autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート BMW Z4 試乗レポート/石川真禧照

試乗レポート 2012/1/28 00:00

BMW Z4 試乗レポート/石川真禧照(1/2)

関連: BMW Z4 Text: 石川 真禧照 Photo: オートックワン編集部
BMW Z4 試乗レポート/石川真禧照

新エンジン、新ミッションを搭載したZ4に試乗

BMW Z4BMW Z4

国産車ではトヨタ86や、スバルBRZといったスポーツカーが話題になっている。その動きに対抗するように輸入車もスポーツカーに動きが出てきた。

なかでもBMWはZ4という2シーターに最新技術を取り入れたモデルを追加してきた。その技術は新しいスポーツカー像をイメージさせるものだ。Z4は2002年に先代がデビューし人気モデルとなった。

2代目はドイツ本国で最も権威のあるレッド・ドット・デザイン大賞を受賞するなど、美しくバランスのとれたスタイルで、こちらもまた人気を集めた。

日本ではメルセデス・ベンツや、アウディTTといったライバルに比べると、認知度はやや低かった。が、昨年スーパーGTレースのGT300部門でチャンピオンになったことで、実力の高さは証明された。

そのZ4に新しいエンジンとミッションを搭載したモデルが加わった。Sドライブ2.0iだ。新世代エンジンとATを組み合わせ、ドライビングの楽しさと燃費低減が、ニューモデルのコンセプトだ。

クルージングエディション

BMW Z4BMW Z4

Z4のボディサイズは全長4250mm、全幅1790mm、全高1290mm、ホイールベース2495mmだ。このサイズはトヨタ86と比べてみると、長さは10mm、幅は15mmほどZ4の方が大きく、高さは10mm低い。

このサイズは日本でも扱いやすいサイズ。でもZ4は2人乗りで、ボンネットが長い。しかもハードルーフはコンソール前のスイッチ操作で、電動開閉する。開閉速度は約20秒。信号待ちなどで手軽に操作できるのが嬉しい。

ルーフは折りたたむようにしてトランクの上部に収納される。この状態でもトランクは使える。しかも決して狭くない。ゴルフバッグも入りそうな広さだ。

新しく加わった2.0リッターターボモデルにはクルージングエディションというグレードがある。こちらはちょっと豪華仕様で、室内への風の巻き込みを防ぐ、ウィンドディフレクターが標準装備される。

BMW Z4BMW Z4BMW Z4BMW Z4BMW Z4

BMW Z4 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW Z4 の関連記事

BMW Z4の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW Z4 の関連記事をもっと見る

BMW Z4 の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28