タイヤの交換時期の目安は? 寿命はいつ? 確かめる方法TOP3

  • 筆者: MOTA(モータ)編集部
画像ギャラリーはこちら
車を所有している人なら誰しも経験するのがタイヤ交換。お店に作業をお任せする人もいれば、自分で交換してしまう人もいますよね。

「スリップサイン(タイヤ溝の深さを示すマーク)が出るまで履き続けても平気」と思う方もいるかもしれませんが決してそうではありません。

タイヤは消耗品なので、交換時期の目安や、寿命のサインもあります。当記事ではタイヤ交換時期を確かめる方法や、寿命の見分け方を紹介します。

目次[開く][閉じる]
  1. 車のタイヤの交換時期・寿命はいつなのか?
  2. タイヤの交換時期を確かめる方法 その1:タイヤに刻印されている製造年を確認しよう
  3. タイヤの交換時期を確かめる方法 その2:タイヤの溝&スリップサイン
  4. タイヤの交換時期を確かめる方法 その3:タイヤの見た目と走行距離を目安にタイヤ交換
  5. タイヤの偏摩耗を防ぐためのタイヤローテーション
  6. まとめ|安心して車を走らせるのにもっとも重要なアイテムがタイヤです

車のタイヤの交換時期・寿命はいつなのか?

車のタイヤの寿命、適切なタイヤ交換のタイミングは、安全に走行することができなくなったときです。具体的にいうと、タイヤの溝が1.6mm以下になったとき、タイヤにひび割れ、亀裂が入ったときです。

タイヤは溝がなくなれば滑りやすく、ひび割れや亀裂が入ったタイヤで走行していると、バーストする(破裂する)危険性があります。

タイヤの交換時期の目安になるスリップサイン

タイヤの溝の目安となるひとつが、スリップサインです。

タイヤの溝が1.6mm以下になると、タイヤ交換の時期を知らせてくれるスリップサインが出てきます。

一箇所でもスリップサインが見えたら即、タイヤの交換が必要です。タイヤの溝が1.6mm以下のタイヤは車検がNGナノはもちろん、道路交通違反にもなるのでご注意ください。

古いタイヤはゴムの劣化が進んでいる

また、タイヤには消費期限があります。メーカーが推奨している消費期限は4~5年です。

タイヤの溝が十分にあり、ひび割れが無かったとしても、使用状況によっては目に見えないゴムの劣化が進行している場合があります。

毎日砂利道を走る、車には重い荷物を搭載しっぱなし、駐車場は屋外で直射日光が当たる場所に車を停めている、タイヤワックスを頻繁に使っているといった使用状況は、ゴムの劣化を進行させる要素です。

溝の浅いタイヤで走行すると道路交通法違反の可能性も

タイヤの溝は、走行距離約5000kmで1mm摩耗するといわれています。

タイヤは1.6mm以上の溝が無いタイヤで走行していると道路交通法違反となるので、走らせるためには1.6mm以上が必要です。

新品タイヤの溝は約8mmなので、単純計算で(8mm-1.6mm)×5000km=32000km走行をすると、タイヤの溝は1.6mmになります。

使用状況によって変わるので一概にはいえませんが、年数が経ったタイヤ、走行距離を重ねているタイヤは定期的に点検を行い、タイヤの健康をチェックしましょう。

タイヤの溝を簡単にチェックするのに便利なおすすめグッズ

■エーモン タイヤ磨耗計 E190

エーモン タイヤ磨耗計 E190は、300円前後という大変お手軽な値段でタイヤの溝の深さを調べることが出来るアイテムです。

使い方は簡単で、磨耗計をタイヤ中央の溝に当て、目盛り部分を溝の奥にスライドさせるだけ。残った溝がおおよそ何mmか分かるほか、「安全・注意・危険」の分かりやすい色分け表示付きなので、交換時期の目安になります。

最大30mmまで測定でき、またコンパクトなので車に常備しておけるのも便利。これを使ってざっくりとタイヤの溝を定期チェックし、気になったら専門店などで見てもらうといいでしょう。

■新潟精機 SK デジタルミニデプスゲージ 25mm DMD-25G

新潟精機 SK デジタルミニデプスゲージ DMD-25Gは、モノの深さを測れる「デプスゲージ」で、0.1mm単位で、最大25mmまで測定することが出来ます。

デジタル表示なので、目をこらして細かい目盛りを読む必要はなく、簡単に溝の深さが分かります。1mm単位ではなく0.1mm単位で測れるのもタイヤの溝に最適。

値段もそれほど高価でなく、2,000円以下なのでタイヤの消耗が気になる方にはおすすめです。またタイヤ以外にも、さまざまなDIYや車のカスタムにも重宝します。

タイヤの交換時期を確かめる方法 その1:タイヤに刻印されている製造年を確認しよう

「普通に走ることができるから大丈夫」、「タイヤの溝はあるし、スリップサインが出ていないから問題無し!」と、何年も同じタイヤで走り続けているドライバーは少なくありません。

タイヤ交換の目安となる年数とは

タイヤにも消費期限があります。タイヤ交換の目安としている年数は4~5年です。

スタッドレスタイヤの場合は、製造年数から3年が交換の目安といわれています。スタッドレスタイヤの交換サイクルが短いのは、使用しているゴムが普通タイヤよりも柔らかく劣化しやすいため、ノーマルタイヤより硬化が進むのが早いからです。

製造メーカーによっては、製造から5年以上経ったタイヤは日常点検を継続すること、10年以上経ったタイヤは見た目に問題無くても交換することを推奨しています。その年数もあくまで目安で、タイヤの使用状況によって異なります。

タイヤの製造年の確認方法

2000年以降の製造番号は、タイヤのサイドウォールに4ケタの数字で表記されています。

最初の2ケタが週で、次の2ケタが年です。例えば上の写真の赤丸部分のように「3108」と表示されていたら、2008年の31週目(2008年7~8月頃)に製造されたということです。

タイヤの消費期限が4~5年と考えると、上記タイヤを履き続けるのは少し怖くなりますね。新品タイヤを購入する際も製造年はチェックするようにしてください。

売れ残りで残っていたタイヤは、例え新品であっても製造後2年過ぎているタイヤかもしれません。そうなると、タイヤの消費期限は2年短くなります。

タイヤが劣化する原因

タイヤの溝が十分にあったとしても、見た目からは判断がつかない部分でタイヤのゴムは劣化しています。

タイヤが劣化する原因には、さまざまな要因があります。タイヤは走らせる度に発熱し、変形を繰り返しているので、走行距離が伸びれば伸びるほど劣化は進みます。

これに加えて適正なタイヤの空気圧ではなく、例えばタイヤの空気圧が低い状態で走っていると、タイヤが発熱し過ぎて偏摩耗を起こすことがあります。

そうなると、タイヤの劣化はますます早まります。タイヤの適正空気圧は車種によって違います。

運転席のドア開口部に適正空気圧が記載されたステッカーが貼ってあるはずなので、そちらを確認してください。

車種によっては別の場所に貼られている場合もありますので、車両の取扱説明書(取説)を確認してください。取説の中にも空気圧の記載があります。

タイヤの空気圧を簡単にチェックできるおすすめアイテム

タイヤの空気圧を適正に保つためには、ひと月に1度は空気圧をチェックしたいところです。

しかし、大切だとは分かっていても、なかなかその機会がなく年に数回しか出来ていないという人もいるのではないでしょうか。

そこで、自分でも簡単にタイヤの空気圧が測れるおすすめのアイテム3つをご紹介します。空気圧チェックを習慣にするとタイヤの異変にも気づきやすくなり、タイヤトラブルの予防や劣化防止にも役立ちます。

■エーモン エアゲージ 8822 収納袋付

エーモン エアゲージ 8822は、自分で手軽にタイヤの空気圧が測れる空気圧計で、最大測定値は500kPa(キロパスカル)、10kPa単位で測れます。使い方はタイヤのエアバルブキャップを外し、本品の口金をしっかり押し当てるだけ。口金部分は360度回転するのでメーター部分を握ったまま作業しやすく、エア漏れ防止機構もついています。

リセットボタンを押すまで測定値が維持されるほか、エア圧が高すぎる場合には減圧も可能。便利な収納袋付きで2,000円以下と、気軽に使えるエントリーモデルです。

エーモン エアゲージ 8822 収納袋付
メーカー名エーモン
商品名エアゲージ 8822 収納袋付
最大測定値500kPa
商品重量140g
Amazon販売価格(2021年4月1日時点)1,618
楽天販売価格(2021年4月1日時点)2,805

■BAL (大橋産業) ホース付デジタルタイヤゲージ

大橋産業 BAL ホース付デジタルタイヤゲージは、柔軟に曲がる30cmのホースが付いた空気圧計です。

棒状の測定器に比べ、メーター部分と口金部分をそれぞれ片手で持って測定ができるので楽に作業ができます。

またバックライト付きのデジタル表示なので暗いところでも見やすく、夜間のドライブ前の測定にも便利。口金は360度回転で、エア減圧機能もついています。700kPaまで測定でき、頻繁に空気圧チェックをする方には作業効率も良くおすすめのアイテムです。

BAL (大橋産業) ホース付デジタルタイヤゲージ
メーカー名BAL (大橋産業)
商品名ホース付デジタルタイヤゲージ
最大測定値700kPa
商品重量200g
Amazon販売価格(2021年4月1日時点)2,029
楽天販売価格(2021年4月1日時点)2,300

■Joyhouse タイヤ空気圧モニタリングシステム

Joyhouse タイヤ空気圧モニタリングシステムは、4つのタイヤにそれぞれセンサーを設置し、車内にいながらモニターでタイヤの空気圧と温度をリアルタイムでチェックできる空気圧モニターです。

センサーはワイヤレスで、タイヤへの設置もとっても簡単。エンジン始動の振動をセンサーが感知して、自動的に電源がONになり、モニターにはタイヤの状態の数値のほか、低圧や高圧などの警報アラームも表示されます。

センサーは防水仕様でそのまま洗車することができ、モニターはソーラー充電が可能です。お値段数千円で長くタイヤトラブル予防に役立ちますよ。

Joyhouse タイヤ空気圧モニタリングシステム
メーカー名Joyhouse
商品名タイヤ空気圧モニタリングシステム
測定範囲1.8-3.2 bar
Amazon販売価格(2021年4月1日時点)3,780
楽天販売価格(2021年4月1日時点)4,180

また車を走らせていなくても車を停める駐車場が屋外であれば、太陽光、紫外線や雨など過酷な状況にさらされ続けるのでタイヤの劣化が進行します。

目に見えるひび割れなどが無い場合、タイヤのゴムの劣化は見た目から判断することができません。タイヤの健康は安全運転に欠かせない要素です。

タイヤを購入する際、中古車を購入した際など、タイヤの製造年をチェックして、定期的にタイヤは交換しましょう。

タイヤの交換時期を確かめる方法 その2:タイヤの溝&スリップサイン

タイヤの溝が4mmになったら、タイヤの交換をするようタイヤメーカーは推奨していますが、法律上は1.6mm未満のタイヤの溝で走行すると、道路運送車両法での違反です。

スリップサインはタイヤの寿命を示すサイン

タイヤにはスリップサインといって、タイヤの寿命を知らせる印があります。

新品時、タイヤの溝は8mm程度あります。タイヤの側面、サイドウォールに三角のマーク(▲)がついていますが、これはそこにスリップサインがあるという印です。

一箇所でもスリップサインが見えたタイヤを装着して走行すれば違反になります。スリップサインは見えたらすぐにタイヤの交換が必要です。

法律違反というだけでなく、スリップサインが出たタイヤで走行し続けるのはとても危険です。

タイヤの溝は、タイヤの性能に大きな影響を与えている

タイヤの溝は、タイヤと路面との間の水を排出する役目があります。

タイヤの溝が無いということは、水の排出ができないということなので、雨の日はタイヤが道路から浮き上がる現象が起きてしまいます。

これはハイドロプレーニングと呼ばれる現象で大変危険。タイヤの溝は走るたびに毎日少しずつ減っていきます。

また舗装されていない路面を走ったり、タイヤに負担がかかるような運転を繰り返したりすると、さらにタイヤの溝の減り方は早くなります。

メーカーが公表している「タイヤの溝」と「制動距離」の検証結果を見ると、タイヤの溝が4mm以下になるとタイヤのグリップ性能が落ちるようです。

スリップサインが出てからタイヤを交換するのではなく、例えば雨の日の運転で、少し滑りやすくなった、少し制動距離が伸びた気がする……などと感じたら、それはタイヤを交換するタイミングです。

スタッドレスタイヤの場合は、溝が半分になったことを示すプラットフォームと呼ばれる▲の印がついています。スタッドレスタイヤはこのプラットフォームが露出すると、冬用タイヤとして使用できないため交換が必要です。

スタッドレスタイヤは普通のタイヤよりも柔らかいので、乾いた道を走行する際は、より丁寧な運転を心がけてタイヤの寿命を縮めないように心がけましょう。

タイヤの交換時期を確かめる方法 その3:タイヤの見た目と走行距離を目安にタイヤ交換

走行距離はタイヤ交換の目安の1つ

タイヤ交換する一つの目安として走行距離があります。車種や走る道の状況によっても変動するので、感覚的な印象ですが、タイヤが1mm摩耗するには、走行距離5000kmかかるといわれています。

新品タイヤの溝は約8mmなので、スリップサインが出る1.6mmまで到達するには、単純計算で、6.4mm×5000km=32000kmの走行距離が必要になります。

走行していなくても、紫外線にさらされる状況でタイヤを使えば、より早くタイヤのゴムは劣化していくので、交換時期は早まります。

逆に3万kmを超えても使い方次第ではまだ十分にタイヤの溝がある場合もありますので、一概に走行距離だけでは交換のタイミングを決められませんが、交換するかしないかで迷ったときの目安にしてもらえたらと思います。

ひび割れや傷のあるタイヤは要注意

安全に車を運転するためには、車を走らせる前のタイヤチェックは行いたいものです。

タイヤに傷はついていないか、ひび割れはしていないか、タイヤの健康を保つことはイコールそのまま、セーフティドライブにもつながるとても大切な要素です。ひび割れや傷を発見したらタイヤは交換しましょう。

タイヤの偏摩耗を防ぐためのタイヤローテーション

タイヤは車の重量や運転の仕方、路面状況によって、タイヤにかかる負荷が変動します。

そのため、タイヤの片側だけ極端に摩耗したり、センターだけ摩耗が激しかったりなど、偏ったタイヤの減り方をすることがあります。

このタイヤの偏摩耗を防ぐために適宜、タイヤのローテーション(前後のタイヤの入れ替え)を行うとなおベストです。

ローテーションの目安としては、新品タイヤから走行距離5000kmで行います。

4本のタイヤが全て同じケースで、FF車の場合は、前輪タイヤが特に減っている場合が多いので、前輪タイヤは後輪タイヤと組み替え、後輪右タイヤは前輪左に、後輪左タイヤは前輪右のタイヤへとローテーションします。

4つのタイヤが全て同じサイズでFR車&4WD車の場合は、後輪タイヤを前輪と交換し、前輪右タイヤは後輪左へ、前輪左タイヤは、後輪左へローテーションします。

ただし中には、タイヤの回転方向を指定しているもの(方向性タイヤ)もあります。タイヤの側面に回転方向に向けた矢印マークが記されているので判別できます。その場合は、車両の取扱説明書でタイヤローテーションのページを確認してください。

適正な空気圧になっていないことも偏摩耗の原因になり、タイヤの寿命を短くします。日々タイヤの点検、健康管理をすることはタイヤの寿命を長くするコツです。

タイヤ交換で揃えておきたいおすすめアイテム

タイヤの劣化防止や長持ちのためには定期的なタイヤローテーションが有効ですが、カー用品店やガソリンスタンドなどでは工賃がかかります。

しかし、タイヤ交換を自分で行うことが出来れば節約にもなりますし、また工具一式を揃えれば、夏冬のタイヤの履き替えも出来て便利。そこで、タイヤ交換にあると便利なおすすめアイテム3つをご紹介しましょう。

■メルテック 2t油圧フロアージャッキ FA-24

メルテック 2t油圧フロアージャッキ FA-24は、車載のパンタグラフジャッキに比べ、少ない力で車を持ち上げられる油圧のジャッキです。

本品は車高が低めのローダウン車に最適で、最大耐荷重は2t、地上高最低位は85mmとなっています。軽自動車~普通乗用車に使用でき、サイドジャッキアップならミニバンにも対応しています。

偏摩耗を防ぐタイヤローテーションや、夏タイヤと冬タイヤの履き替えを自分でやる場合には持っておきたい一品。1年間のメーカー保証が付いているのも嬉しいポイントです。

メルテック 2t油圧フロアージャッキ FA-24
メーカー名メルテック
商品名2t油圧フロアージャッキ FA-24
最大耐荷重2000kg
最低/最高地上高約85mm/約335mm
Amazon販売価格(2021年4月1日時点)5,679
楽天販売価格(2021年4月1日時点)5,702

■BAL (大橋産業) ジャッキスタンド キーパーマン 3t

BAL (大橋産業) ジャッキスタンド キーパーマン 924は、車をジャッキアップした時に支えるスタンドで、2脚セットで最大耐荷重は3tです。

普通~大型車用で、サドルの高さは295mm~最大490mmと上げ幅が高いのが特徴。また高さは6段階で調節でき、最適な位置での作業が可能です。

1脚の重さは2.8kgとずっしりしていて頑丈。値段は6,000円前後とやや高めですが、別売りのアダプターを装着すれば高さは最大528mmにもなります。長時間の作業をする方にもおすすめです。

BAL (大橋産業) ジャッキスタンド キーパーマン 3t
メーカー名BAL (大橋産業)
商品名ジャッキスタンド キーパーマン 3t
最大耐荷重3000kg
高さ295~490mm
Amazon販売価格(2021年4月1日時点)6,109
楽天販売価格(2021年4月1日時点)6,110

■メルテック トルクレンチ F-92

メルテック トルクレンチ F-92は、28N・m (2.9kg) ~210N・m (21.4kg)の範囲でトルク設定ができるトルクレンチです。

タイヤ交換で大事なことは、ホイールナットを規定トルクで均一に締めていくこと。トルクレンチの目盛りを規定トルクに合わせてホイールナットを締め、カチっと音がしたら規定値に達したサインです。初心者の方は、音がしてからの締め過ぎに注意しましょう。

商品は19mmと21mmのソケットとエクステンションバーのほか、ケースも付属しています。トルクレンチは精密機器でもあるため、使用後は最低トルク値に合わせて保管しましょう。

メルテック トルクレンチ F-92
メーカー名メルテック
商品名トルクレンチ F-92
トルク調整範囲28N・m (2.9kg) ~210N・m (21.4kg)
本体サイズ 470×35×47mm
Amazon販売価格(2021年4月1日時点)3,864
楽天販売価格(2021年4月1日時点)3,980

まとめ|安心して車を走らせるのにもっとも重要なアイテムがタイヤです

パンクしたタイヤに釘がささっていたなど、分かりやすいタイヤの交換理由があれば誰もが痛感するのですが、タイヤは車にとって非常に重要なアイテムです。

タイヤはハガキ約1枚分の面積で車の重量を支え、車の駆動力、制動力を路面に伝えています。タイヤが無ければ走らせることはできませんし、安全を考えるうえでもタイヤの健康は欠かせません。

まだスリップサインが出ていないし、溝は十分にあるから大丈夫と過信せずに、乗る前にはひび割れはしていないか、傷はついていないかチェックするくせをつけると安心です。

また、定期的にタイヤの空気圧も適正値で入っているかどうか確認をすることは、タイヤのライフを守るだけでなく、車に乗る人の安全も守ることにつながります。

タイヤの健康を守ることは車を運転するドライバーの責任です。安心してドライブが楽しめるようにタイヤの健康管理は積極的に行っていきましょう。

[筆者:MOTA(モータ)編集部]

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者MOTA(モータ)編集部
監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 食べるお宿 浜の湯
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる