autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 どっちが買い!?徹底比較 【6月25日更新】日産 デイズ/三菱 新型eKワゴン vs スズキ ワゴンR どっちが買い!?徹底比較 3ページ目

どっちが買い!?徹底比較 2013/6/25 15:46

【6月25日更新】日産 デイズ/三菱 新型eKワゴン vs スズキ ワゴンR どっちが買い!?徹底比較(3/4)

【6月25日更新】日産 デイズ/三菱 新型eKワゴン vs スズキ ワゴンR どっちが買い!?徹底比較

【日産 デイズ/三菱 eKワゴン vs スズキ ワゴンR ~インテリア対決~】

(※以下は、6月25日に追記した内容となります)

前回、6月11日に掲載した「日産 デイズ/三菱 eKワゴンVSスズキ ワゴンRどっちが買い!?」では、価格の割安感を中心に比較した。

今回は、内装の質感や操作性、居住性、シートアレンジ、走行性能などについて比べてみよう。

日産 デイズ三菱 eKカスタムスズキ ワゴンRスズキ ワゴンR

まずはインパネ周辺の質感についてだが、デイズX(122万100円)& eKワゴンG(124万円)と、ワゴンR・FXリミテッド(124万9,500円)を比べた場合、上質に感じるのはデイズ&eKワゴンだ。

デイズXとeKワゴンGにはタッチパネル式のオートエアコンが装着され、見栄えの向上が図られた。

しかし、操作性はワゴンRに軍配が挙がる。タッチパネルは手探りでの操作が難しく、特にエアコンともなるとワゴンRの一般的なスイッチの方が扱いやすい

日産 デイズ日産 デイズスズキ ワゴンRスズキ ワゴンR

フロントシートの居住性はデイズ&eKワゴン。ワゴンRに比べて座面やバックレストにボリュームを持たせ、座り心地を快適に仕上げた。

リアシートの座り心地は、好みによって評価が変わる。床と座面の間隔が適正なのはワゴンR。デイズ&eKワゴンは少し腰が落ち込む印象だ。半面、デイズ&eKワゴンは座面の長さに余裕があるので、ゆったりとリラックスできる。

足元の空間はワゴンRが広いが、デイズ&eKワゴンにも十分なゆとりがあり、居住性の評価にはほとんど差が付かない。座面のボリューム感はどちらも同程度。もう少し柔軟性があると良いだろう。

日産 デイズスズキ ワゴンR

シートアレンジは、どちらもリアシートのバックレストを倒すと座面も連動して下降。フラットで広い荷室に変更できる。リアシートのスライド機能も装着されている。

その上で相違点をいえば、ワゴンRはリアシートのスライド機能が左右独立式になる。これは便利だ。例えばリアの左側にチャイルドシートを装着した時、前寄りにスライドさせると、信号待ちの時などに親が子供のケアをしやすい。後部の荷室も拡大できる。この状態で右側を後端までスライドさせれば、子供と並んで大人の着座も可能だ。

「大人3名+子供1名」が乗車する時、リアシートの左右独立スライド機能は、融通を利かせて便利に使える。デイズ&eKワゴンのリアシートは、ムーヴなどと同じく左右一体型だから、ワゴンRのような使い方はできない。その代わりデイズ&eKワゴンのリアシートは、荷室からもスライド操作が行える。

このあたりは一長一短なので、ニーズに合ったタイプを選ぶと良いだろう。

日産 デイズ 関連ページ

スズキ ワゴンR 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 デイズ の関連記事

日産 デイズの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 デイズ の関連記事をもっと見る

日産 デイズ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20