autoc-one.jp 記事・レポート 特集 ドライブ 竹岡圭のドライブvol.9 晩秋の西伊豆へ! 3ページ目

ドライブ 2004/11/2 21:17

竹岡圭のドライブvol.9 晩秋の西伊豆へ!(3/6)

竹岡圭のドライブvol.9 晩秋の西伊豆へ!

2DINサイズにピッタリ収まり、スッキリレイアウトが可能

さて、続いて私の助っ人ナビちゃんですが、今回は、「CN-HDS930MD」をチョイスしてみました。いちばんの特徴は、2DINサイズにピッタリ収まっちゃうことなんですよ。画面別付けタイプじゃないから、エアコンの噴出し口やスイッチ類の妨げにならないし、インパネのデザインを損なうことなく実にスッキリレイアウトできちゃう。オデッセイのようにコンソールに庇があり、インダッシュモニターがつけられないクルマにもご覧のとおりスッキリと装着できました。しかも、30GBの大容量ディスクが入ってるから、機能的にも申し分ナシなんですよ。

もちろんタッチパネルだし、私のお気に入りの「AND」検索だってできちゃうし、目的地の設定なんかも超簡単! ハードディスクには、CDを聞きながら、ドンドン曲がインプットできちゃう。「ナビゲーションメディア用の30GBのハードディスクのうち、12GBは映像や音楽を保存できるエンタテイメントバンクになっていて、MP3形式の楽曲なら1曲5MBとして、2400曲ストック可能なんです」と、以前スタッフが話してくれた通り、今回も車中泊しないと全部聴けないよっ!っていうくらいた~くさんの曲を、スタッフがインストールしておいてくれたようです。伊豆って山が結構多いから、意外とラジオの電波とか入らなかったりしますから、ドライブミュージックは欠かせないんですよね。 また「ワンダーシアターDSP」といいう機能が搭載されてて、これは4スピーカーでも5.1chサラウンドを楽しめちゃうという優れもの。DVDを鑑賞するときに迫力のサラウンド効果が車内で楽しめちゃうんですよ。

そのエンタテイメントバンクでは、SDカードで静止画&動画を取り込むなんていうお約束の機能もバッチリなので、何か今回の旅でビックリ写真を撮影して、ダウンロードしておいて、スタッフを驚かせてあげよぅ!なんて、お出かけ前から悪だくみをしちゃった私なのでした。

というわけで、西伊豆に向けて出発です。まずは、目的地をセットですよね。最初の目的地は、黄金崎。以前他のロケでチラッと寄ったことがあるんですけど、水の色が自然のモノとは思えないほど美しいんですよね。久しぶりにその水の色が見たくなり、そこを目指すことにしました(意外とロマンティックなところもあるでしょう?)。

まずは都内から高速へ。インチアップすると、結構ロードノイズがうるさくなるクルマが多いので、みんなでワイワイお出かけするミニバンとしては、そこが気掛かりポイントのひとつだったりするんですけど、さすがは静粛性に優れたmap-i。そんな心配はまったくご無用。ノーマルサイズと遜色ないほど、とっても静かです。

さらに、高速のつなぎ目などを乗り越したときのショックも、格段に大きくなることなくビックリ!これなら3列目の人から、ものすごい苦情がくることもなさそう。さすがは、ミニバン用として安心してチョイスできるドレスアップタイヤということだけはあります。

そして、ナビちゃんにインストールされたエンタテイメントバンクからは、なんだか80年代の懐かしい歌声が…。ザ・ベストテン世代の私には、涙チョチョギレもんのオールリクエストタイムって感じです。どうやらスタッフは、私の好みをきちんと理解してくれているようです(さすがっ!)。

ふんふん~っと鼻歌まじりで走っていると(この時代の曲って2番とかまでソラで歌えちゃうから不思議なんですよねぇ…)、アチャ~っの東名高速渋滞の合図が。というわけで、渋滞を避けて、箱根越えルートを選択してみました。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ オデッセイ の関連記事

ホンダ オデッセイの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ オデッセイ の関連記事をもっと見る

ホンダ オデッセイ の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/11~2017/12/11

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円