autoc-one.jp 記事・レポート お役立ち 自動車購入ノウハウ タイヤの交換時期の目安は?寿命は一体いつなのか

自動車購入ノウハウ 2017/7/25 12:48

タイヤの交換時期の目安は?寿命は一体いつなのか

Text:
タイヤの交換時期の目安は?寿命は一体いつなのか

車のタイヤの交換時期・寿命はいつなのか?

車のタイヤの寿命、適切なタイヤ交換のタイミングは、安全に走行することができなくなったときです。具体的にいうと、タイヤの溝が1.6mm以下になったとき、タイヤにひび割れ、亀裂が入ったときです。タイヤは溝がなくなれば滑ります(スリップする、とも言います)。ひび割れや亀裂が入ったタイヤで走行していると、バーストする(破裂する)危険性があります。

 

タイヤの交換時期の目安になるスリップサイン

タイヤの溝の目安となるひとつが、スリップサインです。タイヤの溝が1.6mm以下になると、タイヤ交換の時期を知らせてくれるスリップサインが出てきます。一箇所でもスリップサインが見えたら即、タイヤの交換が必要です。タイヤの溝が1.6mm以下で走行していると道路交通違反になるのでご注意ください。

 

古いタイヤはゴムの劣化が進んでいる

また、タイヤには消費期限があります。メーカーが推奨している消費期限は4~5年です。溝が十分にあり、ひび割れが無かったとしても、タイヤの使用状況によっては目に見えないゴムの劣化が進行している場合があります。毎日砂利道を走る、車には重い荷物を搭載しっぱなし、駐車場は屋外で直射日光が当たる場所に車を停めている、タイヤワックスを頻繁に使っているといった使用状況は、ゴムの劣化を進行させる要素です。

 

溝の浅いタイヤで走行すると道路交通法違反の可能性も

タイヤの溝は、走行距離約5000kmで1mm摩耗するといわれています。タイヤは1.6mm以上の溝が無いタイヤで走行していると道路交通法違反となるので、走らせるためには1.6mm以上が必要です。新品タイヤの溝は約8mmなので、単純計算で(8mm-1.6mm)×5000km=32000km走行をすると、タイヤの溝は1.6mmになります。使用状況によって変わるので一概にはいえませんが、年数が経ったタイヤ、走行距離を重ねているタイヤは定期的に点検を行い、タイヤの健康をチェックしましょう。

タイヤの交換時期を確かめるチェックポイント1:タイヤに刻印されている製造年を確認しよう

タイヤ製造年月は赤丸部分で確認できます

タイヤ交換の目安となる年数とは

「普通に走ることができるから大丈夫」、「タイヤの溝はあるし、スリップサインが出ていないから問題無し!」と、何年も同じタイヤで走り続けているドライバーは少なくありません。でも、タイヤにも消費期限があります。タイヤ交換の目安としている年数は4~5年です。スタッドレスタイヤの場合は、製造年数から3年で交換するのが良いといわれています。スタッドレスタイヤの交換サイクルが短いのは、使用しているゴムが普通タイヤよりも柔らかく劣化しやすいため、ノーマルタイヤより硬化が進むのが早いからです。製造メーカーによっては、製造から5年以上経ったタイヤは日常点検を継続すること、10年以上経ったタイヤは見た目に問題無くても交換することを推奨しています。その年数もあくまで目安で、タイヤの使用状況によって異なります。

 

タイヤの製造年の確認方法

2000年以降の製造番号は、タイヤのサイドウォールに4ケタの数字で表記されています。最初の2ケタが週で、次の2ケタが年です。例えば上の写真の赤丸部分のように「3108」と表示されていたら、2008年の31週目(2008年7~8月頃)に製造されたということです。タイヤの消費期限が4~5年と考えると、上記タイヤを履き続けるのは少し怖くなりますね。新品タイヤを購入する際も製造年はチェックするようにしてください。売れ残りで残っていたタイヤは、例え新品であっても製造後2年過ぎているタイヤかもしれません。そうなると、タイヤの消費期限は2年短くなります。

 

タイヤが劣化する原因

タイヤの溝が十分にあったとしても見た目からは判断がつかない部分で、タイヤのゴムは劣化しています。タイヤが劣化する原因はいろんな要因があります。タイヤは走らせる度に発熱し、変形を繰り返しているので、走行距離が伸びれば伸びるほど劣化は進みます。これに加えて適正なタイヤの空気圧ではなく、例えばタイヤの空気圧が低い状態で走っていると、タイヤが発熱し過ぎて編摩耗を起こすことがあります。そうなると、タイヤの劣化はますます早まります。タイヤの適正空気圧は車種によって違います。運転席のドア開口部に適正空気圧が記載されたステッカーが貼ってあるはずなので、そちらを確認してください。

また、車を走らせていなくても車を停める駐車場が屋外であれば、太陽光、紫外線や雨など過酷な状況にさらされ続けるのでタイヤの劣化が進行します。目に見えるひび割れなどが無い場合、タイヤのゴムの劣化は見た目から判断することができません。タイヤの健康は安全運転に欠かせない要素です。タイヤを購入する際、中古車を購入した際など、タイヤの製造年をチェックして、定期的にタイヤは交換しましょう。

タイヤの交換時期を確かめるチェックポイント2:タイヤの溝&スリップサイン

スリップサインは赤丸部分で確認できます

タイヤの溝が4mmになったら、タイヤの交換をするようタイヤメーカーは推奨していますが、法律上は1.6mm未満のタイヤの溝で走行すると、道路運送車両法での違反です。

 

スリップサインはタイヤの寿命を示すサイン

タイヤにはスリップサインといって、タイヤの寿命を知らせる印があります。新品時、タイヤの溝は8mm程度あります。タイヤの側面、サイドウォールに三角のマーク(▲)がついていますが、これはそこにスリップサインがあるという印です。一箇所でもスリップサインが見えたタイヤを装着して走行すれば違反になります。スリップサインは見えたらすぐにタイヤの交換が必要です。法律違反というだけでなく、スリップサインが出たタイヤで走行し続けるのはとても危険です。

 

タイヤの溝は、タイヤの性能に大きな影響を与えている

タイヤの溝は、タイヤと路面との間の水を排出する役目をしています。タイヤの溝が無いといことは、水の排出ができないということなので、雨の日はタイヤが道路から浮き上がる現象が起きてしまいます。これはハイドロプレーニング現象と呼ばれるもので、大変危険です。タイヤの溝は走るたびに毎日少しずつ減っていきます。また舗装されていない路面を走ったり、タイヤに負担がかかるような運転を繰り返したりすると、さらにタイヤの溝の減り方は早くなります。

メーカーが公表している「タイヤの溝」と「制動距離」の検証結果を見ると、タイヤの溝が4mm以下になるとタイヤのグリップ性能が落ちるようです。スリップサインが出てからタイヤを交換するのではなく、例えば雨の日の運転で、少し滑りやすくなった、少し制動距離が伸びた気がする……などを感じたら、それはタイヤを交換するタイミングです。スタッドレスタイヤの場合は、プラットフォームと呼ばれる▲の印がついています。溝が半分になると性能がダウンするので交換が必要です。スタッドレスタイヤは普通のタイヤよりも柔らかいので、乾いた道を走行する際は、より丁寧な運転を心がけてタイヤの寿命を縮めないように心がけましょう。

タイヤの交換時期を確かめるチェックポイント3:タイヤの見た目と走行距離を目安にタイヤ交換

新品タイヤの溝の深さは8mmほどあります

走行距離はタイヤ交換の目安の1つ

タイヤ交換する一つの目安として走行距離があります。車種や走る道の状況によっても変動するので、感覚的な印象ですが、タイヤが1mm摩耗するには、走行距離5000kmかかるといわれています。新品タイヤの溝は約8mmなので、スリップサインが出る1.6mmまで到達するには、単純計算で、6.4mm×5000km=32000kmの走行距離が必要になります。

走行していなくても、紫外線にさらされる状況でタイヤを使えば、より早くタイヤのゴムは劣化していくので、交換時期は早まります。逆に3万kmを超えても使い方次第ではまだ十分にタイヤの溝がある場合もありますので、一概に走行距離だけでは交換のタイミングを決められませんが、交換するかしないかで迷ったときの目安にしてもらえたらと思います。

 

ひび割れや傷のあるタイヤは要注意

安全に車を運転するためには、車を走らせる前のタイヤチェックは行いたいものです。タイヤに傷はついていないか、ひび割れはしていないか、タイヤの健康を保つことはイコールそのまま、セーフティドライブにもつながるとても大切な要素です。ひび割れや傷を発見したらタイヤは交換しましょう。

タイヤの偏摩耗を防ぐためのタイヤローテーション

適切なタイミングでタイヤローテーションを行いましょう

タイヤは車の重量や運転の仕方、路面状況によって、タイヤにかかる負荷が変動します。そのため、タイヤの片側だけ極端に摩耗したり、センターだけ摩耗が激しかったりなど、偏ったタイヤの減り方をすることがあります。このタイヤの編摩耗を防ぐために適宜、タイヤのローテーション(前後のタイヤの入れ替え)を行うとなおベストです。

ローテーションの目安としては、新品タイヤから走行距離5000kmで行います。4本のタイヤが全て同じケースで、FF車の場合は、前輪タイヤが特に減っている場合が多いので、前輪タイヤは後輪タイヤと組み替え、後輪右タイヤは前輪左に、後輪左タイヤは前輪右のタイヤへとローテーションします。

4つのタイヤが全て同じサイズでFR車&4WD車の場合は、後輪タイヤを前輪と交換し、前輪右タイヤは後輪左へ、前輪左タイヤは、後輪左へローテーションします。適正な空気圧になっていないことも編摩耗の原因になり、タイヤの寿命を短くします。日々タイヤの点検、健康管理をすることはタイヤの寿命を長くするコツです。

安心して車を走らせるのにもっとも重要なアイテムがタイヤです

パンクした、タイヤに釘がささっていたなど、分かりやすいタイヤの交換理由があれば誰もが痛感するのですが、タイヤは車にとって非常に重要なアイテムです。車の重量を支え、車の駆動力、制動力を路面に伝えるのがタイヤです。タイヤが無ければ走らせることはできませんし、安全を考えるうえでもタイヤの健康は欠かせません。まだスリップサインが出ていないし、溝は十分にあるから大丈夫と過信せずに、乗る前にはひび割れはしていないか、傷はついていないかチェックするくせをつけると安心です。

また、定期的にタイヤの空気圧も適正値で入っているかどうか確認をすることは、タイヤのライフを守るだけでなく、車に乗る人の安全も守ることにつながります。タイヤの健康を守ることは車を運転するドライバーの責任です。安心してドライブが楽しめるようにタイヤの健康管理は積極的に行っていきましょう。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!