autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 日産 電気自動車 e-NV200 新型車解説/渡辺陽一郎

新型車解説 2014/6/9 13:19

日産 電気自動車 e-NV200 新型車解説/渡辺陽一郎(1/2)

日産 電気自動車 e-NV200 新型車解説/渡辺陽一郎

配送など短距離での利用にぴったりな商用EVが誕生!

日産 新型「e-NV200 ワゴン G」

EV(電気自動車)は、走る時に限れば排気ガスや二酸化炭素を排出しない。発電を効率良く行えば、地球環境に優しいクルマとされている。

欠点としては、1回の充電で走れる距離が短いことが挙げられるが、これも使い方次第だろう。2台のクルマを持つユーザーが、短距離移動用のセカンドカーとしてEVを使えば、不都合は生じない。

また、環境性能を優先させたクルマの使い方をするなら、長距離の移動には公共の交通機関を使った方が効率が高い。

EVの世界観に照らし合わせると、個人的なクルマの利用は買い物などの日常的な移動に限られる。そうなるとEVは、街中を走りまわる短距離の配達業務などにピッタリだ。配達を終えたら会社に戻り、次の荷物を積んでいる間に充電を行う。そういった使い方をすれば、EVのメリットも発揮させやすい。

日産 新型「e-NV200」 バッテリー

そこで注目されるのが、2014年6月9日に発表された「日産 e-NV200」だ。

商用車のNV200バネットをベースに開発された電気自動車で、リーフのシステムを移植している。モーターや駆動用のリチウムイオン電池の性能も、基本的にはリーフと同じだ。

モーターの最高出力は109kW(109馬力)で、リチウムイオン電池の総電力量は24kWh。電池のモジュール内部のレイアウトやサイズは若干異なるが、性能は等しい。

グレード構成は、ベースとなる「NV200 バネット」に準じる。4ナンバーで登録される商用車の「バン」のほかに、5ナンバー車になるワゴンも設けた。バンには「VX」と上級の「GX」が設定され、それぞれに2人乗りと5人乗り、さらに2人乗りのルートバンがある。

一方、ワゴンは上級の「G」のみだが、2列シートの5人乗りと3列シートの7人乗りを設けた。選択肢は多い。

走行に伴う電力消費量は車両重量によっても異なるから、同e-NV200解説では一般ユーザーにとって馴染みやすい3列シートを備えたワゴン「G・7人乗り」について次ページでリーフとの違いなどを解説したい。

日産 新型「e-NV200 バン GX 」日産 e-NV200 発表会会場にて日産 e-NV200 発表会会場にて日産 e-NV200 発表会会場にて日産 新型「e-NV200 ワゴンG(7人乗)」

日産 NV200バネット 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 NV200バネット の関連記事

日産 NV200バネットの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 NV200バネット の関連記事をもっと見る

日産 NV200バネット の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/22~2017/11/22