autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース メルセデス・ベンツ Sクラスに日本初の”クリーンディーゼルハイブリッド”を設定

自動車ニュース 2015/8/27 12:31

メルセデス・ベンツ Sクラスに日本初の”クリーンディーゼルハイブリッド”を設定

日本初のクリーンディーゼルハイブリッドモデル

メルセデス・ベンツ Sクラス
メルセデス・ベンツ Sクラス

メルセデス・ベンツ日本は、「Sクラス」のラインアップに「S 300 h」を追加し、8月27日より発売する。価格(消費税込)は、「S 300 h」が998万円、「S 300 h エクスクルーシブ」が1,270万円、「S 300 h ロング」が1,340万円となる。

「S 300 h」は、日本で初めてクリーンディーゼルエンジンに高効率の電気モーターを組み合わせたハイブリッドシステムを採用した。

S 300 hのパワー トレインには、最高出力204PS/150kW、最大トルク500Nmの2.2リッター直列4気筒BlueTECエンジンに、最高出力27PS/20kW、最大トルク250Nmを発生する高効率の電気モーターを組み合わせることで、最新のV8エンジンと同等の圧倒的なトルクを実現した。

S 300 hは、発進時に電気モーターを使用するため、アクセルを踏んだ瞬間からモーターの最大トルク250Nmの気持ち良い加速が体感できる。この段階ではディーゼルエンジンは停止しているので、Sクラスならではの高い静粛性が保たれている。

追い越し時など、パワーが必要な場合には、低回転で最大トルクを発生するディーゼルエンジンと電気モーターの相乗効果により、圧倒的な加速を体感することができる。

メルセデス・ベンツ Sクラス

中・高速巡航時には、アクセルペダルから足を離すと、トランスミッションのクラッチを切り、エンジンをドライブトレインから切り離すことで走行抵抗を低減させるセーリング機能が作動、燃費向上に寄与する。

これらにより、S 300 hはディーゼルエンジンと電気モーターによる力強い走りと、Sクラスならではの高い静粛性を実現した。

燃費経済性については、S 300 hとS 300 h エクスクルーシブはセグメントトップの20.7km/L(JC08モード)、S 300 h ロングは19.5km/L(JC08モード)を達成し、全てのモデルでエコカー減税の優遇(重量税、取得税免税)対象となる。

メルセデス・ベンツは、2006年8月に日本初のクリーンディーゼルモデル「E 320 CDI」を 導入し、日本で販売される乗用車として初めて新長期規制(2007年施行)にも適合した。

さらにポスト新長期規制(2010年施行)にも輸入車で初めて適合した「E 350 BlueTEC」を導入。その後、2010年にMクラス、2013年にGクラス、2015年1月にはGLと、SUVにクリーンディーゼルモデル「BlueTEC」を積極的に展開してきた。さらに、2015年3月には、4気筒クリーンディーゼルモデルをEクラスとCLSに導入し、さらにラインアップを拡充している。

メルセデス・ベンツ Sクラス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ Sクラス の関連記事

メルセデス・ベンツ Sクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ Sクラス の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ Sクラス の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円495万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    441万円726万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    682万円1,014万円