autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース マツダ、SKYACTIV-G初のターボエンジンを新型「CX-9」に搭載

自動車ニュース 2015/11/19 10:51

マツダ、SKYACTIV-G初のターボエンジンを新型「CX-9」に搭載

関連: マツダ

圧倒的な中低速トルクと優れた実用燃費を両立する、SKYACTIV-Gシリーズの最上位エンジン

マツダ 新型CX-9
マツダ 新型CX-9マツダ 新型CX-9

マツダは、新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-G」シリーズの最上位エンジンとなる2.5L直噴ガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G 2.5T」を新開発し、2016年春より北米から販売を開始する新型3列ミッドサイズクロスオーバーSUV「マツダ CX-9」に搭載すると発表した。

SKYACTIVエンジンではシリーズを通じ、カタログ上の数値だけでなく、実際の使用シーンで優れた動力性能と燃費性能を両立することを追求し、またその両立を搭載車両の車格に応じた最適な排気量と最もシンプルな構造で提供することを開発コンセプトとしている。

「SKYACTIV-G 2.5T」は、このコンセプトに基づき、「SKYACTIV-G」シリーズ初のターボエンジンとして開発された。

従来型のターボエンジンには、「ターボラグに代表される低速領域での動力性能の悪化」と「実用燃費の悪化」という二つの問題点があったが、「SKYACTIV-G 2.5T」は、運転条件に応じて排気の脈動状態を変化させる世界初の機構を持った「ダイナミック・プレッシャー・ターボ」と、理論空燃比領域を拡大する「クールドEGR」の活用などによって、これらの問題を克服した。

「SKYACTIV-G 2.5T」は、アテンザなどに搭載されている自然吸気エンジン「SKYACTIV-G 2.5」をベースに改良を加えることで、卓越したカタログ燃費・実用燃費とともに、新型「CX-9」の使用シーンの9割以上を占める中低速領域でのリニアで力強い加速感、ターボラグのない良好な応答性を実現。

4リッターV8自然吸気ガソリンエンジン並みの最大トルク310ft-lbを発揮する。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ の関連記事

マツダの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ の関連記事をもっと見る

マツダ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/22~2017/9/22