autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート レクサス CT200h プロトタイプ 試乗レポート/森口将之

試乗レポート 2010/10/13 13:08

レクサス CT200h プロトタイプ 試乗レポート/森口将之(1/2)

関連: レクサス Text: 森口 将之 Photo: オートックワン編集部
レクサス CT200h プロトタイプ 試乗レポート/森口将之

発売前のレクサス コンパクトハッチHVのCT200hを試乗!

今年春のジュネーブ・ショーで初公開された最小のレクサスCT200hが、2011年初頭に発売される予定だ。それを前に、富士スピードウェイの外周路という限られたステージながら、プロトタイプに試乗することができた。

CT200hの成り立ちを簡単にいえば、シャシーはオーリス/ブレイド、パワートレインはプリウスをベースとし、オリジナルの5ドアボディを組み合わせたものだ。つまり前輪駆動のハイブリッド専用車となる。

4320×1765×1430㎜と、HS250hより380㎜短く、20㎜狭く、75㎜低いボディは、シャープかつクリーンで、むしろ後輪駆動のISシリーズに近い。低いルーフやシャープなフロントマスクのおかげで、見るからに走りそうな印象だ。サイドウインドーがISに近い造形であることも、その印象を盛り上げる。

このクラスのハッチバックとしてはルーフは長めで、スポーツワゴン的なプロポーションを持っているのだが、サイドまで回り込んだリアウインドーは、後半部の重さを感じさせない。巧妙なデザインである。

インテリアも外観同様シャープでクリーン。直線と平面を基調とした造形からは、和の匂いも感じる。運転席に腰を下ろして驚いたのは、着座位置の低さだ。ステアリングコラムも寝ていて、後輪駆動のスポーツセダンを思わせる。シートは着座感はやさしく、サポートはほどよくタイトと、絶妙な仕上がりだった。

リアシートは座面が平板、背もたれが直角に近く、足元はヒーターのダクトが気になるなど、くつろぎ度はいまひとつ。でもクッションの厚みはあるし、長いルーフのおかげでヘッドクリアランスに不満はない。身長170㎝の自分が座ると、ひざの前には約10cmの余裕が残った。

ハイブリッド用バッテリーを格納するために、ラゲッジスペースは浅めだが、床下には深さ15cmぐらいの収納スペースがある。それ以上に印象的だったのは、カチッとロックするフロア、アルミを用いたトノカバーの巻き取りケースなどの上質な作りだ。さすがプレミアムブランドである。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

レクサス の関連記事

レクサスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス の関連記事をもっと見る

レクサス の関連ニュース

レクサス 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/25~2017/9/25

  • レクサス
    RX

    新車価格

    495万円742.5万円

  • レクサス
    NX

    新車価格

    440万円596万円

  • レクサス
    CT

    新車価格

    377万円477万円