autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース パナソニック、SSDポータブルナビ「ゴリラ・アイ」など新製品4機種を発売

自動車ニュース 2015/5/13 16:55

パナソニック、SSDポータブルナビ「ゴリラ・アイ」など新製品4機種を発売

CN-GP757VD

パナソニック株式会社 オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社は、SSDポータブルカーナビゲーション「ゴリラ・アイ」「ゴリラ」の新製品4機種を6月5日より発売する。

同社のポータブルカーナビゲーションは、発売以来、基本性能である自車位置測位精度の向上と使いやすさにこだわり、「ゴリラ」の愛称で親しまれている。本年、おかげさまで発売20周年を迎え、累計販売台数も450万台を突破した。

GPSを受信できないトンネル内、ビル街、高架下等で自車位置が測位できないというポータブルカーナビゲーションの課題に、同社では他社に先駆け、米国のGPSに加えて準天頂衛星「みちびき※1」、ロシアの「グロナス※2」衛星受信に対応したトリプル衛星受信とジャイロ搭載で対応した。

CN-GP757VD

さらに、GP757、GP755、GP750は衛星・ジャイロに加え、オプションのOBD2※3アダプターで車両から取得する速度情報を自車位置測位に活用し、測位衛星が長時間受信できないトンネル内でも高精度な自車位置測位を実現している。

また、手軽なポータブルカーナビは、中高年やドライブの初心者に広く支持されており、「ゴリラ」の豊富な地図情報や親切な案内による使いやすさが市場で評価されている。

同社はカーナビゲーションの基本である高い自車位置測位精度と使いやすさで、快適なドライブの実現を目指していく。

※1「みちびき」は、日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)が、GPSを補助/補強する目的で実証実験を進めている衛星測位システムです。

※2グロナス(Global Navigation Satellite System)は、ソ連邦・ロシア政府によって打ち上げられた衛星測位システム。24基の衛星で、全世界をカバー。

※3 「OBD2」はOn-board diagnostics2の略で、自動車に搭載されるコンピュータが行う自己故障診断のことです。オプションのOBD2アダプター (CA-CS10D)で速度等の車両情報を取得します。適用車種により取得できる情報が異なります。CN-GP550Dはオプション対象外です。

特長

CN-GP755VD

(1)トリプル衛星受信、ジャイロ等による正確な自車位置測位で、市街地でも迷わず安心ドライブ

・「GPS」、「みちびき※1」、「グロナス※2」の3衛星に対応したトリプル衛星受信で自車位置をより正確に測位。

・ジャイロやオプションのOBD2※3アダプター(CA-CS10D)で衛星の届かない市街地、地下駐車場、トンネルでも自車位置測位精度が向上。

(2)大容量16GBメモリーに充実の最新詳細地図を収録、より確実に目的地へ誘導

・3月7日開通の大井JCT~大橋JCT間を含む首都高速中央環状線全線をいち早く収録。

(3)好評の高精細「ドライブカメラ※4」搭載、思いがけないドライブの出会いを逃さず録画

CN-GP750D

■SSDポータブルカーナビゲーション ゴリラ・アイ

・CN-GP757VD 想定売価:75,000円(税込)※オープン価格

■SSDポータブルカーナビゲーション ゴリラ

・CN-GP755VD 想定売価:65,000円前後(税込)※オープン価格

・CN-GP750D 想定売価:55,000円前後(税込)※オープン価格

・CN-GP550D 想定売価:40,000円前後(税込)※オープン価格

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!