autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース フォルクスワーゲン、「ザ・ビートル カブリオレ」が、ロサンゼルスオートショーで世界デビュー

自動車ニュース 2012/11/29 17:15

フォルクスワーゲン、「ザ・ビートル カブリオレ」が、ロサンゼルスオートショーで世界デビュー

クラッシックなソフトトップデザインと最新のパワートレイン、安全性、実用性を融合

The Beetle Cabriolet

フォルクスワーゲンは、11月30日(金)から一般公開されるロサンゼルスモーターショーで、新型「ザ・ビートル カブリオレ」を発表、展示する。

フォルクスワーゲン ザ・ビートルのグレード・価格など詳細はこちら

「ザ・ビートル カブリオレ」のボディサイズは、全長4,278mm(ニュービートル カブリオレ比+152mm)×全幅1,808mm(+84mm)×全高1,473mm(-29㎜)で、初代「ビートル カブリオレ」に近いシルエットながら、よりスポーティに仕上がっている。

伝統的なソフトトップは、時速50km/h以下で開閉可能で、オープン時は9.5秒、クローズに11秒要する。また、付属のソフトトップカバーにより後席後方にコンパクトに収納でき、鉄板とクロスの境目はクロームのトリムで縁どられる。

インテリアは大人4人がゆったりと乗れるスペースを持ち、「ザ・ビートル」同様、特徴的な円形のメーターパネルをインスツルメントに配置。トランクはソフトトップの開閉に関係なく225Lの容積を確保。(ニュービートル カブリオレ比+24L)リアシートバックは分割可倒式で大きな荷物の搭載も可能。

横転時の安全性として、ロールオーバープロテクションシステムが標準装備。リアシートバックの背後に格納された2つのモジュールが瞬時に作動し、乗員保護に寄与する。他にも、前席のフロントおよび頭部保護機能付きサイドエアバッグを装備。

エンジンラインナップは、最高出力77kW/105PSを発生するガソリンエンジンの1.2 TSI(ブルーモーションテクノロジー仕様を含む)、1.4 TSI(118kW)、2.0 TSI(147kW)と、77kWを発生するディーゼルエンジンの1.6 TDI(ブルーモーションテクノロジー仕様を含む)と2.0 TDI(103kW)。米国市場には1.4 TSI、2.0 TDIのほかに、直列5気筒の2.5Lエンジンも導入され、トランスミッションは6速マニュアル、もしくは6速、7速のDSGが組み合わされる。

「ザ・ビートル カブリオレ」の発売は、米国で11月から発売され、欧州では来年2月から納車が始まる。

The Beetle CabrioletThe Beetle CabrioletThe Beetle CabrioletThe Beetle CabrioletThe Beetle Cabriolet

フォルクスワーゲン ザ・ビートル 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン ザ・ビートル の関連記事

フォルクスワーゲン ザ・ビートルの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ザ・ビートル の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン ザ・ビートル の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/25~2017/11/25

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円599.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円