autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 どっちが買い!?徹底比較 【比較】マツダ CX-5クリーンディーゼル vs トヨタ ハリアーハイブリッド どっちが買い!?徹底比較/渡辺陽一郎 2ページ目

どっちが買い!?徹底比較 2015/2/26 19:02

【比較】マツダ CX-5クリーンディーゼル vs トヨタ ハリアーハイブリッド どっちが買い!?徹底比較/渡辺陽一郎(2/2)

【比較】マツダ CX-5クリーンディーゼル vs トヨタ ハリアーハイブリッド どっちが買い!?徹底比較/渡辺陽一郎

マツダ CX-5クリーンディーゼル vs トヨタ ハリアーハイブリッド/動力性能対決

マツダ CX-5 XD [クリーンディーゼル]トヨタ ハリアーハイブリッド

次は運転感覚について述べたい。まずは動力性能だが、CX-5のクリーンディーゼルターボは、実用回転域の駆動力が高い。

ノーマルタイプのガソリンエンジンに当てはめると、4リッター並の性能を発揮する。特に最大トルクの42.8kg-mを発揮する2,000回転前後の底力があり、2,000~4,000回転付近では加速のボリューム感が最も強まる。

それでもディーゼルとしては4,000回転を超えた領域での吹け上がりも良く、扱いやすいエンジンとなった。

ハリアーは2.5リッターのハイブリッドで、動力性能は3リッタークラスだ。

CX-5のクリーンディーゼルターボのような駆動力が沸き上がる感覚はないが、実用的には十分。発進時はモーター駆動のみで、エンジンが始動した時を含めてノイズは小さい。快適に走れることも特徴だ。

マツダ CX-5クリーンディーゼル vs トヨタ ハリアーハイブリッド/走行安定性対決

マツダ CX-5 XD [クリーンディーゼル]トヨタ ハリアーハイブリッド

走行安定性はCX-5が優れている。今日のマツダ車らしく、小さな舵角から車両の向きが正確に変わり、なおかつスポーティに走った時でも車両を内側へ向けやすい。そうなると走行安定性の確保、特に後輪の接地性が課題になるが、上手にバランスを取った。

正確にいえば、先ごろのマイナーチェンジで乗り心地を向上させたので、後輪の踏ん張り感はわずかに緩くなったが、それでも安心感は高い。SUVとして熟成されている。

一方、ハリアーはCX-5に比べてボディの傾き方が大きい。車両の動きが全体的にゆったりしていて、危険回避のような操作をすれば、後輪の接地感も削がれやすい。

このあたりは先に述べた全長とホイールベースの関係も影響している。ハリアーは全長が長く、ホイールベースは短いから、慣性の影響を受けやすい。ただしSUVとしての走行安定性は確保している。そしてゆったりした挙動の変化は、いい換えればセダンやワゴンとは違うSUVらしさで、乗り心地もソフトだから快適だ。

つまりCX-5は、スポーティセダン的な運転感覚。ハリアーはラグジュアリーセダン風といえるだろう。この運転感覚の違いは、先に述べた内外装にも当てはまり、車両全体の整合性が取れている。

マツダ CX-5クリーンディーゼル vs トヨタ ハリアーハイブリッド/燃費対決

マツダ CX-5 XD [クリーンディーゼル]トヨタ ハリアーハイブリッド

JC08モード燃費にも触れておきたい。CX-5・4WD・XD・Lパッケージは「18km/L」。ハリアーハイブリッドエレガンス(後輪をモーターで駆動する4WD)は「21.4km/L」だ。レギュラーガソリンの価格が1L当たり140円(最近は値下がりした)、軽油が120円、実用燃費がJC08モードの85%とすると、1km当たりの走行に要する燃料代はCX-5が7.8円、ハリアーが7.7円になる。

CX-5のクリーンディーゼルターボが使う軽油はガソリンよりも1L当たり20円ほど安いため、燃費数値に差が付いても燃料代はほぼ同額だ。

こうなると、動力性能が高い分だけクリーンディーゼルターボがトクという見方も成り立つ。

ハイブリッドには先に述べた静粛性の魅力もあって一概には決められないが、「動力性能と走行コストのバランス」に限定すれば、ディーゼルは合理性が高い。

マツダ CX-5クリーンディーゼル vs トヨタ ハリアーハイブリッド/価格対決

マツダ CX-5 XD [クリーンディーゼル]トヨタ ハリアーハイブリッド

価格は、CX-5・4WD・XD・Lパッケージが348万8400円。このグレードに見合う装備内容のハリアーは、試乗車のエレガンスではなくプレミアムになり、価格は403万2000円。

CX-5の上記グレードには衝突回避の支援機能が標準装着されるが、ハリアーではオプション。プリクラッシュセーフティシステム&レーダークルーズコントロールは10万8000円だから総額414万円になる。CX-5に比べて約65万円高い。

ハリアーは内外装を上質に仕上げた結果、価格が高まった面もあるが、同時にハイブリッドシステムも高めの設定だ。2000ccのノーマルエンジンを積んだ4WDに比べて約70万円高い。

一方、CX-5のクリーンディーゼルターボは、ガソリン仕様にドライブセレクション(走行モードの切り替えスイッチ)が付くことを含めても40万円の差額に収まる。

このように、クリーンディーゼルターボの価格がハイブリッドに比べて30万円安いこともあり、CX-5の割安感が強まった。

それにしても、お互いライバル同士ながら、この2車種の指向性はかなり違う。CX-5はスポーティなSUVで、エンジンはクリーンディーゼルターボ。

対するハリアーはラグジュアリー指向でハイブリッド。特に動力性能、操舵感などの運転感覚は大きく異なるので、実際に乗り比べてみたい。前述のように燃料代はほぼ同じだから、好みで判断して良いと思う。

マツダ CX-5 関連ページ

トヨタ ハリアーハイブリッド 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ CX-5 の関連記事

マツダ CX-5の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ CX-5 の関連記事をもっと見る

マツダ CX-5 の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24