autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 BMW 新型2シリーズクーペ 新型車速報

新型車リリース速報 2014/2/26 21:14

BMW 新型2シリーズクーペ 新型車速報

関連: BMW
BMW 新型2シリーズクーペ 新型車速報

「02」の系譜を受け継ぐ、新型プレミアムコンパクトモデルの登場

BMWは26日(水)、同社の新たなプレミアムコンパクトモデルとして、1シリーズクーペ(2ドア FRクーペ)の後継モデルに当たる新型「2シリーズクーペ」を発表した。

BMW M235i クーペ ボディカラー:メルボルン・レッド
BMW M235i クーペ ボディカラー:メルボルン・レッド
BMW M235i クーペ ボディカラー:メルボルン・レッドBMW M235i クーペ ボディカラー:メルボルン・レッド

新型「2シリーズクーペ」は、3シリーズのクーペモデルが4シリーズ、5シリーズのクーペモデルが6シリーズ、7シリーズのクーペモデルがi8という、現在のBMWの各シリーズのネーミングルール「奇数:セダン、 偶数:クーペモデル」の通り『1シリーズのクーペモデル』という意味の「2」が与えられている。

さらに、1966年に発表されたBMWのコンパクトカーのルーツともいえる名車「2002シリーズ(通称:02)」の系譜を受け継ぐモデルといった意味も込められており、同社の期待の高かさが伺えるモデルだ。

BMW M235i クーペ ボディカラー:メルボルン・レッド
BMW M235i クーペ ボディカラー:メルボルン・レッド

今回、日本に導入されたラインナップは、最高出力184ps/5000rpm、最大トルク27.5kgm/1250-4500rpmを発生する2リットル直列4気筒BMWツインパワーターボエンジンに8速スポーツATを組み合わせたパワートレーンを搭載した「220iクーペ Sport」「220iクーペ M Sport」と、BMW M社によりチューニングされ、最高出力326ps/5800rpm、最大トルク45.9kgm/1300-4500rpm を発生する3リッター直列6気筒BMW Mパフォーマンス ツインパワーターボエンジンに6速MTもしくは8速スポーツATを組み合わせたパワートレーンを搭載する「M235i クーペ」の3グレード。いずれも駆動方式はFRで、約50:50の前後重量配分を実現している。

販売価格(消費税込)は、「220iクーペ Sport」が444万円、「220iクーペ M Sport」が468万円、「M235iクーペ」の6速MTが584万円、8速スポーツATが598万円。

BMW M235i クーペ ボディカラー:メルボルン・レッド

エクステリアは、他のクーペモデルと同様に、ショートオーバーハング、ロングホイールベース、ロングエンジンフード、後方に配置されたキャビンなどが特徴。フロントには丸型4灯ヘッドライトや大開口のエアインテークが備わり、リアは、ワイドデザインのL字型リアコンビライト、リアスカートの水平方向のプレスラインが、ボディのワイド感を強調している。

ボディサイズは全長4440mm(先代1シリーズ クーペ比+70mm)×全幅1775mm(+25mm)×全高1420mm(同+35mm)。ホイールベースは2690mm(+30mm)。ボディサイズの拡大により、インテリアも、前席の頭上空間が+6mm、足元空間は+21mm。トランク容量も+20リッターとなる390リッターを達成している。リアシートバックは6:4の2分割可倒式(オプションには4:2:4の3分割可倒式を設定)。

安全装備などでは、人間工学に基づいて最適な運転環境を実現する「iDriveナビゲーション・システム」、歩行者検知機能付き「衝突回避・被害軽減ブレーキ」、車載の通信モジュールを利用し、乗員の安全と車両の状態を見守る「BMW SOSコール」、「BMWテレサービス」など、利便性と安全性に優れた機能を標準装備。

BMW M235i クーペ ボディカラー:メルボルン・レッドBMW M235i クーペ ボディカラー:メルボルン・レッドBMW M235i クーペ ボディカラー:メルボルン・レッドBMW M235i クーペ ボディカラー:メルボルン・レッドBMW M235i クーペ ボディカラー:メルボルン・レッド
BMW M235i クーペ ボディカラー:メルボルン・レッドBMW M235i クーペ ボディカラー:メルボルン・レッドBMW M235i クーペ ボディカラー:メルボルン・レッドBMW M235i クーペ ボディカラー:メルボルン・レッドBMW M235i クーペ ボディカラー:メルボルン・レッド
BMW株式会社 アラン・ハリス代表取締役社長
BMW株式会社 アラン・ハリス代表取締役社長

会見で、アラン・ハリス BMW Japan代表取締役社長は、「世界で5番目の市場となる日本では、3シリーズに継ぎ、プレミアムコンパクトモデルの1シリーズが好調。2014年は日本国内だけでも10種類以上のモデルを発表する。その内、プレミアムコンパクトセグメントでは、2シリーズクーペ、2シリーズアクティブツアラー、新型MINI、i3の4つのコンパクトカーを導入し、ラインナップの強化を行い新しい層へ訴求していく」とコメントした。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW の関連記事

BMWの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW の関連記事をもっと見る

BMW の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22