autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート トヨタ クラウンアスリート (ハイブリッド 2.5G)燃費レポート 2ページ目

燃費レポート 2013/7/16 19:13

トヨタ クラウンアスリート (ハイブリッド 2.5G)燃費レポート(2/4)

トヨタ クラウンアスリート (ハイブリッド 2.5G)燃費レポート

トヨタ クラウンアスリート (ハイブリッド 2.5G)燃費レポート【高速道路編】

トヨタ 新型クラウンアスリート(ハイブリッド 2.5G)トヨタ 新型クラウンアスリート(ハイブリッド 2.5G)

クラウンハイブリッドの走行フィールは、あの現行型プリウスとほとんど同じだ。

具体的に表現すると、発進はモーターのみでスムースに動き出し、20km/hくらいになるとエンジンも加わるがその音は僅かに聞こえるだけで、クルマが最適にエンジンとモーターを使い分けてくれる。追い越し加速などでアクセルを深く踏んだ際には、レスポンスよくパワーを引き出せるといったところ。

1.8リッターのプリウスに対して、クラウンハイブリッドの場合は2.5リッターエンジンを積んでいることもあり、太いエンジン音がするので「音の図太いプリウス」と言えば分かりやすいだろうか。

クラウンハイブリッド 充電中の表示

高速巡航中にメーター内のエネルギーフロー(エンジンとモーターの使い方の割り振り)を見ていると、(現行プリウス以降)排気量が大きめのエンジンを搭載する傾向があるトヨタのハイブリッドに共通する「エンジンに余剰トルクがあるため、バッテリーへの充電が早い」という特徴が確認できる。

エネルギーフローと言えば、バッテリー残量が多ければエンジンを止めてEV走行を積極的に行って燃費を稼いでいることも、エネルギーフローと緑色のEVの表示から分かることもお伝えしておきたい。

4気筒エンジン搭載による「ネガ」は見られず

トヨタ クラウンアスリートハイブリッドの高速道路での実燃費は「20.4km/L」

クラウンハイブリッドで気になるポイントの1つである「4気筒エンジンを積むネガはないのか?」ということに関しては、「まったくない」と断言できる。

元々走行用大出力モーターを持つトヨタのハイブリッドはエンジンに依存する部分が少ないのに加え、クラウン自体の静粛性も優秀なため、6気筒に比べれば高級感という意味では見劣りする4気筒でも悪さは目に付きにくい。

高速道路の合流や追い抜き加速で動力性能を試してみても、2.5リッターV6以上の瞬発力が感じられ、トヨタが主張する「3リッター級のパワー」ということが大いに納得できた。

 高速道路での燃費は「20.4km/L」と、このクラスのクルマとしては文句の付けようがない数値を記録した。

 トヨタクラウンアスリートハイブリッド 高速道路の実燃費/20.4km/L

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ クラウンアスリート の関連記事

トヨタ クラウンアスリートの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ クラウンアスリート の関連記事をもっと見る

トヨタ クラウンアスリート の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/13~2017/12/13