られた状況だったので、これですべてとは思わないが、少なくとも、ここまで完成度の高いEVに乗ったのは初めてだ。まるで僕らが乗るから特別に仕上げたのではと勘ぐりたくなるほど。

もちろんそんなことはないはずだが、その走りは前回の試作車とは隔世の感のあるものだった。

日産 リーフ日産 リーフ日産 リーフ日産 リーフ日産 リーフ
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 の関連記事

日産の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 の関連記事をもっと見る

日産 の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/27~2017/7/27