autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース マツダ ロードスター 一部改良 ~ソフトトップ車とRHT車でキャラ分け明確に~

自動車ニュース 2012/7/5 13:01

マツダ ロードスター 一部改良 ~ソフトトップ車とRHT車でキャラ分け明確に~

ソフトトップ車は「タイトスポーツ」、RHT車は「プレミアムスポーツ」路線へ二極化

マツダ 新型 ロードスター「RS」(ソフトトップ)マツダ 新型 ロードスター「RS RHT」マツダ 新型 ロードスター タン(本革)シート

マツダは7月5日、2シーター オープンスポーツの老舗ブランド『マツダ ロードスター』の一部改良を実施した。

フロントマスクをよりアグレッシブなデザインに変更したほか、ソフトトップ車とパワーリトラクタブルハードトップ車のそれぞれの個性をより明確にする変更が加えられた。

具体的には、ソフトトップ車には「タイトスポーツ」をキーワードに、スポーティなブラック基調の内外装とした。いっぽうパワーリトラクタブルハードトップ車(RHT)は、「プレミアムスポーツ」をキーワードにシルバー色加飾を採用し、上質な路線にシフトした。このほか、インパネ周りなど室内の質感も併せて向上させている。また本革シート仕様には、シートのサイド部などに黒色を配したツートーンカラーの新色「タン」色を新採用した。

もっと「意のままに走る」歓びを

マツダ 新型 ロードスター「NR-A」マツダ 新型 ロードスター 17インチアルミホイール

トヨタ・スバルから新たに小型FRスポーツカーが登場する中、老舗スポーツカーブランドも「走り」の面で改善を図った。

MT車では、スロットル制御プログラムをより緻密に設定することで、加速コントロール性を向上。ブレーキブースター(制動倍力装置)の特性も変更し、減速コントロール性も向上させた。これらの変更により、より「意のままに走る」ことを可能としている。

また、マツダらしくグラム単位の軽量設計も追求。新デザインのフロントバンパーや新デザインの17インチアルミホイール、車両内部の配線にいたるまで軽量化を徹底した。

アクティブボンネットを新採用

マツダ 新型 ロードスター「VS RHT」マツダ 新型 ロードスター「RS RHT」(パワーリトラクタブルハードトップ)マツダ 新型 ロードスター「S RHT」インパネ・コックピット周り

安全面では、新開発のアクティブボンネットを全車に標準装備した。

衝撃をセンサーが検知するとボンネット後端が瞬時に持ち上がり、エンジンとボンネットの間の空間を広げ、事故の際の歩行者頭部への衝撃を緩和するというもの。歩行者保護を図りながらも、スポーツカーらしい低くて精悍なボンネット周りのデザインを保持した。もちろんこちらも軽量化に留意したのは言うまでもない。

マツダ 新型 ロードスターの価格は、「ソフトトップ」シリーズが、「S」(5速MT)233.0万円から「RS」(6速MT)260.0万円まで。「パワーリトラクタブルハードトップ(RHT)」シリーズが、「S RHT」(6速AT・アクティブマチック)268.0万円から「VS RHT」(6速AT)292.0万円まで(※価格は全て消費税込み)。新色「ドルフィングレーマイカ」を採用するなど、全7色のボディカラーを設定する。

マツダ ロードスター 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ ロードスター の関連記事

マツダ ロードスターの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ ロードスター の関連記事をもっと見る

マツダ ロードスター の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/19~2017/11/19