autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム ホンダF1不甲斐なさに、内外メディアが激しいプレッシャーをかけ始めた

自動車評論家コラム 2015/9/7 18:25

ホンダF1不甲斐なさに、内外メディアが激しいプレッシャーをかけ始めた

関連: ホンダ Text: 国沢 光宏 Photo: 本田技研工業
ホンダF1不甲斐なさに、内外メディアが激しいプレッシャーをかけ始めた

体制変更は八郷社長の判断に

ジェンソン・バトン

あまりに不甲斐ないホンダF1に対し、内外メディアが激しいプレッシャーをかけ始めた。

オリンピックのエンブレムや国立競技場問題と同じく、すでに皆さん原因が分かっている。ホンダF1の場合、責任者も明確。八郷社長の判断だけだ。いつ体制の変更を行うだろうか?

鈴鹿ではパワーユニットの問題をハッキリ見せることになる

ジェンソン・バトンフェルナンド・アロンソ

八郷社長は、新井F1プロジェクトリーダーからのレポートを信用しているという。先週末にモンツァで行われたイタリアGPも厳しい内容である旨、レポートされていたことだろう。「報告と結果の乖離がなければ良いと考えてる」(八郷社長)。ということで、イタリアGPは問題になっていないだろう。

次戦のシンガポールGPについていえば、モナコGPや今年最も良い結果を残したハンガリーGPと同じく全開率の低いコースのため、世界チャンピオン経験を持つ2人のドライバーはパワーユニットの故障さえなければ、頑張ってくれるかもしれない。シャシもダウンフォースを付ければ問題なし。シンガポールGPに続く鈴鹿の日本GPも現体制のままだろう。

その鈴鹿サーキット、御存知の通りテクニカルコースながらエンジン全開率が高い。パワーが無いと全く勝てないばかりか、後続車にアオられる無様な場面が続出となる。

パワーユニットの問題をハッキリ見せることになるだろう。加えて地元のGPだ。厳しい内容で終われば(終わる可能性100%だと考える)、さすがの八郷社長も抜本的な決断をしなければなるまい。

追い込まれた時のホンダは強い!

ジェンソン・バトンフェルナンド・アロンソ

思い出して頂きたい。ホンダがF1チャレンジ第3期もホンダ内部の体制の悪さがずっと指摘されていたものの、監督の変更などしたのは撤退する1年前。その年に開発されたシャシは素晴らしく良い仕上がりで、ホンダを居抜きで引き継いだブラウンGPは見事シリーズチャンピオンを奪取した。

現在の惨状もホンダの技術力の低さから来るのでは無く、体制に問題があると考えます。

仮に鈴鹿の日本GP終了後に大ナタを振るったとしたら、いつ成果に繋がるか?現在のF1レギュレーションでは、エンジンを作り直すことが出来ないばかりか、改良範囲も極めて限られている。

来シーズン用のエンジンは、今期あまりに酷いため、改良範囲の拡大を認められる可能性が出てきたけれど、やはり小変更しか許されないと考えていいだろう。

劇的な改善は基本的に難しい。今年より遥かに厳しい条件になる、ということ。それでも優秀なエンジニアなら高いハードルを突破できることだろう。追い込まれた時のホンダは強い。

最悪のケースは鈴鹿後も体制の変更をしないというもの。そうなると今年と同じようなシーズンになってしまうと考える。

[Text:国沢光宏]

筆者: 国沢 光宏
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ の関連記事

ホンダの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ の関連記事をもっと見る

ホンダ の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/22~2017/9/22

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円