autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート メルセデス・ベンツ G350ブルーテック(クリーンディーゼル) 試乗レポート/九島辰也

試乗レポート 2013/11/8 20:09

メルセデス・ベンツ G350ブルーテック(クリーンディーゼル) 試乗レポート/九島辰也(1/2)

関連: メルセデス・ベンツ Gクラス Text: 九島 辰也 Photo: 茂呂幸正
メルセデス・ベンツ G350ブルーテック(クリーンディーゼル) 試乗レポート/九島辰也

2000年頃、生産中止を囁かれながらもアメリカで再ブーム到来

メルセデス・ベンツ G350ブルーテックメルセデス・ベンツ G350ブルーテック

以前から日本に入るといいなと思っていたモデルがとうとう発売を開始した。メルセデス・ベンツ『G350ブルーテック』である。

通称“ゲレンデヴァーゲン”と呼ばれるこのクルマは、これまで何度も生産中止の噂にさらされてきた。私の記憶では2000年を前後してそれをよく耳にした気がする。

その理由はメルセデス・ベンツ「Mクラス」が発表されたからだ。メルセデスはそれを機にNATO軍にも代替えを提案したそうだが、それは失敗。Gクラスの機能性を軍は高く評価していたため、民生用も同時につくり続けるはめになった。ちなみに、初代Mクラスがラダーフレームを採用していたのはそこに理由があると考えられる。モノコックではトーイング(牽引)などの面で軍の要望に応えられる性能を引き出せないからだ。

そこでヤケになったのか、メルセデス・ベンツはその頃になってようやくアメリカでGクラスを発売する。というか、なぜかそれまで発売していなかったのが逆に不思議だ。するとそれが大ブレイク。当時カー&ドライバー誌をはじめとする数々のアメリカの自動車雑誌が絶賛した。GMが「ハマーH2」を発売開始したことも関係して、彼の地では軍用車チックなモデルが人気を集めていたころの話である。

生産環境も整い、クリーンディーゼルモデルが日本導入

メルセデス・ベンツ G350ブルーテック

そんなGクラスだが、いまはしっかりと生産環境も整い進化を遂げている。主脳陣が今後もつくり続けることを決め、多額の資本をGクラスに投下したからだ。

で、生まれたのが、5.5リッターV8を積んだ「G550」であり、5.5リッターV8ツインターボの「G63 AMG」であり、6リッターV12ツインターボの「G65 AMG」である。基本骨格は変えないものの、バンパー類の意匠変更やインテリアのグレードアップ、さらには電子デバイスの追加装備を行った。

そして今回、真打ちとも言える3リッターV6クリーンディーゼルを積んだG350ブルーテックがそこに追加された。特徴は燃費に優れたそのエンジンと右ハンドル車の設定、そして値段。1000万円を切る989万円というプライスは、このクルマを新車で買おうと思っていた人には朗報に違いない。カイエンなどライバルとおぼしきモデルと比較しても、なかなかおもしろい値付けだ。

■動画レポートはコチラ:メルセデス・ベンツ G350 BlueTEC 試乗動画レポート ~九島辰也のワイルドだろ!~

メルセデス・ベンツ G350ブルーテックメルセデス・ベンツ G350ブルーテックメルセデス・ベンツ G350ブルーテックメルセデス・ベンツ G350ブルーテックメルセデス・ベンツ G350ブルーテック

メルセデス・ベンツ Gクラス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ Gクラス の関連記事

メルセデス・ベンツ Gクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ Gクラス の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ Gクラス の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    436万円721万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円534万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    675万円988万円